ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

食事の大切さを伝える授業 in 林郷小学校

おはようございます。
なにげに膝がまだじわっと痛いケイティです。

さて。
7月5日に林郷小学校の2年生向けに行なわれた、「食の大切さ」を伝える授業について紹介します。


bDSC_5273.jpg
子ども達に教えてくれるのは、洋野町の給食センターに勤める栄養士の福士久美子さん。

この日の前日の「味じまん給食」の時も福士さんとご一緒したんです。
いろいろお話聞く中で、この日のことも教えてもらい、子ども達にどんな風に伝えるのか見学させてもらいたいな~と思いまして。
2日連続の林郷小学校。
2日連続の福士さん。

関連記事はこちら
洋野の味じまん給食(2)



bDSC_5276.jpg
いやー、福士さんがね、子ども達にわかりやすく話すのがすんごく上手!!!
もう、思わず聞き入っちゃう!!


bDSC_5282a.jpg
カラフルなイラストをたくさんつかった資料や、難しい言葉じゃなくて「ぐんぐん」「いきいき」「もりもり」という擬音語で表現していたり、小学生低学年の子供たちが「楽しい♪」と感じるポイントを押さえてあって、とても勉強になりました。

普段の食事に、どんな食べ物を食べるといいのかな。
どんな食べ物が、どんな働きをするのかな。
そういうことを、楽しみながら覚えられたのではないかな…と思います



bIMG_9291.jpg
今度は、苦手な食べ物を書き出したり、苦手な食べ物を食べる方法を考えてみたり。
みんな、洋野の海の幸山の幸をたくさん食べて、大きくなっておくれ~♪



bIMG_9323.jpg
そして、お楽しみの給食の時間。
苦手な食べ物があっても、ちょっとチャレンジしてみてほしいな。



bIMG_9343.jpg
ケイティのお隣に座っていた1年生のMちゃんが、「ねぇねぇ、見て」と声かけてきてくれた!



bIMG_9344.jpg
何これ~!
牛乳パックの裏に、超ちっちゃく数字が書いてある!(笑)。
こういうのもちゃんと見てるなんて、スゴいなぁ~




今年創立140周年の林郷小学校。
実は、今年限定のブログも頻繁に更新されています。
もうケイティ毎日チェックしてる勢いなのです…。
特に、給食写真がツボです(笑)。

皆さん、林郷小ブログをぜひ見てみてね!
http://ringou2016.blog.fc2.com/


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

ひろの町民大学講座 はつらつ健康体操

おはようございます。
夏の終わりに着る、「少し秋を意識した着物」も欲しくなったりしているケイティです。

さて。
ひろの町民大学(主催:町教育委員会)の講座として8月20日に行われた、「はつらつ健康体操」の様子をお伝えします。
場所は洋野町民文化会館(セシリアホール)。
講師は八戸市の高橋智恵子さん。
YES!!! 洋野エモーションに夫婦でよくかだってくれている、あの高橋智恵子さんです!


bDSC_6925.jpg
ケイティ、智恵子さんがはちえきキャンバスでインストラクターを務める「Nia」(裸足のダンスエクササイズ)に月イチで通っているのですが、体を動かすことがどんどん楽しくなってきているのです。
智恵子さんは、八戸市内の公民館でシルバー世代向けの健康体操教室を10年続けていたこともあり、ケイティが絶大な信頼を置いている「ひろの町民大学」の受講生の人達にも、一度智恵子さんの健康体操を体験してみてもらいたいなぁ~と思っていたんですね。
そこで、ひろの町民大学担当のスタイリッシュなスタッフT來(ティーらい)さんに春頃から相談し、ついにこの日、実現したのでした



bDSC_6948a.jpg
笑顔と声がステキな智恵子さん。
レッスンを受け持つ時にいつも心がけていることは、「参加した人が笑顔で体を動かせること」なんだそうです。



bIMG_3181.jpg
そんな智恵子さんの作り出す空間では、町民大学の受講生の皆さんもスタート直後から笑顔!



bIMG_3181a.jpg
(ちょっとズームアップ)

いや、町民大学の受講生の人達って、普段から明るくて元気な人が多いんですけどもね。
そんな姿をよく知っているケイティですら、「あれ?いつもより3割増しくらいで笑顔がキラキラしてない?」って感じましたもん。



bIMG_3298_201608231800485d1.jpg
さまざまな動きをしたのですが、ブログ記事の最後に載せる動画を見てほしいので、写真は割愛します。
カッツアイ!



bIMG_3296.jpg
動いて、筋肉使って、お腹から笑って、スッキリ!
…という、充実した2時間の講座でした。

「年を重ねるごとに輝く」、そんな人が増えたらいいなぁ。
洋野なら、きっと叶いそう…。
そんなことを妄想しちゃいました。



bIMG_3306a.jpg
最後に記念撮影。



それではご覧ください。
「はつらつ健康体操」でのみんなの笑顔。 智恵子さんの作る、心と体を解放する世界
2時間の講座を5分にまとめました




智恵子さんの情報はこちらから
ブログ http://ameblo.jp/chietarou43/
Facebook https://www.facebook.com/chieko.nisimura


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

第7回 地域づくりシンポジウム ~後編~

おはようございます。
今日から2月ですね~!
ガダゴンサライとラッスンゴレライって似てる気がするケイティです。


さて。
「第7回 地域づくりシンポジウム ~中編~」の続きです。




bIMG_9439.jpg
上組新興団(かみくみしんこうだん)のブースでは、実際に山車につかわれた装飾が展示されていました。
この鬼の顔、かなり大きいです。迫力~
信じられませんが、手作りなのです。




bIMG_9164.jpg
上組新興団のメンバー。
このまま、メンソール系ガムかなんかのCMに出られそうなくらい爽やかな笑顔です




bIMG_6344.jpg
上組新興団は、外で豆腐田楽と串もちの販売もしていました。
お土産に買って行く人が多かったですね。
やっぱり、この地域の人にとって豆腐田楽と串もちはソウルフードなんだなぁ~




bIMG_9469.jpg
洋野エモーションのブースは、普段エモっている地区を代表して宿戸地区会に来てもらいました!
原木椎茸を使った天ぷら、いくらがのっかった椎茸混ぜご飯、めかぶ茶、どれもこれも宿戸産という、すごいラインナップでした。




bIMG_9510.jpg
地域づくりシンポジウムの主催、洋野町まちづくり推進委員会の皆さんです。
企画から準備、後片付け、本当に色々とありがとうございます。
「面白くて良かったよ~。」なんて言ってもらえて、ケイティとっても嬉しかったです






【おまけ】
bDSC_3227.jpg
最後にパフォーマーの皆さまと記念撮影




去年とおととしのワクワクな地域づくりシンポジウムの記事はこちら
第5回 地域づくりシンポジウムに参加して来ました! ~その1~
第5回 地域づくりシンポジウムに参加して来ました! ~その2~
第6回地域づくりシンポジウムに行って来ました! ~前編~
第6回地域づくりシンポジウムに行って来ました! ~後編~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

第7回 地域づくりシンポジウム ~中編~

おはようございます。
噂の東京駅開業100周年記念Suicaをネット注文しちゃったケイティです。
届くの楽しみ~。ウフフ…♪


「第7回 地域づくりシンポジウム ~前編~」の続きです。




bIMG_6276.jpg
沢山の人が来てくれた、地域づくりシンポジウムの会場。




bIMG_6302.jpg
地域団体の活動事例紹介は、まさかの「洋野エモーション」
すみません。ふつつかものですがケイティが紹介させてもらいました。
この1年ちょっとのエモーションの広がりや今後の目標などについて話すとなると、持ち時間の20分では到底まとめ切れない事が判明しました…(笑)。




bIMG_9412a.jpg
なんと、JRの社員さんがこのシンポジウムを見に来てくれていました!
JR八戸運輸区のSさんです
東北エモーションが走ってくれるからこその洋野エモーションですが、「今度、町内の行事で洋野エモーションの事を話す機会があるんですよ~」とお知らせしていたところ、こっそり応援に来てくれていたのです…(涙)。
(いや、余計なこと言わないか見に来てたのかもよ。)

檀上からケイティが呼びかけたのに対し手を挙げてにこやかに応えてくれたSさん。
この写真を見ると、左手でスマホカメラを固定したまま。
ということは…、まさかのムービー撮影してた

こっぱずがすぅ~



※ちなみに、“前編”で登場した桒田先生ののステージ衣装は、半纏=上組新興、帽子=洋野エモーション(JRの車掌さん)をフィーチャーしたものです




bIMG_6336.jpg
活動事例紹介が終わり、エントランスホールでのブース交流の時間です。




bIMG_6262.jpg
中野地区コミュニティ協議会。
ナニャドヤラの保存を目的とした「中野ふじの会」の活動を写真やビデオで紹介しました。
「ナニャドヤラで郷土を笑顔に」というスローガンがとっても素敵です。

伝統芸能のナニャドヤラも、何のために踊るのかが明確でないと、「踊るのなんてめんどくさい」「伝統芸能ってダサい」となりがちなのが現代っ子。
そうなると、踊り手を確保するのは難しくなっちゃいますよね…。

でも、「みんなを笑顔にしたい」「踊るとみんなが笑顔になる」「踊るのが楽しい」という気持ちでナニャドヤラを踊るということは、まずは自分自身が楽しくて満たされますし、そんな踊り手を見たら周りの人も楽しくなっちゃって、「私も一緒に参加してみたい!」…という気持ちに繋がる気がします

だからやっぱり、何かをするにあたって「どれだけ楽しみながらやっているか」ということはとっても大切だな~と思います。




bIMG_9435.jpg
手作りの「ひっつみ」を振る舞いました~。
とっても人気で、すぐなくなってしまったそうです




bIMG_9487.jpg
中野ふじの会の皆さん。
「ふじ」という名前にちなんで、おそろいのTシャツは紫系中心のカラー展開のようです。
1色じゃなくて、何色もあるのが素敵~

ケイティ、そろそろいい加減ナニャドヤラを踊れるようになりたいし、中野の方言も覚えたい…と思っていたので、近々こちらのメンバーの方々にご挨拶しに行きたいと思いまっす


“後編”に続く…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

第7回 地域づくりシンポジウム ~前編~

おはようございます。
南部美人のスパークリング梅酒が出たと聞き、猛烈に飲んでみたいケイティです。



さて。
1月25日(日)に開催された、第7回地域づくりシンポジウムについてお伝えします。



bR0011688.jpg
洋野町民文化会館のコミュニティーホールにて。

町民が主役のまちづくりに向けて、地域づくりをテーマにした講演や、地域力を発揮して元気に活動している団体を紹介するこのシンポジウム。
今年で7回目です。




aIMG_6157.jpg
オープニングアトラクションは、平内さんさ




bIMG_9293.jpg
基調講演のテーマは、「若者の力で地域づくり」。
NPO法人体験村・たのはたネットワークの楠田拓郎事務局長が、自身の体験や田野畑村での活動内容を紹介してくれました。
実はこの楠田事務局長、東京出身なんですよ~。
田野畑村とは、元々は何のつながりもなかったそうですが、8年前、ひょんなことから現在の職場で働くことが決まり、東京から移住。
そして、先日は岩手県民の素敵な方と結婚したばかりという…。
もっとも素晴らしい移住者ロールモデルの楠田事務局長なのです




bIMG_6279.jpg
続いて、洋野町内で活動する団体の事例紹介です。
ここからの司会進行は、洋野町まちづくり推進アドバイザーの桒田但馬(くわだ・たじま)先生です。
桒田先生は、岩手県立大学 総合政策学部の准教授をしていらっしゃいます。

ここで、桒田さんの衣装に注目




bIMG_9342.jpg
ちょwww
どういうことwww

過去のシンポジウムでは見られなかった、「ステージ衣装は華やかに」「紹介することは、ある意味パフォーマンス」という概念が生まれたようです。
しかも桒田さん、これまた大阪出身でノリが良すぎでwww
全く恥ずかしがらずにこういうことを引き受けてくれたのが素晴らしいです。




bIMG_9355.jpg
活動事例紹介の1組目。
大野地区の、上組新興団(かみくみしんこうだん)です。
野田広則副団長が、祭の衣装を着て熱く語ってくれました!

毎年夏に行なわれる鳴雷(なるいかずち)神社例大祭で、豪華な山車を製作して披露し、地域の人を楽しませています。
この山車が、地域の若者を中心に手作りで行われているんですよ~。
上京した人達の中にも、地元愛が強く「夏のお祭りには休みを取って戻ってくる」という人が多いんだそうです。




bIMG_6293.jpg
会場には、上組新興団メンバーが野田副団長の応援に駆けつけてくれました!
こういうのいいですね!

淡々と活動内容を説明するだけだと、会場にいるお客さんとしてはちょっと面白みに欠けるかもしれませんが…。
こうやって「目で見て楽しむ」「雰囲気で楽しむ」ことを取り入れて、「私も加わってみようかな~」って思ってもらえるような演出をするのって大切かもしれない…と思いました


“中編”に続く…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

介護支援専門員研修会

おはようございます。
今日は年内最後の東北エモーション運行日です。
お時間ある方はぜひエモりに来て下さ~い
ケイティは有家でエモる予定です



さて。
12月11日(木)、町内で介護に携わっている人達のための研修会が開かれました。
その名も、「介護支援専門員研修会」。
日本では少子高齢化が進んでいますが、特に地方は進み具合が早いですよね。
ケイティ、洋野町に来てからまだ介護の分野を取材していなかったなぁ~と思い、この研修会におじゃまさせてもらうことにました!



bDSC07238_20141212102748162.jpg
介護支援専門員研修会を主催する、洋野町包括支援センターの村上所長。

「包括支援センターってなぁに?」…という方へ、ちょっと説明を…
平成17年に介護保険法の改正により、地域に「包括支援センター」が導入されることになりました。
高齢者、認知症、障がい者、ひきこもり、権利擁護などなど、全てのお悩みの相談総合窓口の役割を担っています。
ここでは、社会福祉士、保健師、主任介護支援専門員(以下、主任ケアマネジャー)の3職種が協力して問題解決のためのパイプ機能を果たしています。




bDSC07257_201412121027519e4.jpg
包括的・継続的ケアマネジメント事業の一環である「介護支援専門員研修会」が開催されるようになって、今年で9年目。
年3回程度、介護支援専門員(以下、ケアマネジャー)の資質向上のために、コミュニケーション技法の演習や、アロマセミナーなど、色々なテーマで開催されています。

今回のテーマは、「自分でできるインテスタージュ腸もみ健康法」!
みんなで横になり、腸があるあたり(おへその周り)を自分でマッサージする方法を教えてもらいました。




bDSC07248.jpg
講師は、おなかサロン ponponの堀米裕子(ほりまいゆうこ)さん。

腸は、「第2の脳」とも言われるくらい神経細胞がたくさん集まっていて、精神状態とも密接な関係がある器官なんですって。
そんな大切な器官である腸をマッサージすることで、腸がきれいになって免疫力がアップしたり、心と体の健康を保つことができるんです。




bDSC07266.jpg
参加したケアマネジャーの皆さんのお腹を1人1人触って、マッサージの仕方を教える堀米さん。

以前、堀米さんのことを知った包括支援センターのスタッフさんが「おなかサロンponponが気になる!」と提案したことがきっかけで、「ケアマネジャー達が腸もみをすることによって自分で自分を癒せたら素晴らしいね!」…という意見が職場内で一致し、今回の研修会のテーマに決定したそうです。



bDSC07276_201412121027543a9.jpg
最後に、ちょっとしたお茶タイムがあったのですが…。




bDSC07282_20141212102847398.jpg
じゃーん!
堀米さんのご主人の「hico」さんが作る、ローフードのカカオ風味ケーキです。
「ローチョコケーキ」と呼んでいるそうです。

このケーキは、バターなどの動物性油脂や、白砂糖などが一切使われていないスゴいケーキなんです。
食べてニキビが出来たりする心配がないんです!
(うん、30過ぎたら吹き出物ね)

体に良い食材しか使っていないので、まるで食べる薬。
なのに、ケーキ気分を味わえちゃうなんて、画期的すぎる!
ケアマネジャーの皆さんも、驚きつつも美味しく食べてくれました




bDSC07392_20141220202919d13.jpg
包括支援センターの皆さんを激写
前列男性のポーズを見てピンと来たアナタ。
かなりのひろのだよりマニアですね…www

そうです。横綱の土俵入りです。


後日、この研修会についての感想を、参加した方々に伺ったところ…。
「自分の腸と対話したら、身に覚えのある生活習慣が影響していることが判明!体は正直なんですね~。その発見こそが大収穫。」
「これで下っ腹のお肉とさよならできるわ^^;;」
「リラックスできて、ケーキまでごちそうになって最高な時間でした
「体にやさしいケーキなんてない!と思っていたが、カロリーを気にせずに食べられるケーキがあるなんて素敵です。」
「うんまがった~
…といったコメントを頂きました。

「自分で自分を癒す技を持っていると、不思議と心が強くなるような気がします」と話してくれた主任ケアマネジャーのHさん。
この言葉、すごくわかる気がするなぁ~。

ケイティ、まだまだ勉強不足ではありますが、町内で介護に関わる人達の現状や思いなどもブログで紹介して行きたいな~と思ったのでした


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

岩手県立大野高校 “里山整備に若い力を!~全校マツタケ山づくり~”

おはようございます。
ソースとしょうゆを間違えてかけそうになったケイティです。



さて。
先日ケイティ、大野高校に行って来ました。


bDSC08545.jpg
大野地区にある、岩手県立大野高校。



bDSC08546.jpg
何やら、生徒達がバスに乗って移動。



bDSC08548.jpg
なんと!
久慈平岳の中腹にやって来ました!



bDSC08549_20140624115632230.jpg
この筒型の入れ物は何だろう…?



bDSC08555.jpg
筒型の入れ物をもって、急な斜面を登って行きます!



bDSC08559_20140624115702bf1.jpg
この傾斜、ハンパない。
ケイティもはや「よじ登る」感じで生徒たちについて行きました。



bDSC08566.jpg
5~10分ほど登ったところで…。
生徒たちが、熊手のようなもので土の表面を掻くようにして、雑草や落ちた枝を取ったりしていました。

実はこの活動は…。
大野高校が教育の一環として実施している「里山整備事業」で、今年でもう10年目なんだそうです。
人間が長い時間をかけて育て守ってきた自然と、人々の生活が調和した美しい風景。この「里山」の風景を、大野地区ではずっと保って来ました。
昭和30年頃までの炭焼きが盛んな時代には里山は完全に整備され、木の1本や草の1本に至るまで、人々の暮らしに活用されてきました。そして、山の斜面にはあちこちにマツタケが発生していたそうです。
しかし、現代になり燃料が薪から石油になり、人々が山に入ることが少なくなると…、荒れた山にはマツタケはなかなか育たないそうで、「若い人達にも山の恵みを十分に体験してもらいたい。」という思いから、大野高校では里山の復活や保全を環境教育と捉え、地域社会の復興と活性化に貢献する人材の育成を目指した「全校生徒による里山整備事業」を始めたそうなのです。




bDSC08561_20140624115705c99.jpg
ジャージとスニーカーという軽装備で…。
慣れた様子で地面を綺麗にする生徒たち。
スゴいです…。

ケイティこの時点で、斜面のあまりの斜めっぷりに体が対応できず、三半規管がどうにかなりそうで。
ヘタレですみません



bDSC08567.jpg
きのこ発見!



bDSC08572_20140624115710977.jpg
夏前に生徒たちで協力しあいながら里山を整備し、秋にはマツタケを収穫して、調理して食べるんだそうです。
こうして、自然の恵みを知ることによって豊かな人間性を育むと共に、自らがふるさとの自然の保全に貢献しているという「自己肯定感」を持ってもらうということなのですね。
なかなか他の地域ではできない、洋野町ならではの教育だなぁ~と思います

ところで、マツタケってどこでも生えるのかと思ったら…。
そうでもないのですね。
だから高価なのかしら…

秋の収穫の際にも、また取材させてもらいたいと思っています!
どのくらいたくさん獲れるか、お楽しみに~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

小型動力ポンプ積載車車両交付式

おはようございます。
気象予報士の井田さんのファッションに注目しているケイティです。


さて。
先週の18日(火)、「洋野町役場の種市庁舎で消防車両の交付式が行われるらしい。」という情報がありまして、すかさずケイティ行って来ました。

THE YAJIUMA KONJO.



bDSC04458_201403201447512b6.jpg
明戸地区(9分団3部)の消防団員の皆さまが集合。



bDSC04465.jpg
今回交付されたのは、総務省消防庁が全国の市町村に無償で貸与している車両だそうです。
車両の側面が翼のように開くことから「ガルウィングタイプ」と呼ばれていて、昔のスポーツカーのような外見がカッコいいと評判なんだそう
今年は全国で97市町村、うち岩手県では11市町村に配備。もちろん、洋野町に配備されるのは初の車両なのであります!



bDSC04463.jpg
小型動力付きポンプを積載しています。



bDSC04464.jpg
新しくてピッカピカ!




bDSC04468.jpg
珍しい車両に興味津々の団員&消防署員の皆さま。




bDSC04466.jpg
このエントリープラグの中で、A10神経を通してシン(以下省略)

(うん、もうエヴァンゲリオンネタは3回目だから。)




bDSC04474.jpg
この消防車両は、様々な救助用資機材を搭載していることも特徴の1つです。




bDSC04473.jpg
エンジンカッターやチェーンソーなどなど。
その他にも、車両の側面にコンセントがついているそうです。
大震災で電気が使えなくなったことを受けて、消防庁が追加設備として消防車両に設置したそう。


地域を守る!…という熱い気持ちを持った消防団の皆さま。
1000年に1度と言われた大津波でも、洋野町で人的被害が出なかったのは、町全体で日頃から防災意識が高かったこともありますが、水門を閉めるなど消防団員のすばやい動きがあったおかげでもあります。



bDSC04467_20140320144858bed.jpg
オシャレなジャケット発見!
このロゴの入れ方、すごくイイな~
消防団本部の方々の、新しいジャケットだそうです。



これからも、洋野町消防団について随時紹介して行きたいと思います。
「安心して暮らせる町」を目指して…



コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

さいたま市水道局から、給水車が贈られました。

おはようございます。
そして、Merry Christmas~
サンタさんに「大漁旗を下さい」ってお願いしていたのですが、今朝枕元を見たら何もなかったケイティです。
おかしいなぁ~?
(うん、おかしいのはアナタの頭です。)



さて。
12月6日(金)。
洋野町役場種市庁舎にて、「さいたま市水道局給水車贈呈式」が行われました!


bDSC00360.jpg
洋野町内において、かなり近代的なデザインの建築物である種市庁舎。



bDSC00358.jpg
洋野町の職員の方々が集まっていました。



bDSC00370.jpg
ジャーン
こちらが給水車です。

今回、なぜさいたま市水道局から給水車が贈られることになったかと言うと…。
さいたま市で保有している給水車のうち2台を新しくすることになったそうで、「今まで使用して来た給水車を被災地の水道事業体に譲りたい」という申し出を日本水道協会本部に寄せて下さったそうなんです。
その後、日本水道協会の東北支部幹事会にて、岩手県支部と福島県支部を通して譲り受け先を選ぶこととなり、洋野町にもこのことが伝えられました。

これまで洋野町では、水不足や事故などで断水になった時には、2つある給水タンクをダンプトラックに載せて対応していたのですが…。
今回、譲り受け先を募集していたこの給水車は、送水ポンプなどを装備していて、約2トンもの水を積むことができるなど緊急時への対応能力が格段にアップするものだそうで、応募することになったそうです。
そして、めでたく洋野町に譲って頂けることが決まり、この日の贈呈式を迎える事が出来ました。



bDSC00372.jpg
給水車の鍵の受け渡し。
さいたま市水道局営業部の関営業課長(右)と、洋野町の水上町長(左)。


この給水車は、東日本大震災の時には被災した宮城県石巻市の雄勝地区に行って、給水の支援等を行ってきたものなんだそうです。
東北の復興への思いを乗せて、洋野町にやって来たんですね…。




bDSC00373_20131213155819e40.jpg
水上町長からの、お礼の言葉。
…を激写する広報担当S本さんを激写



bDSC00376.jpg
なんとこの日の前日…。
さいたま市水道局営業部の関営業課長(右から3番目)と有路(ありじ)係長(右から2番目)のお2人が、さいたま市から洋野町まで1日かけて、この給水車を運転して来てくれたのです!



bDSC00377.jpg
こ…、この座席で1日運転とは…
さいたま市水道局のご厚意とガッツに、本当に感謝してもしきれないです。



bDSC00378.jpg
はじめて見る給水車に興味深々。
給水につかうホースなどが格納されています。



bDSC00379.jpg
ここさ、何を入れるんだべか…。



bDSC00380_20131213155932cfd.jpg
タンクの横と後ろには、蛇口がたくさんついていました。
この蛇口、水が出るだけじゃなくて、逆にひねれば水を引き込んでタンクに貯めることもできるらしいです。
スゴいな~。


色んな地域から支えられているんだなぁ…ということを実感しました。
さいたま市への感謝の気持ちをいつまでも忘れずにいたいですね



コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

洋野町エコツーリズム・エコツアー研修会 ~後編~

おはようございます。
昨夜は、大阪の道頓堀で飲んだくれたケイティです。



さて。
洋野町エコツーリズム・ツアーガイド研修 ~前編~
洋野町エコツーリズム・ツアーガイド研修 ~中編~の続きです。



bDSC08746.jpg
11月2日(土)。
エコツアー研修会の実習2日目は、ミーティングからスタート!
前日に実際に見て回ってきた種市地区の海沿いコースの見どころポイントなどをまとめ、どういうツアーが作れそうかなどを話し合いつつ…。



bDSC08748.jpg
なんとこの日は、参加者の馬場賢一さん(宿戸)が、「昨日の夜調べたんだけど…」と言って、ウニの増殖溝に関する独自の資料を持ってきてくれたのです!!

早くも地元ツアーガイドの片鱗が見え隠れしている馬場さんに、参加者からは感嘆の声が…



bDSC08756_2013120409041735e.jpg
朝のミーティングの後、宿戸地区の海沿いを視察に行った参加者一行。



bDSC08754_20131204090414768.jpg
宿戸漁港の入口付近には、「輝く海」と書かれた大きな石碑があるのですが…。
これは、今から8年前の平成15年に、宿戸漁業協同組合の設立55周年を記念して建てられたものなんだそうです。



bDSC08752_20131204090410033.jpg
裏側には、関係者の皆さまの名前がズラっと並んでいました~。



bDSC08759_20131204090422941.jpg
この宿戸漁協を取り仕切る、種市南漁協宿戸実行部会の吹切信夫(ふっきりのぶお)会長にも偶然お会いすることができ、宿戸漁協の取り組みや、海への思いを聞くことができました。



bDSC08762.jpg
アワビの稚貝を育てる水槽。
これまた偶然にも、居合わせた宿戸漁協の馬場等さん(写真左)から直接お話しを聞けました。




bDSC08766_20131204090507009.jpg
この水槽は、津波によって壊れたり積もった泥を取り除かなければいけなかったり、復旧の途中なのだそうですが…。
さらに、この水槽で育てるはずのアワビの稚貝自体が、元々のアワビの卵を孵して稚貝まで育てていた大船渡市の種苗栽培施設が津波で全壊し完全復旧までは何年もかかる…ということで、3.11の前のような状況に戻るまでにはまだまだ時間がかかる…とのことでした。



bDSC08772.jpg
その後は、宿戸の大浜地区にも足を伸ばしてみました。



bDSC08770_20131204090509746.jpg
新 し い ス タ ー ト



bDSC08771.jpg
昆布につぐ昆布。



この時ケイティ、スゴいもの見ちゃったんです!!



bDSC08776_20131204090516786.jpg
どーん!!


…見えますでしょうか?








bDSC087761.jpg
白鳥です!!
なんと、白鳥が群れをなして飛んでいたんです!!
北から南へと…!!!

冬を越すために、暖かいところに移動するんですね…。
越冬生中継をこんな間近で見たのは初めてで、とても感動しました。



bDSC08784_2013120409054474f.jpg
宿戸漁港から大浜まで歩いた参加者一行。



bDSC08787_20131204090546914.jpg
宿戸地区の大浜付近にある津波供養塔です。
昭和8年の大津波のあとに建てられたものだそうで…。
宿戸地区は、明治29年の大津波でなくなった人は38名に上ったそうです。
昭和8年の大津波の際は、当時宿戸地区の中心部だったここ大浜はかなり海に近いところまで民家があったこともあり、大浜だけで22名も亡くなったのだとか…。

昭和の大津波の後、大浜の住民は集団移転したそうで、現在は家があった跡などは見当たりませんが…。
「津波の事を忘れず、子や孫に伝えて行く」という、ここで海と共に暮らす人達の思いが感じられました。



bDSC08803.jpg
2日間の野外実習を終え…。
海岸部・大沢地区・大野地区でそれぞれ実習を終えた参加者が一同に集まりました。
各実習内容をふりかえり、そして、組み立てたツアー案を発表し、洋野町の魅力について再確認する良い場が作れたと思います


この研修会のあとのアンケートでは、
「自分が地元のことについて、ほとんど知らないと分かった。」
「生きたガイドの説明、実習を受けたことがとても役に立った。今後に生かしたい。」
「すごく知識が増えた。」
「勉強会・研究会などに参加したい。」
…といった前向きな意見が多くみられました。


本当に、都市部で生まれ育った人から見ると、洋野町は自然豊かで魅力いっぱいの町なんです。
ここで生まれ育った人が、洋野町のありとあらゆる良さを十分に知り、外から来た人にも思わず伝えたくなっちゃう!…みたいな感じの地元ツアーガイドが育てばいいなぁ~。
そして、全国に洋野町ファンが増えて交流したり、それが継続ことによって、町の活性化に繋がればいいなと思っています


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります