ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【ゆうきセンター】冬の美味しいもの

おはようございます。
この3連休は、3日間とも洋野エモーションのケイティです。



さて。
冬の美味しいものを探しに、大野地区のゆうきセンターに行ってきました!



bDSC00522.jpg
12月上旬のゆうきセンター。



bDSC00523.jpg
中はすっかりクリスマス



bDSC00525.jpg
クッキーなどのお菓子の袋も、クリスマス仕様でめちゃめちゃめんこいです



bDSC00527.jpg
そして…、りんごコーナー



bDSC00528.jpg
驚いたのは、りんごの種類ごとに説明が書いてあったことです!
これなら、普段りんごを食べ慣れてない観光客の人達にも分かりやすくてイイわぁ~。



bDSC00530.jpg
「アルプスおとめ」
食べてみたくなる、ナイスなネーミングです。



bDSC00531.jpg
りんごの他にも、こーんな足の形みたいな山芋があったり。



bDSC00532.jpg
ケイティが大好きな寒じめほうれん草も、そろそろ並び始めたようです。



bDSC00535.jpg
こちらの旗は…。
「北いわて“ガチンコ”産直甲子園」の優勝旗です!
去年から始まった、岩手県北地方12カ所の産地直売施設が参加して顧客満足度などを競う催しで、ここ道の駅おおのにある「大野農産物直売所ゆうきセンター」は今年初優所を果たしました~!

 

bDSC00536.jpg
この日は、スイートポテトをお買い上げ



bDSC00537.jpg
んま~い
さつまいもの自然な甘み
市販のものに比べて、合成添加物がほとんど入っていないのが魅力です。


東北の冬ならではの美味しい物を食べに、ぜひゆうきセンターに遊びに来て下さいね~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

スポンサーサイト

【稲作奮闘記】いよいよ精米!…からの「いただきます!」

おはようございます。
幼少時、「レッドリボン軍」は「レッドリ・ボン軍」だと思っていたケイティです。



さて。
マイ田んぼの田植えから脱穀まで、ブログでも随時お伝えしてきた稲作奮闘記レポ。
いよいよフィナーレを飾る、「精米」編です!



bDSC09705.jpg
種市地区にある、サンデーという名のホームセンター。
(東北6県で展開しているチェーン店だそうです。)


ここの駐車場に…、



bDSC09706_20131125191524c2b.jpg
「コイン精米」という、お米を自動で精米してくれちゃう夢のような機械があるのです!

コンビニは町内に2軒しかないけど、精米機なら全部で20台くらいはあるような気がします。
コンビニよりも精米機が多いってすごいですよね…。



bDSC09707_20131125191526e6b.jpg
ふむふむ…、なるほど。
もみがら付きのお米を左に入れると、精米されて右から出てくる…って感じね。



bDSC09708_20131125191528196.jpg
精米の具合も選べるようです。
ケイティは「標準」にしました。



bDSC09711_20131125191531db6.jpg
ドバーッ。

家に100㎏以上の米(もみ殻付き)が保管してあるわけですが、この日は試しに30㎏ほど持ってきました。



bDSC09714_201311251915597a5.jpg
ジャーッ。

すごいな。
どうやったらお米の白いとこだけうまく出てくるのかな…。



bDSC09715.jpg
精米したお米は、「お米」と書いてあるいかにも米袋な袋に入れてみました。



bDSC09717.jpg
「新米」なんて書いてあるシールも貼っちゃったりして

袋もシールも、どちらもホームセンターで買ったのですが…。
こういうのが売っていることも驚きでした。
(うん、その乱雑すぎる車のラゲージスペースはどうにかならないかな?)



bDSC09720.jpg
家に帰って、いよいよご飯を炊きます!



bDSC09723.jpg
じゃーん。

マイ田んぼのお米。
マイ仕込み味噌で作ったお味噌汁
そして、たまたまこの日もらった洋野町のアワビ。

美味しいなぁ…。


自然の恵みに感謝して、ありがたくてありがたくて、ご飯を一口食べるごとに涙で前が見えなくなってゆくケイティなのでした…。
(うん、その割には「いただきます」って言い忘れてがっついたよね。)



bDSC09726_2013112519164050f.jpg
地元で作ったもの、採れたものをこんな風にたくさん食卓に並べて食べるなんて…。
なんて贅沢なんでしょうか。

ありがたいな…。
生きてて良かったな…



2013年 稲作奮闘記
マイ田んぼができました!
マイ田んぼのその後 ~6月中旬~
マイ田んぼのその後 ~7月上旬~
マイ田んぼの雑草取り
青空の下で稲刈り ~前編~
青空の下で稲刈り ~後編~
ついに脱穀! ~秋の収穫祭・前編
ついに脱穀! ~秋の収穫祭・後編


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【そば処 ウッディハウス】カレー南蛮うどん

おはようございます。
年が明けたら、ダレノガレ風のパーマにしようと思っているケイティです。
(うん、いますぐ鏡を見て現実と向き合って下さい。)



さて。
ここ数日、一気に寒くなりましたよね~。
マイナスになる時もしばしば…。
今日は、身も心もあったまるイチオシのあつあつメニューをご紹介したいと思います!


bDSC00157.jpg
おおのキャンパスにある、そば処ウッディハウス。



bDSC00158.jpg
今月の限定メニューは何かなぁ~。



bDSC00160.jpg
カレー南蛮そばにしてみよう!

…で、店員さんに注文すると…、「うどんに変えることもできますよ。うどんも結構人気ですよ」とのこと。
そう言われると、やっぱりうどんに変えてみたくなっちゃうわけで…。
「カレー南蛮うどん」を注文することに



実はケイティ、今まで「カレーうどん」が食わず嫌いでした。
多分ですね、小学校の時の給食で出た「ソフト麺&カレー」っていうのがですね、幼いケイティには触感や風味が少々お口に合わなかったみたいで…。
(ソフト麺って、岩手の給食では出るのかな…?)

でもケイティ、結構頑張り屋さんでして。
(うん、自分で言うのはやめてもらえますか?)
今更だけど、カレーうどんの食わず嫌いを直したいなーと思って、あえての挑戦だったわけです。



bDSC00161_20131204151112d95.jpg
どーん!!


そして、食べてみると…。



bDSC00163.jpg
あれ?
めちゃくちゃ美味しい



bDSC00162.jpg
カレーとネギって、全然違和感ないです!
びっくり!


この日、かなり寒かったんです…。
冷え切った体でこのカレーうどんを食べたのですが、もう途中から汗だくで大変なことになりました。
カレーのつゆが沸騰状態でアッツアツを出してくれたのもあるだろうけど、カレーの香辛料とかも発汗作用があるのかなぁ…。

とにかく、寒い時に体の芯から温まりたくなったらぜひ!
ウッディハウスのカレー南蛮うどん(or そば)を食べてみて下さいね~



そば処 ウッディハウス DATA
【営業時間】
4月~11月・・・11:00~19:00 (ラストオーダーは18:30)
12月~3月・・・11:00~18:00 (ラストオーダーは17:30)

【定休日】
年末年始 (12月31日と1月1日の二日間)

【住所】
九戸郡洋野町大野58-12-30

【電話】
0194-77-3202



過去のウッディハウス関連記事はこちら
夏の限定メニュー
味噌キムチうどん
きのこあんかけそば&鴨せいろ


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

採れたてアワビを食す!

おはようございます。
けんもほろろなケイティです。



実は…。
こないだ、アワビ漁を見に行った時に…。



bDSC09681_20131125185407cd2.jpg
頂いちゃったんです。



bDSC09683_20131125185410c94.jpg

A WA BI !!!!!




bDSC09684.jpg
もーホントすみません。
でも、普段自慢できることなんてそうそうないので、今日ばかりは自慢してもいいですか?



bDSC09685.jpg
ドーン
甘味があって柔らかくて最高に美味しい、洋野町のアワビです。


アワビという高級食材を、東京にいたら食べる機会なんてめったにないわけですよ…。
食べるどころか、まるごとのアワビを見る機会もほとんどないですもんね。

ところが、洋野町では、アワビはビニール袋に入ってやってくるんです。



bDSC09701.jpg
…で、アワビを貝殻付きのまるごとでもらい、「殻から身を取る」というE難度の作業をしなくてはならないケイティ。
貝柱の所を切るといいよ…って聞いたのですが、もう全然うまく行きません。

貝殻の縁が結構鋭利でして…。
アワビと格闘してたら、食べる前にすっかり指先が傷だらけに



bDSC09702_20131125185452902.jpg
グチャー

人生で初めて、自分で殻から身を取ったアワビです。
身はきれいに取れないは、謎の汁は出てくるはで大変でしたが…。
採りたてのアワビの身を口に入れると、「甘~い!!!!

甘くてみずみずしくて、まるで果物か野菜みたいです!!
こんなに新鮮なアワビが食べれるなんて、本当に幸せだなぁ…



bDSC09703_201311251854547e6.jpg
お皿に山盛りの、アワビのお刺身。
お醤油もいらないくらい、濃厚な味わいです。


bDSC09823.jpg
そして次の日は…、バター醤油で炒めてみました!
これまた、刺身で食べるのとはまた少し違って、ご飯がススむ感じ!

美味しゅうございました


洋野町の美味しい海の幸、山の幸を、これからもお伝えして行きたいと思いま~す


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

洋野町産の大豆を使った「農協みそ」

おはようございます。
ワンダイレクションの新しいアルバムがついに発売になると知り、思わず「完全生産限定盤」というのを注文してしまったケイティです。
ミーハー



さて。
去年、洋野町に引っ越して来たばかりの時、何よりも先に買った調味料が「味噌」でした。
たまたまたねいち産直ふれあい広場で見つけ、購入した農協の味噌。
一年間この味噌を使い続け、こないだ使い切ったところなのですが…。
すっかり気に入ってしまいまして。

関連記事はこちら
洋野町産の食材だけでお味噌汁を作りました♪



bDSC09016_20131110160324afe.jpg
リピート買いしに行きました!



bDSC09019.jpg
こちらが、味噌コーナー。
各種取り揃えられています。



bDSC09021.jpg
農協みそはコレ!



bDSC09020_20131110160331914.jpg
ケイティが去年買ったのは「並」だったのですが…。
今年は、奮発して「上」を買いました



bDSC09033_20131110160335289.jpg
じゃーん



bDSC09035.jpg
この赤っぽい色がいいのよねぇ…



bDSC09036.jpg
豆の粒は全然残っていません。
幼少時、味噌の粒々がなぜか苦手でお味噌汁を飲み干すのに大変苦労した経験のあるケイティとしては、こういう「ノン粒々」な味噌はとてもありがたいです。

さっそくこの味噌でお味噌汁を作って飲んでみましたが、やっぱり美味しかった…
うーん、並と上の違いって何なんだろう…?
と気になり始め、販売元の「JA新いわて みそ加工所」に聞きに行ってみることにしました!



bDSC09203.jpg
種市地区にある、JA新いわて みそ加工所です。
かなり昭和な香りのする建物で、昔は養蚕の工場として使われていたとか。
みそ加工所となったのは平成8年からなんだそうです。



bDSC09206_2013111314312855d.jpg
…ちょ!樽!!
ケイティの心とトキメかせる味噌樽がたくさん並んでいました!

味噌樽の関連記事はこちら
やっと出会い、衝動買いしてしまった「アレ」!



bDSC09212.jpg
こちらのお姉さまが、美味しい農協みそを作っている竹髙セキさんです。
樽の中を見せて下さいました~。



bDSC09213.jpg
…なんと!
こちらでは、大豆を蒸した後、潰さずにそのまま樽に入れて熟成させるんですって!
熟成した後にすり潰してなめらかにするらしいです。
味噌でも色々とやり方があるんですねぇ…。



bDSC09207_20131113143223e49.jpg
加工所の外を見ると…。
落花生のような、枯れた枝豆のようなものが干してあったのですが…。



bDSC09208.jpg
ケイティ、この時初めて知りました。

大豆って…、

大豆って…、





bDSC09210.jpg

枝豆がさらに育ったものだったの



bDSC09211.jpg
いやー、衝撃でした。
大豆が「元・枝豆」だったとは。

農協みその材料となる洋野町産大豆は、町内の各農家で作ったものを持ってきてもらっているそうです。
「畑の肉」とも言われるくらい、タンパク質が豊富で栄養価の高い大豆を、自分で育てられたらステキだなぁ…。
大豆作り、ケイティもやってみたくなりました。



bDSC09214.jpg
米麹を作っているところも見せてもらいました~。

並と上の違いは…。
並は豆と塩だけで作られているのですが、上には米麹も入っているそうです。



bDSC09217.jpg
ここで、米麹を見せてもらってちょっとびっくりしたのですが…。



bDSC09218.jpg
米と一緒に、大豆も入っていたんです。
こういうやり方もあるのか~。



bDSC09219_20131113143303b4d.jpg
竹髙セキさんからお話を聞いている間にも、ヒロネーゼ(洋野町民)が大豆を持ってやってきました!
これがウワサの「大豆持ち込み」ですね!



bDSC09220.jpg
美味しいお味噌になぁ~れ


ぜひ皆さんも、洋野町産大豆を使った農協みそを食べて見て下さいね


2013年1月の仕込み味噌作りレポはこちら
その1 その2 その3 その4 その5  
  


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【ひろの特産品】サグカレーラーメン新発売!

おはようございます。
矢継ぎ早にケイティです。


さて。
今日は、洋野町の特産品を使った新商品のご紹介です!



b20131113142153-0001.jpg
どーん

洋野町産の美味しい雨よけほうれん草を使った、

「サグカレーラーメン」(1箱2食入りで400円)です



bDSC09152.jpg
おおのキャンパスにあるグリーンヒルおおので、発表会が行われました。



bDSC09145.jpg
箱入りで、高級感のあるパッケージ。
贈り物にも最適です!



bDSC09170.jpg
試食も行われました。
ご飯とサラダもついてきて、炭水化物大好きなケイティはすっかりテンションUP



bDSC09173_201311131435174d7.jpg
麺にくっついている黒い粒のようなもの…。
これが、洋野町産雨よけほうれん草をペースト状にしたものなんですよ~。


地域の資源をいかした特産品を作って、たくさんの人に食べてもらいたい!洋野町を知ってもらいたい!
そして、第一次産業の活性化にもつながるように…と、ほうれん草農家の方々や、材料の加工をする会社の方々、スープや麺の専門会社の方々が協力し、2年の歳月をかけてようやく完成したのが、このサグカレーラーメンなのです。


※サグカレー…カレーの本場であるインドで、ほうれん草入りのカレーを「サグカレー」と言うそうです。「サグ」とは、インドの言葉で「青菜」というような意味だそうです。



bDSC09159.jpg
水上町長も、「こりゃウマい!」。
洋野町商工会の下舘(しもだて)会長も、感慨深げな表情です



bDSC09164.jpg
「カレーにラーメン」という新しい出会い。



bDSC09166.jpg
ケイティも食べてみましたが、エスニックなスパイスが効いていて、美味しかったです!
個人的にも、ここ最近スープカレーにハマっていることもあって、すごく気に入りました!
これはぜひ、家でも食べたい一品です。
…むしろ、純粋にスープカレーとしてご飯と一緒に食べてもイイかも!
付け合せ(?)に洋野町産の野菜とか鶏肉を使えば、かなりステキなメニューになりそう…



bDSC09175.jpg
商工会のお姉さま方も試食。



bDSC09169.jpg
新商品発売ともなると、新聞社の記者さんが取材しにやって来るのですが…。
近距離で写真を撮られながらの食事に、ついつい「いづいな」とハニカむ参加者の方も…。



bDSC09177.jpg
このサグカレーラーメンに雨よけほうれん草を提供している、洋野町で農業を営む北村さん。(写真右)。
岩手日報の記者さんに取材を受けているところを激写~



bDSC09190.jpg
発表会終了後…。
新聞記事掲載用に、トッピングが乗ったサグカレーラーメンが登場!



bDSC09185.jpg
撮影の裏側。



bDSC09182.jpg
PRモデルと共に…。



bDSC09184.jpg
うん、近いな。

アイドル評論家のヒビキ一郎ではありません。
「愛読者は全町民1万8千人!」の広報ひろのの編集カメラマンN根さんです。




11月13日から発売になったサグカレーラーメン。
現在はおおのキャンパスのゆうきセンターで販売しています。
順次、取扱店を増やしていくそうです。

スープカレーが好きな人、または、エスニックな味が好きな人にはぜひ食べてみてもらいたいです!
ご注文、お問い合わせは洋野町商工会(0194-65-4111)まで~










【おまけ】
bDSC09194.jpg
納得いく写真が撮れるまで、決して諦めないN根さん。
このサグカレーの美味しさが伝わる1枚を撮って、広報ひろのに載せたい!…という一心で、どんどん被写体に寄って行きます。



bDSC09195.jpg
近いです。



bDSC09197.jpg
いつだって被写体にがぶり寄り!


生産者からカメラマンに至るまで、みんなの思いが詰まったサグカレーラーメン
たくさんの人に食べてもらえますように…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

憧れのあの食材が、我が家に…!

おはようございます。
ようやく来年の手帳を買ったのですが、ガチなビジネス手帳をチョイスしてしまったケイティです。


さて。
先日、とある物を頂きまして。



bDSC08513.jpg
どーん。



bDSC08514.jpg
チラ。



このオレンジ色は…。
まさか…。





bDSC08515_20131102174307ef8.jpg
そうです!
カニです!
ワタリガニです!!

この日の朝、種市の沖合で獲れたんだそうです。



bDSC08516_20131102174310157.jpg
いやー、カニをもらうなんて初めてでして。
自宅の台所でカニをどうにかするなんて、今までカニカマくらいしか経験がありませんでした。
本当に人生で初めて、カニに包丁を入れました。



bDSC08517_201311021743129d3.jpg
とりあえず、永遠の憧れである「カニのお味噌汁」にすることに



bDSC08518_20131102174336b6d.jpg
カニのだしに期待。



bDSC08519_201311021743390c5.jpg
出来た~!!

いや~。
カニを入れて、味噌を入れて、しばし待っただけなんですけどね。
すっっっごく美味しいカニのお味噌汁が出来上がりました。

今まで、ちょっとお高めのお寿司屋さんとかでしか食べたことのなかったカニのお味噌汁。
まさか自分のうちの食卓に出てくる日が来るとは…。
とても有難い頂き物でした。

洋野町の海の恵みに、改めて感謝です


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【洋野の秋】菊の花のお味噌汁

おはようございます。
少なからずケイティです。


さて。
去年、岩手に来たばかりの頃、「菊の花を料理に使う」という食文化にケイティちょっと驚いたんです。
スーパーでも、菊の花びらのパック詰めみたいなのが売られていたり…。
じぇじぇじぇな感じでした。

関連記事はこちら
菊の花びらを食べる…?!
洋野町産の食材だけでお味噌汁を作りました♪


しかし!
お味噌汁に入れて食べてみたところ…。
シナシナというか、クタクタしたあの食感がイイ!!…と、すっかり菊の花びらにハマり、一時期はかなり食べていました。


…そして、今冬も…。



bDSC08116.jpg
菊の花ゲット!
たまたま立ち寄ったバザーで、超格安で菊の花を買う事が出来ました。



bDSC08203.jpg
花びらをむしりまして…。



bDSC08204_20131102174101f14.jpg
お鍋にin



bDSC08206_20131102174102a86.jpg
山盛りです。



bDSC08208.jpg
茹でて水気を切ったら…。
あとは冷凍保存です。

※トレーはもちろん大野木工。



bDSC08209.jpg
今回は小分けしやすいように薄めに広げてみました。



bDSC08210.jpg
ラップで密封。



bDSC08211.jpg
これで今年の冬も安心。
菊の花(食用菊)を食べるのは、東北地方ならではの食文化のようです。



bDSC09008_201311060741099f3.jpg
美味しくいただきました


…それにしても。
秋になってふと、「菊の花のお味噌汁が食べたい」と思ったんですよねぇ~。
ケイティも少し、東北に馴染んできているのかしら…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【洋野の秋】ゆうきセンターで見つけた、秋の実り。

おはようございます。
「かもる」と「のもる」と「まぶる」を覚えたケイティです。



bDSC06262_201309250854499ac.jpg
さて。
先日、久しぶりにゆうきセンターを訪れると…。



bDSC06263.jpg
秋を感じさせる商品コーナーが




bDSC06264_2013092508545793d.jpg
をををー!
松茸です!!

1パック5つ入って3000円。
超高級品ですね~




bDSC06265_201309250855019b1.jpg
「ほうき茸」なるキノコも。
どんな味がするのかな…?




bDSC06266_20130925085504f31.jpg
AKB発見!
(うん、アケビだね。)

ケイティ幼少の頃、実家の庭にアケビの木があったんですよ~。
実がなると、父親と一緒に食べた記憶が…。
懐かしいなぁ。

この時は買わなかったのですが、次にゆうきセンターに行ったらぜひアケビを買って久々に食べてみたいと思います!




bDSC06272.jpg
店内を見回すと…。



bDSC06267_20130925085537faf.jpg
牛柄のタオルが販売されていました!
これは多分、比較的新しい商品では…



bDSC06268.jpg
お土産にいかがでしょうか




bDSC06269.jpg
そして、ビックリしたのがこちら。



bDSC06270.jpg
「昔きみ」…?
とうもろこしが紺色になったような感じです。
なかなか衝撃的なお姿です。



bDSC06271_2013092508564893d.jpg
試食してみると…。
とうもろこしの水分が少なくなったバージョン…的な。
どういう時に食べるものなんでしょうか…、この昔きみは。



首都圏ではなかなかお目にかかれない食材がいっぱいのゆうきセンター
ぜひお買い物し来てみてくださいね


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

磯料理・喜利屋の「喜利屋重」を堪能してきました!

おはようございます。
インターネットで通販や会員登録をする際に、「岩手県で良かったな」と思うことがあります。
住所入力フォームとかで、都道府県を選ぶプルダウンメニュー(?)をクリックすると岩手県はすぐ出てくるんですよね。上から数えて3番目だから。
神奈川の時はスクロール必須だったので(しかもたまに行き過ぎたりして戻ったり)、今、岩手県で本当に良かったと思っているケイティです。
(そ…そこ




さて。
先週、久しぶりに磯料理 喜利屋(きりや)でランチして来ました。
生ウニ丼キャンペーンの時に行った以来だから、約2ヶ月ぶりかな…?



bDSC05841.jpg
平日だったにも関わらず、駐車場は車でいっぱい!
喜利屋の人気の高さが伺えます



bDSC05853_201309190858304b0.jpg
レトロな雰囲気が素敵な店内。



bDSC05844.jpg
お店の中には、南部もぐりのヘルメットが飾ってあったり…。
南部ダイバー推しのお食事処なんです。



bDSC05842.jpg
「さて、今日は何を食べようかなぁ~」…とメニューをめくり…。

「日替わりサービスランチ ¥680 」という文字が目に飛び込んできました。



…な、なぬー
ろっぴゃぐはつづうえん
(うん、急にズーズー弁になっちゃったね。)




bDSC05843_20130919085826339.jpg
なんと…、鶏の唐揚げ、スパゲティ、ご飯、お味噌汁、小鉢、お漬物、コーヒーまでついて680円とは!!
全米300万人が泣くほどの良心的価格です。


ケイティ、こちらの日替わりサービスランチを頼みたい気持ちをグッとこらえて…、



bDSC05846_20130919085915e4b.jpg
今回は「喜利屋重」をオーダー


この小鉢の白っぽい物…。
これ、食べてみて、初めての食感に「何だろう?」と思ったんです。
海の物とも山の物ともつかないような…。
ぬれ布巾のような、お布団のような…。
(どういう例え

お店の方に聞いたところ、「ゆうがお」という野菜であることが判明
こっちの地域では、炒めものなどにしてよく食べられていて、子供たちも大好きな野菜なんですって。
じぇじぇー\(‘jjj’)/



bDSC05848_20130919085920758.jpg
そしてお味噌汁。
ケイティが好きな菊の花びらが入っていました~。



bDSC05847_201309190859180fa.jpg
メインはうに丼!
しかーも、あわびが乗ってます!

いやー、美味しい。
やっぱり洋野町のうには美味しいなぁ。
あわびの食感もアクセントになっていてGOOD
もう、重箱の隅をつつくような美味しさです
(例えの使い方を完全に間違えてます。)



こっちでの「うに丼」は、うにの卵とじを白ご飯の上に乗せたものを指します。



bDSC05849.jpg
ホヤの贅を尽くしたダイバー定食を横目で眺めつつ…。



bDSC05850.jpg
バベルの塔。



bDSC05851_20130919085955a55.jpg
レジの横で、喜利屋オリジナルグッズを発見



bDSC05852.jpg
なんと、オリジナルプリントの手ぬぐいです!




bDSC05854_2013091908595964a.jpg
うわ~、めちゃめちゃめんこい!!
うにとホヤとあわびとワカメと南部ダイバー。
洋野町が「推し」ているものが全部入った手ぬぐい。
これはあまちゃんファン(種市先輩ファン)の皆さんにおススメしたいなぁ

皆さま、ぜひ、お土産や贈答品にいかがでしょうか~



磯料理 喜利屋 DATA
【住 所】  岩手県九戸郡洋野町種市17-47-1
【電 話】  0194-65-2971
【営業時間】 11:00~22:00(ラストオーダーは21:30)
【定休日】  木曜
磯料理 喜利屋 ホームページ


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。