ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

2014年 ふるさと交流まつり ~後編~

おはようございます。

「2014年 ふるさと交流まつり ~中編~」の続きです。



bDSC01356.jpg
ステージの上ではのど自慢大会が繰り広げられ、会場は最高の盛り上がりに。
去年も歌手レベルの歌を披露してくれた大粒来勇さん(中野地区出身)は、のちろん今年も歌ってくれました。




bDSC01355.jpg
大野地区が生んだ歌姫、三本木智子さん。




bDSC01352a.jpg
ふるさとを想いながら、心を込めて歌います。




bDSC01369.jpg
ふるさと交流まつりののど自慢大会の常連出場者と言えば、日當副町長。




bDSC01372.jpg
日當副町長が歌えば、ステージ下では踊り子も登場。




bDSC01378_20141119205732fde.jpg
…こ、これは一体どんなパフォーマンス!?




bDSC01384.jpg
だいぶフラッシュの光量が落ち着いてきたようです。



bDSC01399.jpg
フィナーレを飾るのは、会場みんなで踊るナニャドヤラ




bDSC01416_201411192057365d6.jpg
ステージの上に…。
あれれ、このハチマキ。
なんだか見覚えがある…?




bDSC01417_201411192059287cf.jpg
この方はもしや…、




bDSC01418_2014111920593190e.jpg
やはり!
去年も応援団風のエールでトリを飾った、井上さん!!(有家地区出身)
もはや毎年恒例のようです。




bDSC01420_20141119205932267.jpg
「VIVA LA ヒロネーゼ!!」(洋野町民万歳!!)




bDSC01421_20141119205933070.jpg
「VIVA LA ヒロネーゼ!!」(洋野町民万歳!!)

こうして、参加者の皆さんの気持ちが最高潮に達したところで、今年のふるさと交流まつりも無事に幕を閉じたのでした。
このイベントが終わると、「あ~今年ももう年末なんだな」って感じがします。





【おまけ】
bP1020179.jpg
実は会場内でも、洋野エモーションの写真を貼ってくれていました。




bP1020175_20141119205934e22.jpg
今までエモってきた、数々の名場面の中から選りすぐりのものを、何枚も貼ってくれていました(涙)。



P1020177a.jpg
洋野町を離れて首都圏で暮らす人達に、洋野エモーションの事知ってもらえたかな…?
「次に帰る時にエモってみるべかな」って思ってもらえたら嬉しいです


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

2014年 ふるさと交流まつり ~中編~

おはようございます。


2014年 ふるさと交流まつり ~前編~」の続きです。




bDSC01297.jpg
大野地区で生まれ育った皆さま。




bDSC01285.jpg
必殺、美白ショット。




bDSC01306_20141119205316610.jpg
ステージでは、歌や踊りのアトラクションもありましたよ~。
洋野町在住の「もみじ好友会」林さん&金澤さんで、演目は「歌魂」。




bDSC01312.jpg
山﨑さんの「出世坂」。





bDSC01317.jpg
小柏さんの「心機一転」。




bDSC01319.jpg
礒崎さんの「岸壁の母」。




bDSC01329.jpg
すごい。
これはブロードウェイ的な。





bDSC01328.jpg
ステージの中央で踊っていたは、大野出身の上森恵美子さん。
毎年この会の司会を務める、歌って踊れてトークが上手で着物が似合うステキ女子です。
ケイティの憧れなのであります。




bDSC01330.jpg
ギョギョーッ!
会場のあちこちで、ひょっとこやおかめのお面!?




bDSC01332.jpg
これはスゴい。




bDSC01333.jpg
東京大野つばさ会総出のパフォーマンスのようです。




bDSC01336.jpg
「人生で一度は身に着けてみたいものランキング」で、1位の「ダイヤモンド煌めくロレックスの腕時計」に続いて2位に選ばれたのが、「ひょっとことおかめのおめん」ですよ。
(ケイティ調べ)




bDSC01340.jpg
宴もたけなわ。




bDSC01341.jpg
ケイティも来年は着物着て参加するべか…。




bDSC01367.jpg
離れていても、ふるさとを思う気持ちは変わりません。


「後編」に続く…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

2014年 ふるさと交流まつり ~前編~

おはようございます。

11月16日(日)に東京で開催された、「洋野町ふるさと交流まつり」について3夜連続で紹介したいと思います!




bDSC01161_20141119204848d02.jpg
上野の不忍池。
開催場所は、この池のそばにある会場です。

「ふるさと交流まつり」は、上京した洋野町出身者で作る「東京大野つばさ会」と「在京たねいち会」が主催となって毎年開催しているイベントです。
東京のど真ん中で岩手訛りが飛び交う、素敵な催しなのです。




bDSC01194_20141119204851a0f.jpg
会場の受け付け付近には、東京大野つばさ会の今年度の活動を写真で紹介すていますた。
(うん、さっそくちょっと訛ってきちゃってるね。)




bDSC01191.jpg
会場へと続く階段には…。
洋野エモーションの写真も飾ってくれていました(涙)。




bDSC01157.jpg
去年の「洋野の四季フォトコンテスト」で入賞した作品も展示。




bDSC01221.jpg
350人の洋野町出身者・関係者が集まり、いよいよふるさと交流まつりが始まりました!




bDSC01227.jpg
…と、まるで会場に行っていたように書いていますが、実はケイティ、今年はふるさと交流まつりに参加できなかったのです…。
写真は特派員M澤氏より提供して頂きました。
ここから先は、ちょいちょいケイティの妄想を挟んでお伝えして行きます。
(え。そんなんでいいの?)




bDSC01238.jpg
水上町長の挨拶。
きっとこれは間違いない。




bDSC01258_201411192051053bd.jpg
「エンヤーコーラヤ~」
(うん、ドリフを連想しちゃったパターンね。)




bDSC01267.jpg
「さぁ!ニュートンの万有引力の実験をしてみよう!」




bDSC01270.jpg
東京大野つばさ会の会長、福島義雄さん。




bDSC01188_201411192052224a2.jpg
洋野町の特産品コーナーも大人気でしたよ~




bDSC01274.jpg
懐かしいふるさとに思いを馳せながら。




bDSC01275.jpg
それにしても気になるのは…、




bDSC01276.jpg
特派員のM澤さん、ちょいとカメラのフラッシュが強すぎやしませんか(笑)。




bDSC01278.jpg
美白のCMに出られる勢いです。


「中編」に続く…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

JR八戸線子ども一日車掌体験 ~その2~

おはようございます。
昨日の「おばんです岩手」、見ましたか?
番組は18時10分からだけど、洋野エモーションの特集は18時半頃からでしたね。
まだかまだかと思いながら20分待ったあとのエモ映像に感激して、目頭が熱くなったケイティです。
カメラマンさんどうもありがとう!!


さて。
JR八戸線子ども一日車掌体験 ~その1~」の続きです。




bIMG_6575.jpg
JR八戸線の社員さん達の粋な計らいで、「子ども1日車掌体験」として、八戸線の列車に乗って本物の車掌さんと一緒にお仕事を体験させてもらうことになった、洋野町立宿戸小学校の児童2名。
5年生のR君は、宿戸駅を通る時のアナウンスで「僕たちが通っている宿戸小学校は宿戸駅の目の前にあります。」「洋野町は、岩手県で有名なウニ、アワビ、ホヤの産地です。」…という地元のPRを立派にこなし、お客さん達から盛大な拍手をもらっていました




bDSC04916.jpg
あっという間に種市駅到着。
ここで一旦降ります。




bIMG_6595.jpg
八戸に向かうリゾートうみねこを見送る2人。
中のお客さんやJRの社員さん達みんなが手を振ってくれました。



bDSC04921.jpg
少し休憩を取り、再びホームに戻ると…。
久慈行きの下りの列車が入ってきました~。
今度はこ列車に乗って、再び車掌体験を続けます。




bDSC04925.jpg
「こんどはどんなお仕事するの~?」
車掌さんとも打ち解けてきた2人。




bIMG_6620.jpg
列車内を歩く姿がもはや頼もしく見えるR君。




bDSC04932.jpg
八木駅にて。
笛で合図をする車掌さんを見ながら、ホームに異常がないか確認し、出発します。




bIMG_6629.jpg
侍浜駅で笛を吹かせてもらった時は、久慈駅の出発時よりいい音がでるようになってたね!




bDSC04935_20141110214832250.jpg
「しゅっぱーつ、しんこー!!」

ちょっと他の地域ではここまでのリアルな体験はできないんじゃないかというくらい、本格的でスペシャルな今回の車掌体験。
R君もMちゃんも、「地元が大好き!」「八戸線が大好き!」…という気持ちをずーっと持ち続けてもらえたら嬉しいな



bIMG_6601.jpg
最後に、乗客の皆さまにお礼のアナウンス。



bIMG_6634.jpg
見て下さい、この表情。
最後までやり遂げた、キラキラの笑顔。
ケイティまでとっても誇らしく感じました。




bIMG_6668.jpg
久慈駅に戻って来て、今日の体験は無事に終了…。
JRの八戸運輸区の赤峰区長さんより、記念品をプレゼントしてもらいました。
最後の最後まで心のこもった対応に、ケイティ感動しっぱなしでした。




bIMG_6674.jpg
夕暮れの久慈駅前。



bIMG_6683.jpg
人、風景、思い、鉄道。
他の地域ではできない事ができる洋野町。

この地域に来て本当に良かったな~と改めて思ったケイティなのでした…


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

JR八戸線子ども一日車掌体験 ~その1~

おはようございます。
今日は、夕方18時10分からの「おばんです岩手」で洋野エモーションについて放送されるようなので、ぜひともテレビにかじりついて見てほしいケイティです!




さて。
10月上旬の話なのですが…。
洋野町ならではの、それはもう素敵な企画が実施されました。
その時のことを、今日は特別にレゲエのリズムに乗せてお伝えしたいと思います。
(うん、できるだけ普通どおりに伝えてもらえるかな?)




bDSC04828_20141110212009abd.jpg
10月11日(土)。
JR八戸線の久慈駅です。




bDSC04829_20141110212010e1d.jpg
ホームで停車中の東北エモーション発見!

いつも洋野町をにぎわせてくれる東北エモーションですが…。
実は、この日の主役は他にいるのです。



bDSC04831_20141110212012c41.jpg
JRの社員さん達の控室にて。
何やら人が集まっています。




bDSC04873.jpg
じゃじゃーん!!

YES!! JR!!
なんとこの日は、洋野町立宿戸小の児童2人がJR八戸線の列車に乗らせてもらって、車掌さんのお仕事を体験する…という、ものすごいスペクタクルでノンフィクションな企画が実施されたのです!

きっかけは…。
今年の夏、通学でJR八戸線の列車を利用している宿戸小の子ども数名が、「運転手さん、車掌さん、いつもありがとうございます。」というお手紙をJRに送ったそうなんです。
それを読んで感動してくれたJRの社員さん達が、「ぜひこの子ども達を列車に乗せてあげたい!自分達の仕事を体験してもらいたい!」と、今回の一日車掌体験を考えてくれたそうなんです。

子ども達の気持ちに応えてくれたJRの社員さん達の心意気に感動…




bDSC04853.jpg
まずは、久慈駅発のリゾートうみねこに乗って車掌さんのお仕事を体験。
一般のお客さん達の乗車時間の前に、一足先に列車内に入らせてもらい、車内アナウンスの練習をしました。




bDSC04857.jpg
宿戸小学校5年生のMちゃん。
緊張していたけど、車掌さんのお手本通りにしゃべることができました。




bIMG_6596.jpg
しゃべる内容を、ちゃんとメモ用紙に書いてきていました~。




bIMG_6536.jpg
いよいよ、一般のお客さん達の乗車時間です。
ホームに立って、「こんにちは~!」とご挨拶。




bDSC04868_2014111021212031f.jpg
初めての場所で、しかも大人ばかりの中で緊張してしまっている宿戸小の2人に対し、車掌さん達が気さくに話しかけてくれたりギャグを言ったりと、和やかな雰囲気を作ってくれました。




bIMG_6547.jpg
出発直前。笛を吹いて合図を出します。




bDSC04878.jpg
いよいよ、リゾートうみねこが動き出しました。




bIMG_6554.jpg
まずは先頭車両で乗客の皆さまにご挨拶。
温かい拍手で迎えてもらいました~。




bDSC04880_20141110212220b19.jpg
また別の車両でもきちんとご挨拶。




bIMG_6567.jpg
続いて、切符の改札です。
上手に押せたね!
宿戸小の4年生、R君です。




bIMG_6568.jpg
それにしても、リゾートうみねこのこの斜め椅子(?)、すごくないですか?
45度回転するらしいです。
こんな豪華な車両ながら、特急列車じゃなくて普通列車だから驚き…。

※リゾートうみねこは土日のみの運行です。




bDSC04886_2014111021233683a.jpg
Mちゃんも上手に押せました。



bDSC04890.jpg
ケイティも改札してもらいましたよ~。



bDSC04894_20141110212339302.jpg
リゾートうみねこは、窓が大きくとられていて、とっても眺めがいいのです。


さてさて。
MちゃんとR君の車掌体験は明日も続きます。
お楽しみに~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

第8回 洋野町民体育祭 ~後編~

おはようございます。
寒くなってくると、牛乳から煮出す「ロイヤルミルクティー」で寛ぎのティータイムを過ごすケイティです。



さて。
昨日お伝えした「第8回 洋野町民体育祭 ~前編~」の続きです。



bDSC04051.jpg
小学生のちびっ子が、おじいちゃん・おばあちゃんと2人1組になって参加する競技、「孫と一緒に」。
微笑ましい姿が見られることで有名です。



bDSC04050_20141008170010ebc.jpg
ギュッと手をつないで。



bDSC04053_20141008173320911.jpg
孫をひっぱって走るじいちゃん。




bDSC04058_201410081733229a2.jpg
ばあちゃんをひっぱって走る孫。

さまざまな家族の姿を見ていると、こちらも笑顔になってきちゃいます。



bDSC04088_2014100817340705d.jpg
会場を熱くする競技「台風の目」。



bDSC04098.jpg
遠心力が生じるため、5人の力配分をうまく調節しないと、一番外側の人は振り落とされたりもするわけで。
チームワークが重要な競技なのです。



bDSC04105_20141008173412c94.jpg
ティーンエイジャー。
若さと勢いで突き進め!



bDSC04102_20141008173412a57.jpg
壮年世代も負けていません。




bDSC04106_2014100817341291a.jpg
レディース旋風。




bDSC04109_2014100817345184a.jpg
ところで、この赤白しましまの三角錐状のもの…。
どうやら「パイロン」と呼ばれているようなのですが、ケイティ実は「三角コーン」と呼んでた派です。




bDSC04087.jpg
洋野上空を飛んで行った、カッコいい飛行機。
確か去年の体育祭でも見かけたんだったような…。




bDSC04124.jpg
むかでレースも大盛り上がり!




bDSC04125_201410081734545c2.jpg
みんなで掛け声をかけて、足並みをそろえます。




bDSC04137.jpg
いい笑顔!




bDSC04145.jpg
つまづく事で、強くなるのさ。


この後、体育祭の最後を締めくくる「地区対抗最強リレー」が行われたのですが…。
選手の皆さんの走りが速すぎて、カメラに収めきれず。
来年はちゃんと激写できるよう、もっと写真の腕を磨きたいと思います!

最強リレーで優勝した帯島チームの皆さん、おめでとうございます~
そして、選手として、応援団として、スタッフとして参加した全てのヒロネーゼ(洋野町民)の皆さん、お疲れ様でした~


去年の町民体育祭についてはこちら
第7回 洋野町民体育祭 ~開会式・競技開始!~
第7回 洋野町民体育祭 ~孫と一緒に・心をひとつに~
第7回 洋野町民体育祭 ~ボール送り競争・台風の目~
第7回 洋野町民体育祭 ~障害物競走・風船割り~
第7回 洋野町民体育祭 ~むかでレース~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

第8回 洋野町民体育祭 ~前編~

おはようございます。
夜に車を運転していて、対向車と自分とでお互いに上向きライトを下向きにした瞬間に、ちょっと「ほんわか」した気持ちになるケイティです。


さて。
9月21日(日)に行なわれた「第8回 洋野町民体育祭」の様子について、ところどころ抜粋してお伝えします。



bDSC03900_201410081658182a7.jpg
会場は、種市運動場。



bDSC03892_201410081658125fd.jpg
町内の26地区から、約2800人が参加!




bDSC03897_20141008165815124.jpg
水上町長も登場!




bDSC03894_20141008165813e24.jpg
国旗掲揚。




bDSC03899_2014100816581671d.jpg
地区ごとの旗。
よく見ると、地区のマーク(?)が描かれていたり。
それぞれに歴史を感じます。




bDSC03903.jpg
選手宣誓は、鹿糠チームの中村さん。
旗に囲まれて堂々と宣誓しました!



bDSC03908_2014100816592628c.jpg
レディオ体操。




bDSC03910_20141008165928ed5.jpg
こういう町の行事で、洋野版の「ご当地ラジオ体操」が流れたらいいのにな~
どうしたらいいんだべか。




bDSC03913_201410081659292e7.jpg
いよいよ競技が始まりました!
幼稚園のちびっ子達による「わんぱくレース」です。
10メートル程先にあるお菓子を取って戻る…という、非常に難易度の高い競技です。




bDSC03914_2014100816593155e.jpg
お菓子よりも、お母さんに駆け寄って行っちゃったパターン?




bDSC03995.jpg
会場には、いたる所にプランターの花がかざってあったのですが…。
これは、2016年のいわて国体の開催に向けて、全国から訪れる人を花いっぱいの町で“おもてなし”する「花いっぱい運動」の一環なのです。




bDSC04003_20141008170006dc4.jpg
100メートル走。
みんな風のように軽やかに駆け抜けて行きました。




bDSC04034_20141008170007b78.jpg
声援を受けながら。




bDSC04048.jpg
迫力ある走りを見せた男子選手。

種市地区と大野地区が一緒になって、老若男女が集まって体を動かすというのは、とってもいいなぁ~。
交流も生まれるし、「洋野町民」という繋がりが強くなるような気もします。

続きはまた明日~



去年の町民体育祭についてはこちら
第7回 洋野町民体育祭 ~開会式・競技開始!~
第7回 洋野町民体育祭 ~孫と一緒に・心をひとつに~
第7回 洋野町民体育祭 ~ボール送り競争・台風の目~
第7回 洋野町民体育祭 ~障害物競走・風船割り~
第7回 洋野町民体育祭 ~むかでレース~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【平成26年度 洋野町 花いっぱいコンクール】角浜地区 みのりグループ

おはようございます。
なぜか夢に磯野貴理子姉さんが出てきたケイティです。
夢判断はいかに…?



さて。
昨日に引き続き、洋野町の「花いっぱいコンクール」にて上位になった花壇の紹介をしたいと思います。
今日は、団体の部で2位になったところです!



bDSC03732_20140922161752665.jpg
じゃ―――ん
伝吉地区の町道沿いにて。



bDSC03735_20140922161754803.jpg
伝吉地区の生活改善グループ「みのりグループ」の皆さんが植えた花壇です。
代表者であるトミさんが、偶然にも畑仕事の最中で花壇の近くにいたんですよ。
アポなしでも会えるなんて、ケイティついてる~




bDSC03770.jpg
赤、オレンジ、黄…と来て紫!…という配色、町内では結構よく見かけます。
不思議と言えば不思議なのですが、「秋の洋野」っぽくて好きです




bDSC03731.jpg
年季入ってるなぁ~。


ところで、花壇はこれだけにとどまりませんでした。
なんと、トミさんが1人で植えた花壇が、なんと「個人の部」で1位になった!…とのこと

見せで見せで!
トミさん花壇見せでけで!!








bDSC03745_20140922161757dbb.jpg
どーん


えー!
何これ!
テーマパーク!?
長崎オランダ村かハウステンボスかと思ったわ!!
「庭の花壇」ってレベルじゃないよね!?




bDSC03741_20140922161756412.jpg
毎日見回って、しおれた花を1つ1つ取り除くトミさん。
こういったコツコツ地道な作業が、花壇、いや、フラワーガーデンを綺麗に保つ秘訣のようです。




bDSC03746_20140922161834f4d.jpg
木の切り株の横に、一本だけ咲いていた彼岸花。

実はこの広いお庭、うっそうとした松林だったそうなんです。
でも、松の木もかなり大きくなり、そのうち木が倒れてきたりしたら危ない…ということで、今年の4月に全部切ったそう。
それで一気に見晴らしがよくなった敷地に、トミさんが趣味で植えたのがこの素晴らしいフラワーガーデンなのです。




bDSC03747_20140922161841d51.jpg
不思議な蔦。
木の切り株を土台に育ったらしいです。
何となく形がふなっしーっぽいな…




bDSC03753_20140922161842218.jpg
もし、極楽浄土が本当にあるなら、こんな感じなのかな…。

もうね、花から伝わるんですよね。トミさんの愛情が。
ケイティちょっとウルっと来てしまいました…。




Tommys Flower Garden
こんな感じで看板作って立ててもイイですかね…?




bDSC03758.jpg
そして、トミーズフラワーガーデンは自宅の前だけでなく、裏庭にも!



bDSC03764.jpg
中庭にも。



bDSC03765_20140922162012639.jpg
隅から隅まで、花が咲き乱れていました。


もしかすると、窓岩以上の観光スポットになり得るんじゃないか…というくらい「人を感動させる力」を秘めたトミーズフラワーガーデン。
満開のシーズンが終わるまえに、ぜひぜひ、皆さま一度見に行ってみて下さいね~!





コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【平成26年度 洋野町 花いっぱいコンクール】城内・滝沢・大沢地域づくり委員会

おはようございます。
昨シーズンの秋冬物を、最近ようやくクリーニングに出したケイティです。
(うん、だいぶ周回遅れだね。)




先日、洋野町内の花壇を対象に、綺麗さを競う「花いっぱいコンクール」の選考が実施されました。
そこでまずは、団体の部で1位に選ばれた花壇を見に行ってきましたよ~♪



bDSC03685_2014092216134421d.jpg
さて、ここはどこの地区でしょう…?
分かったあなたはかなりの洋野通と見た!



bDSC03686_20140922161345cb8.jpg
そうです。
城内地区です。



bDSC03693_20140922161352c15.jpg
ここは、花壇が見やすいように「やぐら」が組まれているのが素晴らしいですよね。
ケイティ、どきどきしながら登ってみると…。




bDSC03696_2014092216135061d.jpg
なんということでしょう!!
今年のテーマは「ボンカレーゴールド」ではありませんか!!



bDSC03698.jpg
「違う違う、そうでねぇ。ボンカレーゴールドでねえっきゃ。」




bDSC03692_20140922161348c18.jpg
なんと、ボンカレーゴールドと見せかけての「地域の輪○」がテーマでした!!
城内・大沢・滝沢の、旧城内小学校区の3地区の有志の皆さんが力を合わせて植えたのです




bDSC03700_20140922161458c22.jpg
しばし見とれるモグっぺ。




bDSC03702.jpg
ケイティが写真を撮りに行ったのは8月21日。
とってもいいお天気で、花も満開に近く、ベストタイミングでした

それにしても、もはや「花壇」を超えて、「お花畑」の域に達しています。
見事です!!



bDSC03701_2014092216150076d.jpg
思い余って、マリーゴールドの海にダイブしたモグっぺ。




bDSC03705_20140922161503405.jpg
道路を挟んだお花畑の向かいには、秋を知らせるコスモスの花が…。




bDSC03706.jpg
種市岳(階上岳)をバックに。



bDSC03708_201409221616141f6.jpg
秋の涼しい風を受け、ノスタルジーに浸るモグっぺ。




bDSC03710_2014092216161621d.jpg
さらに…。
お花畑から少し離れたところにも、こんなに綺麗なマリーゴールドの花壇がありました。
黄色とオレンジをランダムに植えるのもまた素敵ね~



bDSC03713.jpg
ここでもまた、湧き上がる衝動を抑えきれずダイブ。
さすが南部もぐりの妖精モグっぺ。
根っからのダイバー気質のようです。

それにしても、城内地区のマリーゴールド畑。
本当に美しかったです。
まだ見てないという方、ぜひぜひ見に行ってみて下さいね~!
年賀状用の写真に、子供さんと一緒に撮影しに行ってもイイかも…?

ちなみに、去年の様子はこちらをどうぞ
【花と緑の洋野町】城内地区の花壇



はてさて。2位になったのはどこの地区の花壇かしら…?
明日をお楽しみに~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

おおさわサマーフェスティバル2014 ~後編~

おはようございます。
重曹に引き続きクエン酸もgetし、環境に優しく水回りを綺麗にしようと思っているケイティです。
酸性の汚れには重曹、アルカリ性の汚れにはクエン酸がいいんだって~



さて。
おおさわサマーフェスティバル2014 ~前編の続きです。

キョーレツな南部弁のトークで、会場中を大興奮の渦に巻き込んで登場したイサバのカッチャ。
どんな「笑(ショー)」を見せてくれるのでしょうか…?


bDSC02648.jpg
「イサバのカッチャ」は八戸の陸奥湊で働くイサバのカッチャをモデルにしているそうなのですが…。
八戸と言えば南部弁。
しかし、南部弁は最近の子ども達はほとんど話さなくなってきています。
カッチャ情報によると、「津軽弁を大切にしたい」と思う津軽の若者は68%なのに対し、「南部弁を大切にしたい」という南部(旧南部藩地域)の若者は28%なんだとか。
そこで、「南部弁をもっとみんなで話そう!」という方言ネタのコントが始まりました。

ご飯をおかわりする時に、標準語だと「いっぱい」「普通」「少し」の3つしかないけど、南部弁だと表現がいっぱいあるそうで…。



bDSC02649.jpg
「わんつか」

わんつかキターwww
言わずと知れた、「わずか」が訛った言葉で、「少し」を意味しています。



bDSC02650.jpg
「ちょぺっと」

初めて聞いたーwww
カッチャの説明によると、わんつかよりも少ない時に使うらしいです。



bDSC02651_201408141400004ed.jpg
「いっぺぇ」

これは東京の人にも比較的わかりやすいかも。
「いっぱい」の意味ですね。



bDSC02652.jpg
「ずっぱり」

周りのお客さん大爆笑。
「いっぺぇ」より多いことを表す方言のようです。
やっぱりみんなわかるんだなぁ~。



bDSC02653.jpg
「がっぱり」


周りのお客さん、更に大爆笑。
ケイティも、意味は分からないながらもとりあえずつられて笑っちゃう状況に。
「ずっぱり」よりももっと多い状態を表す言葉のようです。



続いて…。
病院で見聞きした、「体の症状を表す方言」も披露してくれました。



bDSC02654_20140814140041553.jpg
「えがえが」

喉がえがえがする…という風に使うようなのですが…。
「いがいが」みたいな感じかな?



bDSC02655_2014081414004288b.jpg
「ほつっと」

えー!
全然わからん!
でも、周りの人みんな爆笑。
あとから調べたら、のどがむせるような状態を「ほつっと」と言うらしいです。



bDSC02656.jpg
「ベロでで」

難易度たかー!
「べろ」って、「舌」のことだけじゃなくて「唾液」とか「よだれ」を指す場合もあるそうで…。
「よだれが出て」ってことかなぁ…?



bDSC02657_20140814140045a5c.jpg
「エロガラ」

え!?どういうことなの!?
会場の大ウケ度はハンパなかったです…。



bDSC02658.jpg
「目がパッつらめで」

これはカッチャのジェスチャーでなんとなくケイティもわかった!
どうやら、「目がしぱしぱする」もしくは「目がチカチカする」という事のようです。



bDSC02659_20140814140121005.jpg
「もげそった」

何かの匂いなどがきつくて、「鼻がもげそうだ」「鼻がとれそうだ」という時に使うらしいです。



bDSC02660_20140814140119d2d.jpg
「きっくらへんき」

いや~、会場は最高潮に笑ったなぁ。
地元の方言ネタでこんなに盛り上がるって素晴らしいなぁ。
ちなみに「きっくらへんき」って、「ぎっくり腰」のことらしいです。



bDSC02661_2014081414012127b.jpg
コントが終わると、会場のお客さんにステージにあがってもらい、「うみねこの鳴き声コンテスト」をやったり…。



bDSC02668.jpg
最後は、イサバのカッチャの持ち歌の「青森」という曲を聴かせてくれました!
これがね、お笑いとかの域を超えて、ふるさとを思う気持ちがすっごく伝わる歌でね…。
ふるさとにずっと住み続けている人にも、お盆でふるさとに帰ってきた人にも、ふるさとの大切さを感じさせてくれました。
海あり山ありの、自然いっぱいのふるさとがあるっていいなぁ…。
ケイティ、もう洋野町がふるさとみたいだなぁ…、なーんて思ったりして、涙で目が潤んできました。



bDSC02670.jpg
1時間くらいだったのですが、あっという間だったイサバのカッチャのショー。
ステージを降りた後は、再び会場の皆さまに握手…。



bDSC02674.jpg
カメラに気づくと、ちゃんと手を振って応えてくれます。
さすがカッチャ。
それにしても、来賓席にめちゃめちゃ馴染んでるなwww



bDSC02676_201408141402032d2.jpg
サインも書いてくれたり。



bDSC02680.jpg
写真撮影にも快く応じてくれました。



bDSC02683_20140814140206800.jpg
更には、テントの中でお客さんの呼び込みもしてくれたり。

イサバのカッチャすごい…。
南部の底力を感じました。
「カッチャが元気になれば家族が元気になる、家族が元気になれば日本が元気になる!」という言葉にもグッときました。
たぶん、会場にいた人達みんな元気をもらったんじゃないかしら…。
少なくともケイティはかなり勇気と希望を与えてもらいました!
歌って踊って(&訛って)地域の人を笑顔にするって素敵だなすー!
栃木弁の○字工事、博多弁の華○大吉みたいに、イサバのカッチャもテレビにたくさん出て南部弁を広めてくれたらいいなぁ…。



bDSC02684_201408141402281e9.jpg
ところでイサバのカッチャは、「イサバのカッチャ」という芸名なのかと思っていたら…。
十日市秀悦(とおかいち・しゅうえつ)さんという方の、ネタの1つが「イサバのカッチャ」なんだそう。

今回のステージを見て、イサバのカッチャはただお客さん楽しませるだけでなく、南部の広報大使的な役割も果たしてるなぁ…と思ったして…。
おおさわフェスティバルの取材のつもりで、比較的ライトな気持ちで会場にやって来たケイティでしたが、とっても感動し胸いっぱいで会場をあとにしたのでした…。
イサバのカッチャに弟子入りしたい勢いです


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります