ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

正しい半襟付けに挑戦!

おはようございます。
しばらぐぶりに沈丁花の花の香りを嗅いだケイティです。

さて。
洋野に来てナニャドヤラと出会い、浴衣・着物が好きになり、去年の1月から着付けを習いはじめたわけですが…。
最近では、あまり力を入れずに着られるようになってきた気がします。
(以前は着る時点で既に汗をかいていたw)
そんなケイティ、着物に合わせて「半襟」を付け替える、着物ならではのコーディネートを楽しんでおります。
かなり自己流で縫い付けていたのですが、あまりに雑なので、ここままじゃいけないと思い…。
正しい半襟の付け方を教わって来ました!
写真多めでお送りします~。


↓「半襟」とは、この白い部分であります。

bDSC_8301.jpg
輝く白さ。
これが基本。



bDSC_8304a.jpg
ストライプで、よりカジュアルに。



bDSC_8307a.jpg
トランプ柄、めんこいでしょう?
和と洋の融合。



bDSC_0019_20170417191345bed.jpg
ケイティ自信作。
グレーの生地の上にレース生地を重ねました。



bDSC_0020_20170417191351b08.jpg
着物を変えるとこんな感じ。
上の写真の半襟たちは、全て自己流で縫い付けたものなので、着物の下にはすごい荒い縫い目が隠されているのです…(涙)。



bDSC_3097a.jpg
正しい半襟の付け方を教えてくれるのは、八戸市にある着物屋さん「和服屋」。



bDSC_3101a.jpg
水色の色無地の着物が素敵なスタッフのお姉さんが教えてくれました。
やったー!マンツーマン!



bDSC_3099a.jpg
まずは、折り目にアイロンをかけて、待ち針を打つ。

えーっ!
ケイティ折り目にアイロンかけてなかった。
待ち針もこんなに細かい間隔でやってなかった



bDSC_3102a.jpg
初めての縫い方を教わる。
こんな風に針を動かすのは初めてだー!
慣れなくて、何度も針を指に指す始末。

NO PAIN, NO GAIN...(涙)。



bDSC_3103a.jpg
予定時間(1時間)内では、全体の4分の1しか縫えませんでした…!
自分の縫えなさに驚愕…!!

ショックを受けるケイティを癒してくれたのは、めんこい針山先輩たちでした。
大野木工と裂き織りで針山があったら買っちゃうなー。
(すぐ洋野の何かに結び付けてしまう癖w)



bDSC_3122a.jpg
ショックから立ち直り、家に帰ってから続きを縫いました。
これね、背中心のあたりなんだけど、縫い幅が5ミリ以下なんです!
ケイティに史上初の細かさ!


そんなこんなで、初めての正しい半襟付け、無事に完成しました。
これからの春夏秋シーズンは、練習を兼ねて何もない日に着物着て町を出歩いたりすることもあると思うので、どうか生あたたかい目で見守って頂けると嬉しいです



コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

種市・「メガネとトケイの青井」と、大野のコラボ作品 ~後編~

おはようございます。
いろんな面で台湾が気になるケイティです。

さて。
種市・「メガネとトケイの青井」と、大野のコラボ作品 ~中編」の続きです。
時計の針(?ムーブメント?)を探してくれていた青井のとーさんから「ちょうどいいのがありましたよ~」と連絡をもらい、すぐさま駆けつけました。


bDSC_3104a.jpg
ややっ。
「大売出し」ののぼりが、赤から黄色に変わってるぅー!!


bDSC_3105a.jpg
わー!
青井のとーさん、もうくっつけてくれたんだ!
ありがだい…!



bDSC_3106a.jpg
なんと!
この針の感じ、ケイティがイメージしてた通り!
ど真ん中!



bDSC_3116a.jpg
ウフフ…。
ちょっとクラシック風な針。
それにしても、ケイティが作った文字盤の雑さが目立つわねw



bDSC_3113a.jpg
これ、写真撮るのに青井のとーさんが貸してくれたのですが、100円ショップで売ってるお皿立て(?)らしい。
サイズがピッタリでびっくり。



bDSC_3119a.jpg
裏側の機械のところには、壁掛けにできる金具が。
これも、青井のとーさんが付けてくれたんだず(涙)。



bDSC_3109a.jpg
…な!なんということでしょう…!

ケイティが畳工房いたばしのバーキン(畳バッグ)を持ってるのを見て、青井のとーさんが奥から持ってきたのがコレ!
奥さまご愛用のバーキン(畳バッグ)!
意外に身近な所に愛用する仲間がいたのですね…。
嬉しいな…



bDSC_3121a.jpg
さっそくケイティの家のパソコン机の上あたりに掛けました。
この時計を見ると、時間を大切に使おう…って気持ちがわいてきます。

アイデア豊富な青井のとーさんなので、次は「コラボ時計第2号」を作ってみようかな~なんて思ってます。
お楽しみに~♪


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

種市・「メガネとトケイの青井」と、大野のコラボ作品 ~中編~

おはようございます。
動画編集ソフト「Premiere Pro」を買ったつもりが「Premier Elements」を買っていたことに気づき愕然としたのですが、2つの違いもよくわからない程の初心者なのでまあいいかと思い始めたケイティです。

さて。
種市・「メガネとトケイの青井」と大野のコラボ作品 ~前編~」の続きです。
青井のとーさんと、初対面にもかかわらずいろいろお話させて頂きまして。
結論から言うと、「大野木工の時計があったら面白いよね。」と、とーさんとケイティの意見が一致。
そこでケイティ、ちょっとでも形にするべく、おおのキャンパスの木工体験室にまたまたおじゃましてきました~。


bDSC_0321a.jpg
どーん。
大野木工の器に使われるアカマツの板を購入させてもらいました!
木目の美しさと、手で触った時のすべすべ感がイイわぁ~。
これを、電動糸のこで切り、文字盤にします。



bDSC_9907a.jpg
洋野の海岸で拾った貝殻や、おおのキャンパスの敷地内の桜の枝などを使って、文字盤の数字の部分にくっつけていきます。



bDSC_0323a.jpg
どーん!
できたー!
その名も、「大野木工の文字盤ではないけど、大野木工に使うアカマツで作った文字盤」!(…長いw)


…え?
ちびっこの工作みたいとか言ってる人いませんよね?



bDSC_2190a.jpg
さっそく、メガネとトケイの青井に持って行って、とーさんに見せると…。
優しいとーさんは、「なかなかいいものができましたねぇ~」とほめてくれました(涙)。



bDSC_9911a.jpg
今度は、針(?ムーブメント?)を手配することに。
時計のカタログを見て、針のデザインのイメージを膨らませました♪
とーさんが時計メーカーにあたってくれるということなので、ケイティは暫し待つことに…。


後編に続く 


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

種市・「メガネとトケイの青井」と大野のコラボ作品 ~前編~


おはようございます。
中野のミニストップの「カナディアンポテト」が結構好きなケイティです。
子どもの頃、お出かけの時にフードコートで食べたポテトと近いような味で、懐かしくも美味しい。

さて。
こないだ、浜久保製材所の木材とおおのキャンパスの木工体験室コラボでテーブルの天板を作りましたが…。
今回も、また新しい「種市×大野」コラボのものを作ってみました!
きっかけから詳細に、ストーリー仕立ての三部作でお送りいたします。


bDSC_0010a.jpg
ことのはじめは、種市商店街の「メガネとトケイの青井」でした。
洋野に来てから4年以上経ったケイティですが、まだこちらのお店には入ったことがなかったのです。
でも、いつも「大売出し」ののぼりが立っているので、ちらちら気にはなっていました。



bDSC_0009a_20170417182511062.jpg
2月頃の断捨離で出てきた、アニエスの腕時計(手前)。
だいぶ前に電池がなくなって止まったままだったっけ…。
この腕時計は、20代半ばに初めてちゃんとした(?)のを買った思い出のものなので捨てたくはないなぁ…。
そこで、「メガネとトケイの青井」に電池交換をお願いしよう!…と思いついたわけです。



bDSC_0014a_20170417182535175.jpg
ドキドキしながら入ってみたら、初めましてにも関わらず、青井のとーさん(手前)超フレンドリーでいい人。



bDSC_0013a_20170417182540cbd.jpg
青井のとーさんの胸元には、南部ダイバーピンバッジ。
出張などで町外に出る機会も多いそうで、いつでも洋野町をアピールできるように付けているのだとか。



bDSC_0021a_201704171825264da.jpg
うわっ!
スゴいもの出してきてくれました!



bDSC_0023a.jpg
有家の橋を、蒸気機関車が走ってる写真…を使った時計!!
これはレアすぎる!!
しかも、12時、3時、6時、9時のところは、レールの断面の形になってる…。マニアックすぎてトキめくなぁ

そんなわけで、初めてお店におじゃましたにも関わらずいろんな話で盛り上がったわけです。


bDSC_0328a_201704171827550ba.jpg
そしてまたある時は、ケイティのめがねのちょっとゆるくなった「つる」を直してもらったり。
こうして、青井のとーさんと親しくなっていきました。


中編へ続く…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

洋野ならではのDIYに初挑戦! ~後編~

おはようございます。
年末から先月まで、一眼レフカメラ、ノートパソコン、ペンタブ、外付けHDD、プリンター、と順番に一通り買い揃えたため、財政厳しいケイティです
今月からはソフトウェア系も購入予定…。
ボスケテ…

(「ボスケテ」がわかる方、挙手願います。)


さて。
洋野ならではのDIYに初挑戦! ~前編~」の続きです。


bDSC_0335a.jpg
どーん!
切ってねじで留めるだけ!
…だけど思いのほかせっちょーしたケイティ初のDIYテーブル天板、できました!
脚は、元々あるこたつテーブルのものを使っているので、作ったのは天板オンリー。

色は塗らずに、艶出しのみ。
ニス替わりに市販のオリーブオイルを塗りこみました。
写真は、「左Before/右After」がわかるように撮ったものです。

いや~、自分で作るとかなり愛着わきますね。
正直、よく見るとガッタガタなんだけど(笑)、でも、写真撮るとなんとなく絵になる。
木目ってそれだけで美しさとパワーがあるんだなぁ~。

それでは、完成した天板が写り込んだ写真の数々を、ケイティのInstagramでご覧ください。


まだまだ寒い洋野町。 春を待つ、ガーベラとカメラと私。 봄을 목바지게 기다리는 카메라와 나📷 #花 #カメラ #ニコン #flower #camera #nikon #d5500 #wood #diy #꽃 #카메라 #니콘 #나무

岩手県洋野町 katieさん(@katie_hirono)がシェアした投稿 -





ティータイムにしたくなる写真☕・ ・ ・ #岩手県 #洋野町 #種市#チューリップ #花 #春 #japan #tohoku #iwate #hirono #flower #flowers #tulip #spring #blossom #bitowa #꽃 #튤립 #봄 #티타임 #커피

岩手県洋野町 katieさん(@katie_hirono)がシェアした投稿 -





種市図書館で借りてみた📖 #岩手県 #洋野町 #種市 #本 #flower #flowers #tulip #book #책 #nikon #d5500

岩手県洋野町 katieさん(@katie_hirono)がシェアした投稿 -





せいくらべ ・ #flower #flowers #spring #glass #花 #diy #nikon #d5500

岩手県洋野町 katieさん(@katie_hirono)がシェアした投稿 -





田酒が我が家にやって来た #田酒 #酒

岩手県洋野町 katieさん(@katie_hirono)がシェアした投稿 -





工藤書店でDANASS購入❗ 竹かご作り挑戦レポを書きました✏ #岩手県 #洋野町 #種市 #種市商店街 #DANASS #ダナス

岩手県洋野町 katieさん(@katie_hirono)がシェアした投稿 -




プチ宣伝。
DANASS4月号が発売中~!
ぜひ読んでみて下さいね



コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

洋野ならではのDIYに初挑戦! ~前編~

おはようございます。
最近、カーペットコロコロと毛玉とるとるを買ったケイティです。
ほこりや糸くずが目立ちやすい服も、これで一網打尽!

さて。
実はケイティ、3月に人生初の「DIY」に挑戦しました。
以前から、「写真撮る時に写り込む用の木のテーブル」が欲しいなと思ってたんですよ~。
それを、ふと、「もしかして自分でも作れちゃったりするかも?」と気づきまして。

ところで「DIY」って、「日曜大工」的な意味合いかと思ってたら、まさかの「Do It Yourself」の略だったなんて…
驚きととまどいを隠せない。



bDSC_0096a.jpg
まずは、普段からいろいろお世話になっている中野地区の浜久保製材所にて。



bDSC_0093a.jpg
※写真がピンボケですみません。

「70センチ四方くらいのテーブルの天板を作りたいので、要らない板があったら下さい」というかなりアバウトなオファーにも関わらず、「なにかしらはあるね」…と、ケイティのイメージに合う板を用意してくれたのはさすが浜久保さん

今回は、古くなってもう使わない板を譲っていただいたのですが、浜久保製材所では新品の建具等を作る木材も絶賛承っています。
むしろそっちの方がウェルカム。
これから家を建てる方、リフォームする方、洋野町内の木材を愛情込めて扱っている浜久保製材所をぜひご利用下さい
(全力で宣伝。)

(株)浜久保製材所
〒028-7906 岩手県九戸郡洋野町中野9-14
☎ 0194-67-3700



bDSC_9892.jpg
譲っていただいた木材を並べ、愛でるの巻。
素材はアカマツやケヤキ、栗の木などです。
いや~、古いものも味があっていいよね



bDSC_0326a.jpg
そしてケイティ、次に向かったのはおおのキャンパスの木工房&木工体験室!
板をさらに切ったり、削ったり、手を加えるには、広いスペースもあって工具なども使える(※有料)、ここが最適!
「花ちゃん先生」こと林郷花子さんに相談しながら、イメージを形にしていきます。



bDSC_0328a.jpg
テーブル天板に使う板を、裏返しにした状態。
ここまでに結構時間かかりました。

なぜかと言うと、ケイティがちゃんと設計図的なものを準備していなかったため、1つ1つの木材の長さを改めて計算して紙に書き出す、全部の木材に印をつける…といった地道な作業がね、思いのほか時間かかりました



DSC_0332a.jpg
裏側に細い板を渡して、ねじで留める。
自動でねじを留める機械、初めて使ったんだけどスゴいねー。
一瞬でねじが留まっちゃうもんね。
考えた人ほんとスゴい。

…ってなわけで、これで完成~!!


後編へ続く…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

裂き織り工房でクリエイティ部

おはようございます。
昨日はJRの社員さん50名くらいが研修で洋野に来てくれて、宿戸で一緒にエモりました。
感動でいっぱいのケイティです。

さて。
定期的に行われている、ケイティのクリエイティ部な活動を紹介します。


おおのキャンパスの裂き織り工房。
玄関まわりはいつも植物で飾られていて綺麗です。


この日作りたいもののイメージを、裂き織りインストラクターさんと打ち合わせ。



縦糸は、ターコイズブルーのに決めた♪



横糸の布を替えながら…。



YES!!
好みの色合いの布をいくつか選び、布を替えて織るのがこの日のクリエイティ部活動!



どーん!

できました。
7~8センチずつくらいで布を替えて、全長85センチくらいに織り上げました!
これを、とあるものに活用しようと思っているのです…。
完成したらまたブログに載せますので、お楽しみに~❤


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

2014年 宿戸中学校水産教室レポ

おはようございます!
こう寒くなると、自宅の水道管がスミないか気になって気になって仕方がない関東生まれのケイティです。


さて。
今日は12月1日(月)に行われた「宿戸中学校水産教室」をレポします


どどーん

鮭とばづくりに使用する「鮭」です!
この日も結構波が高い日でしたが、中学生のために宿戸の定置網の方が、朝とってきた
新鮮な鮭です




今回も鮭とばづくりの達人、宿戸地区の吹切守さんが面白いかぶりものとはうらはらに、真剣な表情で、生徒たちに教えています。
生徒たちの表情も真剣そのもの!
洋野町の子どもたちのまじめさがよく分かります。




鮭とばづくりは刃物も扱うためとても危険でもあります。
ですが、ご覧のとおり、カラフルな衣装を身にまとった女性部の皆様もサポートしてくれます





女性部だけではなく、研究会という若手の宿戸地区漁業者の方もサポートしてくれます
この地域の一体感が半端ないですね!
しかもアラを洗ってるし。





そして、またスバラシイのは、すべて大人の人達にやってもらうのではなくて、片づけなどは自分たちの力で行なっていることですね





最後は完成品を持って、みんなで撮影。
結構疲れるポージング

今回2年生のみんなが作った鮭とばは、3年生になってから行く東京方面への修学旅行で、町のPRや特産品紹介のために販売するそうです。
この取り組みは震災前から続くもので、地域の特産品を知ったり、地域の人と交流したりとてもいいなと思います。
これからもどんどん続いてほしいですし、こんな作業を通じて地元の良さに触れ、この地域に残ったり、漁業の道に進んだりしてほしいものですね


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

水沢ディープ探検隊 「君はタデピラを上ったことがあるか!?」

おはようございます。
早くも来年の手帳を購入したケイティです。
もう、今から新しい気持ちで頑張っちゃうぞ~♪



さて。
今日は、久しぶりに水沢地区について紹介したいと思います。
水沢と言えば、茅葺屋根民家が多く残る、昔ながらの「THE 日本の原風景」的な雰囲気がある素敵な地区なのです。


水沢地区の関連記事はこちら
水沢ディープ探検隊 ~水沢地区の展望スポット~
水沢ディープ探検隊 ~夏井川上流周辺~
水沢ディープ探検隊 ~茅葺屋根の家 その2~
水沢アドベンチャーワールド!



bDSC05224_20141022100841b18.jpg
10月中旬のある日。
水沢地区を車で走っていた時に、ふと、「今日こそタデピラ上っちゃう?」…というノリになりまして。

「タデピラ」とは、水沢地区の蒼前(そうぜん)神社にある急な坂のことなのですが…。
坂と言うよりも「壁」と言った方がいいのでは?…と思うくらい、傾斜がキツいのです。


「タデピラ」と「蒼前神社」については、こちらの記事をどうぞ!(前編に出て来ます。)
清流とたたらの郷 みっちゃあウォーク ~前編~
清流とたたらの郷 みっちゃあウォーク ~中編~
清流とたたらの郷 みっちゃあウォーク ~後編~



bDSC05209_201410221008355b7.jpg
タデピラを見上げて。
やっぱり急だなぁ~。

先頭切って上ってくれたのは、洋野町のグリーン・ツーリズムインストラクターB沢さんです。




bDSC05210_20141022100836dc0.jpg
どうですか?
いかに斜面が急であるか、伝わりますでしょうか…?

ケイティ、写真と動画を撮りつつ、スッ転んでカメラを落とさないようにしつつ、よじ登るようにして斜面を上がりました。



bDSC05212.jpg
20分くらいの死闘の末、ようやく頂上に辿り着きました…!
なんだろう、達成感がハンパない(笑)。

上る前、「こんなの無理かも」とか思ってたので、それが達成できた時の喜びったらないです。
日常生活の中で、無意識に自分で自分の限界を決めてしまう事ってよくあると思うんですけど、あえて「できなさそうだけど、できるかも?」と考える習慣を身につけたいな~と思うケイティです。



bDSC05213.jpg
この建物が、蒼前神社のお社なんですね。
ちょっぴり掘っ立て小屋テイスト
昔はこのお社の前で、集落の人が集まって相撲をしたり運動会をしていた…という話もあり。

ちなみに、「蒼前神社」って、地名が「蒼前」というわけではないようです。
昔、馬の神様の事を「蒼前様」と言うそうなんですよ~。
旧南部藩地域には、馬を祀った「蒼前神社」が点在しているようです。
馬を祀った神社があるということは、それだけ昔の人の暮らしに馬が欠かせなかったという事なんでしょうね。
自動車やトラクターがなかった時代、輸送や農耕など様々な労働力として人々を助けてきたのが馬なのです。

岩手県(旧南部藩地域)は馬の放牧に適した広大な土地があったこともあり、馬の改良を進め、「南部馬」という馬格・性質がよく、粗食にも耐え力の強い馬を誕生させたと言われているそうです。
「南部曲り家」としても有名な茅葺屋根の家は、馬を人が住む家に同居させ、家族同様大切にしてきた事の証でもあります。
種市では、鎌倉時代にはすでに馬の牧場があったようですよ~

ちなみに、「蒼前」という地名が残っている地域も多々あるようです。
たしかお隣の階上町にも「蒼前」って書いてある信号があったな~。




bDSC05217_20141022100918fce.jpg
お社の向こうは、集落が望める崖になっているようです。
ただ、雑草がかなり生い茂っていて、今はちょっと見づらくなっています。
もしかしてここの雑草を綺麗に刈ったら、「自分の限界を超える!タデピラ登り体験」からの、「水沢集落が見渡せる展望スペースでほっと一息」みたいな魅力的なハイキングコースが出来るんじゃないかな…?




bDSC05220_20141022100922916.jpg
行きはよいよい、帰りはこわい。

上る時はね、まだ良かったんですよ。
下を見ないで済むから。
でも、上から降りる時、そりゃー怖いったらないですよ。
ケイティどっちかっつーと高所恐怖症なんですよ。

でも、「“できない”を“できる”に変える」がモットーなので、ビビりながらも自力で下りることに…。




bDSC05218_20141022100921f31.jpg
途中で謎のキノコ発見。




bDSC05221_20141022100923817.jpg
折れた木の根元のところから、苔が生えていました。
もののけ姫っぽくてイイな~。




bDSC05223.jpg
ミクロの世界。





bDSC05225.jpg
無事に下界に戻って来まして、平坦な道の有難さを噛みしめながら歩いていると…。




bDSC05226_20141022101004c2f.jpg
からたちの実を発見!
ほんのり柑橘系のいい香りがします。

首都圏ではほぼ見かけたことがない植物ですが…。
枝にトゲがあるので、昔は民家の生垣として植えられていることが多かったそうです。
確かにトゲがすごい。




bDSC05228.jpg
庚申塔発見。

彫ってある文字も、もう全然見えなくなっているけど…。
でも多分、すごい古いんだろうなって事が、石から伝わって来ます。
何百年くらい前に建てられたのかな…?
ロマンを感じます。




bDSC05236.jpg
ちょっと足をのばして、今もおばあちゃんが1人で住んでいる茅葺屋根のお家を激写。
稲の収穫が無事に終わったみたいですね…




bDSC05232.jpg
こちらは、また別の茅葺屋根のお宅。
ここも実際にご家族が住んでいます。




bDSC05232b.jpg
1960年代風の加工。





bDSC05232c.jpg
セピア加工。
スゴい。ビニールハウスの骨組みが写ってなかったら、現代の写真とは思えないくらいです。
着物を来て馬を引いた人とかが出てきそう…

こういう風景を見て、なぜだかよく分からないけど感動したり、「日本の原風景だな~」と思うのは、やはり遺伝子レベルで日本人として感じる何かが刻み込まれてるのかな…と思ったり。

近代的な建物に囲まれた生活ではきっと得られない「気づき」がある、水沢地区。
ぜひ一度来てみてもらいたい場所です


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【ひろの体験プログラム】お茶碗の絵付け体験

おはようございます。
五月雨を あつめてはやし ケイティです。



さて。
先日、おおのキャンパスにある体験工房にて、「絵付け体験」を取材してきました。


bDSC04090.jpg
絵の具と筆は用意されているので、手ぶらでOK!



bDSC04091.jpg
ご飯茶碗やマグカップなどに、好きな絵をかけるのです。



bDSC04095_20140311144447000.jpg
この日、「お母さんにプレゼントしたくて」と、絵付け体験しにチャレンジしたKさん。
宮古市から車で3時間かけて来てくれました~。



bDSC04094.jpg
お茶碗の底には「ありがとう」の文字が。
これをもらったら、お母さん泣いちゃうなぁ

そして数日後、焼き上がったお茶碗を激写してきました!



bDSC06687.jpg
じゃーん
世界に1つだけのお茶碗。



bDSC06688.jpg
どうですか?
お父さんお母さん、もしくはおじいちゃんおばあちゃんに、日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントしてみては…
結婚のお祝いにもイイかもしれませんね



bDSC04040_201405061507189cb.jpg
この日は、陶芸指導員の切金さんの新作も焼き上がっていました!



bDSC04042_20140506150719274.jpg
めんこいぃぃ~



bDSC04044_20140506150721fca.jpg
普通のマグカップ(写真奥)よりちょっと小さめサイズの、エスプレッソカップ&ソーサーです。
久慈市にあるカフェからオーダーがあって作った品だそうです
こんな素敵な器で飲んだら、コーヒーの美味しさも倍増しそう!

ぜひ皆さん、洋野町のおおのキャンパスに来て、オンリーワンの器づくりをしてみませんか?


その他の体験記事はこちら
【ひろの体験プログラム】記事一覧


陶芸体験 概要
※4月から改定価格になりました。

【ろくろ体験料】(機械使用料・仕上げ料含む)
マグカップ 1560円~ 
(その他各種あり)

【手びねり体験料】
マグカップ・茶碗など 1000円~

【絵付け体験料】
マグカップ・茶碗など 1000円~

【体験時間】
9:00~17:00
毎週月曜定休(月曜が祝日の場合は火曜休)

【ご予約・お問い合わせ】
おおのキャンパス 0194-77-3202
おおのキャンパス 体験メニュー紹介ページ



コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります