ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

ひろの町民大学講座「中野弁ウォークラリー」(4)

おはようございます。
昨日、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」という番組に出ていた高橋マリ子嬢の着物姿が美しすぎました。
今年はお太鼓結びをちゃんとマスターするぞ~!と誓ったケイティです。

さて。
ひろの町民大学講座「中野弁ウォークラリー」(3) の続きです。
4日連続で中野弁ウォークラリーのレポを紹介してきましたが、なかなか好評のようで嬉しいですなぁ~♪


b石の蔵
ブログに載せると同時に、解読にチャレンジする人が続出の暗号(中野弁)。
チェックポイントにした場所は確か14箇所くらいだったのですが、場所ごとに全部違う暗号を考えました。

…というか、まずケイティが標準語で文章を考えて紙に書き出し、それを柳清水広作さんが中野弁に翻訳してくれる…という連携作業でした✨
普段から短歌や俳句に親しんでいる柳清水広作さんは、言葉を紬ぎだすセンスが素晴らしい❗

ほんとはね、中野弁て、しゃべる時の抑揚の独特さが面白い言葉だと思うので、文字だと伝わりづらい部分もあるんだけどね…。
でも、「中野弁に注目している」ということをまずは形にしたかったのです。



bDSC_8751.jpg
あ。
上の暗号の場所が、ここね。
どえらい立派な石の蔵ですよ。
ここの壁に暗号ゆっきっぱらせてもらったのですが、柳清水広作さんと一緒に家主さんにご挨拶に行ったりしました。
そういう、準備の1つ1つがとても楽しかったなぁ~。
中野の人が「それ面白そうだね」っていう反応を見せてくれたり、いろんな地域ネタを教えてくれたり…。



bDSC_8737.jpg
ちなみにこちら、ネイティブ中野弁スピーカーの柳清水広作さんがしゃべったのをケイティが聞き取って紙に書き起こした時のメモ。
1回ではちゃんと聞き取れなくて、何回も聞き直したなぁ~。
「えっぺぇぁ~でぇぁねぇぁども、でぇぁごだの、りんごぁどーうってるー」
このフレーズは、ケイティかなり何回も口に出したので、完璧に近い抑揚で言えると思う…今でも…(笑)。



b1481357862298.jpg
そんなこんなで、とっても寒い日だったけど皆さんに楽しんでもらえた中野弁ウォークラリー。
全部の暗号を公開したいところなのですが、もしかすると第2回開催とかで今回の暗号を再登場させたりするかもなので、残りは秘密にしておきます。



bPC100023a.jpg
無事に、1時間以内で参加者全員ゴールできました♪
舘越のバス停がチェックポイントなのに、どういうわけか狐森の踏切まで歩いていったグループもいて、ほんと面白かったです。

そして、中野南区から、あたたかいお茶やお菓子の差し入れもいただきました~!
めっつる…(涙)。



bPC100025a.jpg
ゴール後は、中野漁村センターで体をぬぐだめながら、柳清水広作さんによる「全暗号とチェックポイント解説」❗
ネイティブ中野弁スピーカーによる中野弁解説、盛り上がりました❗



bDSC_0018a_20170101103711e.jpg
お揃いの黄色いジャンパーを着た、わんぱく中野塾スタッフのお姉さん達。
参加者の皆さんが帰る時、自然と玄関に集まりお見送りしてくれたんです。
感動…(涙)。



b1481358451656.jpg
中野漁村センターエモーション!
改めて、町民大学講座としてこの企画をOKしてくれた、主催の洋野町教育委員会(生涯学習課)の担当職員さん達にも感謝です。


参加者の皆さんが書いてくれたアンケートに、
「またやりたい」
「もうちょっと回る箇所が多くてもいい」
「中野に初めて来た」
「中野に言葉が面白かった!」
…というような、嬉しいコメント頂きまして。

観光名所があってもなくても、何でも面白がる目線で見てみるといろんなことができる!
…と、ちょっぴり確信♪
中野でもまたやりたいし、他の場所でもこういう地域密着型ウォークラリーやってみたいなぁ。
種市商店街あたり、最適ではねえべか❤



コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

ひろの町民大学講座「中野弁ウォークラリー」(3)

おはようございます。
昨日、久しぶりにカレーを作りました。
今までは小さく切っていた人参をすりおろして入れてみたら、すごく好きな感じになったケイティです。


さて。
ひろの町民大学講座「中野弁ウォークラリー」(2)の続きです。


b1481358302249.jpg
スタートした中野弁ウォークラリー。
参加者の皆さんは、少ない手がかりの中でも着々とチェックポイントを探し当てていました。


そうそう。
暗号とはまた別に、「ガイドマップ」的な物を作って皆さんに配っていました。


b中野村の地図
じゃーん。
道の形に注目してもらえるよう、目印になる建物以外はほとんど書き入れてないスペシャル地図。
筆で書くと、昔っぽい味わいになっていいね~。
筆ペンではなくて、本物の筆です。
筆も半紙も、フレンドショップおーくぼで買いました♪



b桂の木
実際の暗号をズームアップ。
暗号自体は簡単だと思います。
地図上の赤いバッテン印の辺りで、桂の木を探せ!
…ということなんですね。

でも、多分、「桂の木」なんて普段あまり意識してないと思うし、ほぼ中野地区住民ではない町民大学受講生にとっては「え?どこ?どこにあるの?」…ってなるかなーと思って😄



bDSC_8754.jpg
こんな感じで、次の暗号をくくりつけました(笑)。



bなかの保育園
面白い解釈があったのが、こちら。
「あっつーおもいーもった」のところを、「いも」と読み取ったグループがありました。
それも狙ってたー!!
全部ひらがなで書くことで、区切りがわかりづらくなって読みづらくなるのがケイティの狙いでした!

暗号を見て、ああでもないこうでもないとグループ内でいろいろ考えるようにしたかったんですよ~。
答えがわかるかどうかよりも、地元の言葉についてみんなが考えるきっかけになる…という、プロセスを重視したったのです。



bDSC_8757a.jpg
ちなみに、上の暗号の答えはこちら。
なかの保育園…の汽車の下、でした。


(4)へ続く…。


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

ひろの町民大学講座「中野弁ウォークラリー」(2)

おはようございます。
たまにはスマホから離れて読書に耽ってみたりしたいな~と思ったりもしているケイティです。

さて。
ひろの町民大学講座「中野弁ウォークラリー」(1) の続きです。


b1481356867066.jpg
12月10日(土)。
中野地区にある、中野漁村センターに集合!


bDSC_0015a_20170101103140545.jpg
30名を超える町民大学受講生がかだってくれました。



bDSC_0014_20170101103139aa4.jpg
なんと、中野南区部落会の谷地会長さんも来てくれましたよ~。
真面目そうな雰囲気だったので、かための挨拶になるかと思いきや、ユーモアたっぷりでかなり笑いました。

このあと、中野地区コミュニティ協議会で作った「ネイティブ中野弁トークを収録したCD(シーデー)」の音声をみんなで聞き、中野ワールドの特別感を演出。



bDSC_0016_20170101103142336.jpg
そして、ケイティが中野弁ウォークラリーの楽しみ方をざっくりと説明し、参加者の皆さんに「暗号が書かれた巻き物」を配りました。
ここからウォークラリーが始まります!



bDSC_8759.jpg
ちなみに、巻き物はこんな感じ。
この巻き物を提供してくれたのが、他ならぬ「わんぱく中野塾」のスタッフさん達でした。
中の紙だけ張り替えれば、どんな風にも使える仕様になっていてスゴいんです✨

ちなみにこの暗号(…というか中野弁)、なんて書いてあるか、どの場所を指しているか、皆さん解読できたかな…?



bPC100019a.jpg
「暗号を頼りに、チェックポイントを3ヶ所回って帰ってくるべし」というミッションのもと、中野漁村センターを出発した参加者の皆さん。
3~4人ずつに分けて、全部で12グループ。
チェックポイントを回るコース設定は12グループでそれぞれ違うので、「前の人についていけばいい」ということにはならないのが面白いところ(笑)。


(3)へ続く…。


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

ひろの町民大学講座「中野弁ウォークラリー」(1)

おはようございます。
蘇我馬子の石舞台古墳のすごさに、今の今になって気がついたケイティです。
やっぱり歴史って、10代の時は全然理解してなかったわぁ~😱


さて。
去年の12月10日(土)に実施した、素敵なおもしろ企画のことを紹介したいと思います。


bDSC_8719.jpg
その企画とは!
「中野弁ウォークラリー」!!
88888888888888888…✨


ひろの町民大学の講座の1つとして、「嗚呼すばらしき洋野町 地元をもっと知ろう!ツアー」の企画に関わって2年。
宿戸編、有家編、と実施してきまして、それに続く「中野編」として考えたのが「中野弁ウォークラリー」でした。

中野弁ウォークラリーの準備をするにあたり、この方の協力がなければ成し得なかった…!
というくらいお世話になった方がいます。



bDSC_8718.jpg
どーん!!
中野地区の「歩く歴史書」的存在、柳清水広作さんです!
中野の言葉を調べたり、中野の人達との繋がり作りの面で、全て広作さんが力になってくれました。



bDSC_8611.jpg
その他にも、グループホーム満天の宇部さんや…、



bDSC_8613a.jpg
中野地区コミュニティ協議会の金浜会長さんや…、



bDSC_8715.jpg
中野小学校の放課後子ども教室「わんぱく中野塾」のスタッフさん達…、



bDSC_8730.jpg
ふれんどしょっぷおーくぼの皆さん、

本当にたくさんの人達に協力してもらいながら、「中野弁ウォークラリー」が形になりました。
準備の段階から、中野地区に住む人達の「中野愛」がひしひしと伝わってきてて、ケイティ何度もめっつる出そうになってたんです。



bPC100002.jpg
そうして迎えた、中野弁ウォークラリーの当日。
一体、どんな内容だったのでしょうか…?


続きは明日!
(えー!!)



コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

2016年も鮭とば作りやりました! ~後編~

おはようございます。
今日は前フリ長いです。

昨日、玉川のあねっ娘感謝祭にて、見慣れない女の子に「ケイティさんですよね?」って声かけられまして。
聞けば、町内の中学3年生。
「いつもブログやTwitter見てます」…とのこと。
そういやTwitterで何回かやりとりしたことがある、あの子か!
こないだの写真展にも来てくれたそうで、「国体の時もケイティが旗振りしてたの見てました」…と。

…まじか。
ゴメン、めっつる出る(涙)。
ケイティが中学生の頃を考えると、あまり面識のない大人に話しかけるなんてなかなかできなかったよ…。
昨日の中3の子は、「人違いだったらどうしよう」とか思いながらも、勇気出して声かけてくれたんだろうなぁ…。
ありがだい…。
すごく嬉しかったよ…。
もう、アンジェラ・アキの「拝啓 十五の君へ」の歌を贈りたいケイティです(号泣)



〽ぬ~す~んだバ~イクで~は~しり~だす~
(うん、それ尾崎センパイだから。15の夜だから。)



さて。
2016年も鮭とば作りやりました! ~前編~の続きです。


bDSC_0113_20161126182739396.jpg
今回、ひろの町民大学で2年連続となる鮭とば作り実施を後押ししてくれたのがこちらの方。
洋野町役場で町民大学の担当をしているT.B.R.I.さんです。
4月頃の打ち合わせで、「今年度もやりましょう!」と、男気溢れる一言でケイティの背中を押してくれました。
そんなT.B.R.I.さん、鮭をさばくのは初めてだったそうなのですが、難しいエラを取る作業も、難なくクリア。
家では家事や育児を奧さまと分担する「イクメン」でもあり、魚を扱うのにも慣れているようでした。
ステキですね~



bDSC_0122_20161126182741d19.jpg
向田地区の萬谷さんファミリー。
「洋野町内で出来るいろいろなことを、子どもにも体験させたい!」…と、家族総出でかだってくれました。
パパがうまく三枚におろせた瞬間は、ママと子どもから「おぉぉ~」と、歓声と拍手が!

家族の前でカッコいいところを見せたいお父さん!
鮭とば作りはうってつけですよ~!


ちなみに萬谷さんに感想を聞いたら、「親子で楽しめた。今年中にもう1回やりたい。今度は長女と次女にも体験させたい。」
…という、さっそくのオファー。
日程調整できれば、ぜひやりたいですね…❤



bDSC_0125.jpg
鮭とば作りが終わったら、ちょっと休憩。
鮭汁を飲んで温まってもらいました。

「種市エリアのこと、もっと知りたい!」と、大野のオリーブオイルソムリエ&野菜ソムリエの布施香さんも、久慈でのイベント終わりに駆けつけてくれて、すぐさま場の空気を読み、鮭汁よそってくれたのには感動、そして脱帽…(涙)。



bDSC_0128a_20161126183228177.jpg
鮭の旨味を味わう、シンプルな鮭汁。
食事処フレンドリーの店長で、漁師さんでもある上野山さんにお願いしたスペシャル鮭汁です。



bDSC_0133a.jpg
そして、メス鮭で鮭とばを作った人には、いくら作りも行いました~!



bDSC_0140_20161126183230ace.jpg
筋子の状態から、薄い膜を取り除く作業。
これは案外簡単です。



bDSC_0146a.jpg
そして、味付けの実演。
まもちゃん流の味付けを見てもらいました。

希望者にはこの場でまもちゃんが味付けしたり…。
自分の好きな味付けにするために、そのまま家に持って帰ってもよし♪



bDSC_0149_20161126183233c9b.jpg
無事終了し、お見送り。
今年も、怪我なく終えることができてよかった…

参加してくれた皆さん
インストラクターの宿戸の漁師の皆さん
鮭を獲ってくれた定置網漁の皆さん
全面サポートしてくれた種市南漁協の皆さん
本当にありがとうございました~!!



実は、鮭とば作り前日にFacebookで「明日鮭とば作りやります」って投稿したら、「今回用事があってかだれないけど、実はかだりたかった!」…っていう人が数人いたんです。
思ってた以上に潜在需要があって驚き!
そして嬉しかったです…


「洋野って楽しいな」…と思える企画、これからも提案し続けたいな…と思うケイティなのでした。



これまでの鮭とば関連記事はこちら
今年も鮭とば作りやります♪
伝吉子ども会の鮭とば作り(1) (2) (3) (4)
ひろの町民大学講座「嗚呼すばらしき洋野町 地元をもっと知ろう!ツアー 宿戸編」(5) (6) (7) (8)
2015年 宿戸中学校の鮭とば作り ~前編~ ~後編
鮭とばの作り方


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

2016年も鮭とば作りやりました! ~前編~

おはようございます。
来年の手帳をついに注文したケイティです。
もう、完璧にひとめぼれ
近場では売ってないようなので、ネットで購入。
届くの楽しみで~す♪

さて。
今年もやりました、鮭とば作り!
元々、宿戸中学校の生徒達の取り組みとして、宿戸の漁師さん達が鮭とば作りを教える…というのが何年も続いているのですが…。
おととし、「海と高原のまち・ひろの体験交流推進協議会」で、大人向けの体験ツアーを企画して鮭とば作りをやってみたら、結構評判良くて。
それで、去年と今年も続けて企画&実施しています。


bDSC_0081_20161126182414eb0.jpg
今回は、町民大学の講座として実施しつつ、町民大学受講生以外の参加もOK!…ということにしてみたのですが…。
鮭代が高いので参加費も自動的に高くなってしまったのですが、それでも16人もの人がかだってくれました(涙)。



bDSC_8680a.jpg
鮭とばインストラクターの吹切守さんの実演を、真剣に見る参加者の皆さま。



bDSC_0083_201611261824168ee.jpg
若干、視線がヘルメットに集まりがち。



bDSC_0089_20161126182418384.jpg
各テーブルに宿戸の漁師さん1人、サポートでついてくれました。
わからないことは丁寧に教えてくれて、安心。



bDSC_0092_2016112618241919d.jpg
参加者の中には、去年に続き2回目…というリピーターも♪



bDSC_0096_20161126182736804.jpg
こちらはなんと、久慈市からかだってくれた2人。



bDSC_0107.jpg
難しいポイントは、マンツーマンでしっかり見てくれます。


後編に続く…


これまでの鮭とば関連記事はこちら
今年も鮭とば作りやります♪
伝吉子ども会の鮭とば作り(1) (2) (3) (4)
ひろの町民大学講座「嗚呼すばらしき洋野町 地元をもっと知ろう!ツアー 宿戸編」(5) (6) (7) (8)
2015年 宿戸中学校の鮭とば作り ~前編~ ~後編
鮭とばの作り方


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

伝吉子ども会の鮭とば作り(4)

おはようございます。
昨日は、種市夏まつりには参加できなかったのですが、軽米夏まつりで今夏初のナニャドヤラ流し踊りをしてきたケイティです。
やっぱりナニャドヤラ楽しい!
…そして、オリンピックが始まっていた事を今日知ったケイティです。


さて。
伝吉子ども会の鮭とば作り(3)の続きです。


bIMG_0519.jpg
無事に鮭とばを作り終って、みんなで記念撮影!

鮭とば作りをしようと思ってくれた伝吉子ども会の皆さん
宿戸の漁師の皆さん
孵化場スタッフの皆さん
海と高原のまち・ひろの体験交流推進協議会

全員の力が合わさって、この日の鮭とば作りを無事に終えることができました。



bIMG_0521_2016080321105085c.jpg
やはり欠かせない。
お見送りエモーション。




bIMG_0524.jpg
ありがとー!
また来てねー!



bDSC_1845.jpg
その後、すぐに解散。
…とせず、この日の鮭とば作りについて感想や、次への課題などをみんなで共有するプチミーティングをしました。
皆さん本当にありがとうございます…(涙)



【おまけ】
bDSC08359.jpg
出来上がった鮭とばは各自で干すために持って帰ってもらったのですが、「鮭汁作ったよ~♪」という嬉しい写メを頂きました

鮭とば作りを通して、家族の共通体験。
イイかもしれないです


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

伝吉子ども会の鮭とば作り(3)

おはようございます。
今日はナニャドヤラを踊るのが楽しみなケイティです。


さて。
伝吉子ども会の鮭とば作り(2)の続きです。


bIMG_0495.jpg
小3girlも、迷いなく包丁を持ち、鮭とば作りに挑戦。



bIMG_0504.jpg
後ろからお母さんがしっかりサポート。
一緒に包丁を握り、ゆっくりゆっくりさばいて行きます。

危ないからやらせない判断もできたと思うけど、あえて挑戦させたお母さん、スゴい!



bIMG_0514.jpg
無事に出来ました!



bIMG_0515.jpg
よく頑張ったね!



bIMG_0516.jpg
切り方が美しい…。



bIMG_0518.jpg
まもちゃん特製、鮭ヘルメットの大試着大会。



bDSC_1844.jpg
うん、こうなるよね。


(4)へ続く…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

伝吉子ども会の鮭とば作り(2)

おはようございます。
昨日も流れ星を見たケイティです。
そして天の川も見た!\(^o^)/


さて。
伝吉子ども会の鮭とば作り(1)の続きです。


bIMG_0476a.jpg
まずは、最初の難関。
エラ取り。
伝吉子ども会の小3、小6の子ども達に、鮭とばインストラクターのまもちゃんが面白く、かつ丁寧に教えてくれます。



bIMG_0492.jpg
三枚おろし。



bIMG_0493.jpg
まもちゃんのさばき方の美しさに、子どもからも拍手~♪



bDSC08350_20160803210429875.jpg
ちょっとジュリー的な。

あっという間に、鮭とばが出来上がりました。
まもちゃんがやると、すごく簡単なように見えるのよね…。



bIMG_0494b.jpg
さぁ、今度は子ども達の番です!

…というか、親子で参加してくれているので、てっきり親御さんの方が包丁持ってさばくかと思いきや…。
子どもの「やってみたい」という気持ちを優先する、すてきな親御さん。



bIMG_0508a.jpg
宿戸の漁師さんが全力でサポート!


(3)へ続く…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

伝吉子ども会の鮭とば作り(1)

おはようございます。
有線でかかっていた曲がとても気になったので、スマートフォンの「Track ID」という機能を初めて使ってみたケイティです。
とても気になった曲がかかっている間はTrack IDで検索できなくて、その次の次の曲くらいで検索してみたら、
「前前前世」
と出てきて、何かの間違いか、文字化けなのか、ビックリしたわ~。

そして、気になった曲は、後から調べたらBank Bandの「こだま、ことだま。」という曲でした。


bIMG_0461a.jpg
そんなこんなで、昨年の12月末の出来事を今更ながら紹介したいと思います。



bIMG_0466.jpg
有家川さけ・ます共同ふ化場で、伝吉子ども会の皆さんが鮭とば作りに挑戦することになったのです!

しかーも!
嬉しいことに、去年の秋ごろブログで紹介さいた鮭とばの記事を見て「子ども会行事として、親子でできないかな」という直接のオファーがあっての、この鮭とば作り。
ブログを通して、誰かの気づきや行動につながるのが、本当に嬉しいです。

ケイティも事務局スタッフとしてかだらせてもらっている、「海と高原のまち・ひろの体験交流推進協議会」を窓口として、伝吉子ども会の鮭とば作りをコーディネートすることになりました。



bDSC08326a.jpg
ブログを見て興味を持ってくれたことへ、最大限の感謝の気持ちを表すべく…。
ケイティ、オープニングから頑張りましたよ。
まずは、鮭をさばく前に、「そもそも鮭って川で生まれてからどこをどう泳いで戻ってくるんだべ?」というところを、手描きの地図を用いでわかりやすく説明!
…のはずが、ちょっとわかりにくかったらしいことは秘密です。



bDSC08331.jpg
鮭と、鮭に関わる人達の姿を知ってもらうべく、ケイティ秘蔵の「鮭の定置網漁ムービー」もプチ上映。
もうとことん鮭です。



bIMG_0469.jpg
前座的ケイティのあとに、いよいよ孵化場スタッフの澤尻さんの登場です。
より詳しい鮭の話、孵化場のお仕事の話をしてもらいました。




bIMG_0472a.jpg
鮭への距離感が縮まったところで、鮭とば作りに入ります。
鮭とばインストラクターは、おなじみの「まもちゃん」こと宿戸の吹切守さんです。
インストラクターのサポートで、宿戸の漁師さんが3人も来てくれました。
そして、鮭とば作り自体を見学するために、小子内浜漁協の畑川組合長も…!

このメンバーが有家の孵化場に一同に集まったことがなんだか嬉しい


(2)へ続く…



コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります