ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

【NEW OPEN】おなかサロン ponpon

おはようございます。
今年も残すところあと10日程ですが、クリスマスクリスマスしてなければ正月正月もしてない、洋野町のこの淡々と時間が過ぎて行く感じがすっっっごく好きなケイティです。



さて。
先日、平内駅に行って来ました



bDSC00384.jpg
THE HIRANAI STATION.



bDSC00386_20131212170935ff0.jpg
とても眺めのいい平内駅。



bDSC00387.jpg
実は、平内駅からすぐの所に新しいお店が出来たと聞き、取材しに行って来たのですが…。



bDSC00382.jpg
「駅から徒歩1分」どころか「駅から徒歩10歩」くらいの勢いですwwww



bDSC00388_20131212170945c21.jpg
こちらです!
「おなかサロン ponpon」
12月1日にオープンしたばかりなんです。


「おなかサロン」って何だろう…?ということで、ここで軽く紹介しますと…。



ponponチラシb
おなかサロン ponpon ホームページ

「インテスタージュ腸セラピー」や、その他にもいくつもの「食べて健康になる」講座メニューを通して、「食生活の見直しを始めとした、ライフスタイルをもっと楽しくする方法」を東北から発信していこう!…というサロンなんです。

「インテスタージュ腸セラピー」って、私は初めて聞いた言葉だったのですが…。
腸は、自然免疫を司る重要な場所で、栄養吸収・排泄と、生きていくために不可欠な臓器です。
腸を通して身体全体のバランスをとる方法が、インテスタージュ腸セラピーなんだそうです。
「腸もみ健康法」…と言うと分かりやすいかな?




bDSC00389.jpg
中に入ると…。
おシャレなお家のリビングのような空間

写真右が、インテスタージュ腸セラピストの堀米裕子(ほりまい ゆうこ)さん。
裕子さんの隣に写っているのが、東北初・男性ローフードマイスターであり裕子さんの旦那様のhicoさんです。

そして…、hicoさんが抱っこしているのは…!
10月に生まれた、お2人の赤ちゃんなんです。
とっても小さなお手ての、かわいいかわいい女の子です



bDSC00395.jpg
可愛いぬいぐるみや、アロマオイルなどがオシャレにディスプレイされた棚。




bDSC00403.jpg
改めて、インテスタージュ腸セラピストの裕子さん。
ご自身の様々な経験を通して、「腸を元気にすることで、 身体も心も元気になっていく」ということを知り、
「みんなの腸が元気になって、みんなの身体もこころも元気になるお手伝いをしたい!」という思いで、ここ平内でサロンを開きました。

また、裕子さんはアロマテラピーや調理師の資格も持っていまして。
「日々の食事が、いかに大切か」を伝えて行くことで、例えば、家族のためにと一生懸命なママさん達が正しい食の知識や情報を持っていればもっと家族を幸せにしてあげられる…。
「できるだけ楽しんで、家族を健康でハッピーにする」ということに取り組んでいます。


見た目は、小柄でとってもほんわかした雰囲気の裕子さんですが、「洋野町で子育てをして行く」という決心をし、「洋野町で子育てをしたい!…と思うお母さんを増やしたい。」「体の不調などで悩むたくさんの人に、洋野町に来て元気になってもらいたい!」…という熱い思いを持っています。
ケイティも、お話を聞いていてとっても感銘を受けました。



bNHKkouza.jpg
来月、八戸のNHK文化センターで、お2人ともそれぞれ講座を受け持つそうです。
hicoさんの「スムージー&プチ酵素講座」は既に定員に達したとか…



bDSC00407.jpg
こちらが、インテスタージュ腸セラピーの施術を受けるお部屋。
「腸セラピー」って、具体的に、どんなことをするのかと言うと…。
腸をマッサージする(揉む)ことで、お腹にある無数の免疫機能を司る無数のリンパ節を刺激し、蠕動運動(消化器官の収縮運動、排泄)を促進・自律神経系の調整などに効果があるそうです。

腸って、普段全く意識していないけど、人間が寝ている間もず~っと動き続けている臓器で、現代の食生活だと合成添加物の入ったものや、精製させた食物などなど、腸で吸収しきれずに残ってしまうものをたくさん摂取してしまっているんだそうです。
そうして知らず知らずのうちに腸にダメージを与えてしまい、それが体や心の不調につながることも多いんだそうです。

ケイティもこの日、裕子さんに少しだけ腸のマッサージをしてもらいました。
いやー、ビックリしました。
ケイティ、実はすごくお腹が出てるんですよ。もう20歳前後の時から、「お腹だけポッコリ出てる」と言われ続けて来たので、気の迷いでないことは確かです。
そんな「ポッコリ」の原因は、お腹の脂肪だと思っていたのですが…。
裕子さんにお腹を触ってもらって、自分の腸がパンパン(?)になっているのが分かりました。
もう、強く触ると痛いくらいで。
しかも、常に胃腸がスッキリしていない状態だったことにも気づくことができました。
よくよく考えると、いつも胃腸がもたれた感じだったんです。
子供の頃から、やたらお腹こわしやすいし…。
悩みごとがあると、食欲落ちたりすぐ胃腸の調子がおかしくなるし。
ケイティの腸、健康な状態ではないのかも…。


皆さんの腸はどんな感じですか?
いつもスッキリしてますか~?



bDSC00408.jpg
腸セラピーの施術を少し体験させてもらったあと、テーブルに戻ると…。



bDSC00409.jpg
hicoさんが作った、特製スムージーが!

hicoさんは「ローフードマイスター」の資格を持っているのですが、この「ローフード」が何かと言うとですね…。
まず、人間が生きて行く上で、体内に必要なものの1つに「酵素」があるのですが…。
この酵素は、人間(…というか生物全般)が物質を食べて消化する段階から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関わっているそうで、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせないものなんだそうです。
酵素が不足すると、血液がドロドロになって動脈硬化を引き起こしたり、代謝機能が低下して太りやすい体質になったり、なんとなく調子が悪い、身体が重いといった漠然とした不調も実は酵素不足が原因…というケースも多かったりと、色々な悪影響を及ぼす可能性があるそうです。

…が、しかし。
人間は、体内に持つ酵素の数が決まっていて、一定量しか生産されないんだそうです。
そこで、食べ物から酵素(食物酵素)を摂取すると、消化や吸収を助けたり、代謝をよくしたり、心と体の調子を整える手助けをしてくれることになるんです。


野菜や果物には酵素がたくさん含まれているのですが、加熱(48度以上)すると酵素が失われてしまう特製があります。
そこで、酵素を効率よく摂取するために加熱しないで調理したお料理を「ローフード(raw food)」と言うんだそうです。
wikipedia ローフード




bDSC00413.jpg
バナナ、キウイ、アボカド、キャベツ、レモン汁と水だけで作ったスムージー。
あえてミキサーをかけすぎずに食感を残し、なんと、「食べるスムージー」として出してくれました。
噛むと唾液が出て、消化にいいんだそうです

最近、「スムージー」っていうと、若い人の間で流行っているオシャレな飲み物…というイメージがありますが、実は、ローフードの代表格でもあったんですね~。
ただ、いくら生の果物や野菜が入ったスムージーでも、精製された砂糖(白砂糖)や香料・着色料といった合成添加物が加わってしまうと本末転倒な部分もあるかと思いますので…。
ご自身で作る際は、自然界にあるものだけを使うといいのかな…と思います。

今後は、洋野町の食材なども積極的に使い、「洋野町産食材のローフード」なんかも提案できたらいいね!…なんて話で盛り上がりました。



bDSC00896_20131216125301dbe.jpg
最後、裕子さんが書いてくれた、食生活アドバイスのメモ。

まさかの、一番上に「炭水化物は控えめに」wwwww
ケイティの今までの食生活がNGすぎてwww
でも、炭水化物でも精製していないもの…、たとえば玄米とか全粒粉の小麦粉を使ったものなら良いらしいです。

そして、整腸作用効果があるというキャベツ!
もう、この次の日には産直にキャベツ買いに行きましたよ~。
毎日少しずつ、キャベツの千切り食べてます。
実は、キャベツってパサパサしたイメージがあって、生で食べるのがあまり得意ではなかったのですが…。
洋野町産のキャベツって、みずみずしくって食べやすいんですね!
消化がよくなるように、よ~く噛んで食べてます。


この日は、裕子さん・hicoさんご夫婦とあまり長くお話はできなかったのですが…。
栄養や消化について、今まで知らなかったことを学ぶことができました!
腸と食事を意識し、心と体の健康をサポートし、みんなをハッピーに!…という、素敵な裕子さんとhicoさんご夫妻。
ほのぼのしたお2人から、とても穏やかながらも熱いパワーを感じました。

やはり、人にしても、場所にしても、食べ物にしても…、洋野町の潜在能力はハンパない!…と、ケイティ確信しましたよ。


そして、裕子さんは実は…。
12/21(土)に「洋野町民大学」にて、「自分でできるインテスタージュ腸もみ教室」というテーマで講師をするんですよ~。
ケイティさっそく申し込もうとしたら、「もう予約でいっぱいです」と言われました…
興味を持っている人がたくさんいるようで、嬉しいですね。
当日は、取材だけさせてもらおうと思ってます

洋野町HP 平成25年度ひろの町民大学開講の案内
平成25年度ひろの町民大学年間スケジュール



おなかサロン ponpon(完全予約制) DATA
【住 所】   〒928-7912 岩手県九戸郡洋野町種市36-4-4(JR平内駅前)
【電 話】   0194-75-4730
【H P】   http://cho-raw-ponpon.jimdo.com/
【ブログ】   http://ameblo.jp/cho-momi-holy/
【facebook】  http://www.facebook.com/onakapon
【twitter】  @onakapon


 


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

大野ふるさと物産館からの眺め

おはようございます。
内側がモコモコの長靴が欲しいケイティです。


さて。
先週、大野地区にある「大野ふるさと物産館」に行ってきました。
ちょうど1年ぶりです!

1年前の記事はこちら
大野ふるさと物産館の「ひっつみ定食」



bDSC00579.jpg
久しぶり!



bDSC00580.jpg
お母さーん



bDSC00600.jpg
2階の食堂スペース。
奥は特産品販売コーナーとなっています。



bDSC00587.jpg
店内を見回すと…。
クリスマスの飾り付けがあちこちに



bDSC00588.jpg
一味唐がらしとテーブルコショーと並ぶ雪だるまを初めて見ました。
ほっこりしちゃうなぁ~



bDSC00601.jpg
ケイティは、窓際の角っこの席にスタンバイ。



bDSC00589.jpg
不動のひっつみ
定食は500円。単品だと300円です。



bDSC00591.jpg
ひっつみ大好き



bDSC00586.jpg
窓ガラスにも、クリスマスの飾り付けが…



bDSC00592.jpg
ふと、窓の外を見ると。

真知子巻き風ほっかむり。



bDSC00593.jpg
あなたも。



bDSC00597.jpg
わたしも。




bDSC00595.jpg
みんな真知子巻き風ほっかむり。



bDSC00599_20131210151916b32.jpg
もはやイスラム文化圏かと見紛うくらい、皆さんスカーフを頭に巻いています。

それにしても、ここからの眺めが何かに似ている…。
そうだ!渋谷のスクランブル交差点を、Q-FRONTのスターバックスの2階から見るあの眺めだ!
…という事に気づいたんです。

ちょっと20~30分でこれだけ人が往来するなんて、洋野町におけるスクランブル交差点ですよ。ここは。



bDSC00602.jpg
公衆電話をかける真知子。
もう、胸キュンのめんこさでした



bDSC00581.jpg
大野ふるさと物産館では、12月18日(水)にそば打ちの実演&販売をするそうです!
豆風鈴のお母さんがそばを打ってくれるそうですよ~。
皆さんぜひぜひ、打ちたてのおそばを食べに行ってみて下さいね



大野ふるさと物産館 DATA
【住 所】   〒028-8802 岩手県九戸郡洋野町大野8-83-4
【電 話】   0194-77-3888
【営業時間】 午前10時00分~午後6時20分
【定休日】   水曜日


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

種市地区に新しくオープンした美容室「LUVE HEARTS」

おはようございます。
隣の客はよく柿食うケイティです。


さて。
種市地区に新しく美容室がオープンしたと聞き、先日行って参りました~!



bDSC07792a.jpg
Hair Design LUVE HEARTS
(ヘアデザイン ラブハーツ)

種市商店街の、磯崎クリーニングの並び(磯崎クリーニングから東に100mくらい)にあります。
まだ看板ができていないそうですが、「美容室」と書いてある幟が目印です

「LOVE」じゃなくて、なぜ「LUVE」なのかなーと思ったら…。
英語では、「LUVE」は「LOVE」よりも軽い感じで使われるそうで、「気軽に遊びに来てもらえるお店になればいいなぁ」…という願いも込めて「LUVE HEART'S」になったそうです。



bDSC07793_2013102015425076a.jpg
新築の綺麗な建物です



bDSC07794_20131020154256fa4.jpg
中に入ると…、カット台が1つ。



bDSC07796.jpg
そして、シャンプー台が1つ。

そう!
まるで個室気分を味わえちゃう美容室なのです



bDSC07810_201310201544084b0.jpg
メニュー表です。

なんとカット(シャンプー・ブロー込み)で3000円
なんとも良心的なプライスです

さっそく、ケイティも切ってもらいました~。




bDSC07797.jpg
Before
(謎の外ハネ。)



bDSC07803_201310211413542db.jpg
After
(動きのあるスタイルに。)



bDSC07807_201310211413525dc.jpg

しかも最後、編み込みのヘアアレンジまでしてもらっちゃいました!
髪の毛が黒くて、三つ編みの様子がちょっと分かりづらいかな?

ケイティ、髪の毛をこうやってアレンジしてもらうのが初めてだったので、かなりテンション上りまくり

このあと居酒屋で集まりがあったので、「普段とは違うワタシ」…くらいの勢いで超ルンルンで向かったのですが誰からもツッコまれなかったことに関してはくれぐれも内密に願いします



bDSC07802.jpg
明るくて笑顔がステキな、美容師の小林さん。
3人のお子さんを育てるママさんでもあります。
とって気さくな方で、「ここはこんな感じで」とか「ここはもうちょっとこうで」とか、気軽に話せちゃう雰囲気です



bDSC07999.jpg


ぜひ皆さんも、行ってみて下さいね~


美容室 LUVE HEART'S
【電話番号】 0194-75-3624
【E - mail】 HDLuveHearts@yahoo.co.jp
【営業時間】 9時~17時(前もってお電話頂ければ時間外でも対応出来ます)
【休 業 日】 毎週月曜日、第1火曜日、第3日曜日(学校や保育園の行事により臨時休業する場合もあり)


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

大野民芸家具組合の「山葡萄つるバッグ」 ~後編~

おはようございます。
昨日の稲刈りは無事に終えることができ、手伝って下さった皆様に感謝の気持ちでいっぱいのケイティです。



さて。
大野民芸家具組合の「山葡萄つるバッグ」 ~前編~の続きです。



bDSC07191.jpg
事務所で三本木代表からお話を聞いた後は、作業場を見学させてもらいました!




bDSC07199.jpg
こちらが、山ぶどうのつるから剥いだ皮です。

山葡萄つるバッグは全て手作業で作られているのですが…。
編み上げる作業よりも、つるから皮を剥いで切り揃えるのが一番時間がかかるそうです。



bDSC07198.jpg
向田レディースの職人さんが実際にバッグを編んでいるところも少しだけ見させてもらいました。
これは、底の部分だそうです。
太めに切った皮を使っていました。



bDSC07200.jpg
こちらは、細めの皮で編んだバージョン。



bDSC07201_201310091728281c7.jpg
なんと、太い細いの違いだけでなく、皮の色に濃淡をつけて、こんな模様のついたバッグもありました!
もはやアートです。
SANBONGI ART WORKS!!!



bDSC07203.jpg
ちなみに、この山葡萄つるバッグを数年使いこんだものがこちら…。
つるが柔らかくなり手に馴染み、表面に光沢も出てなんとも言えない味わいになるそうです。


つるの1本1本に心を込めて編んでいた向田レディースの皆さん。
長く使ってもらうために、バッグの修理なども受けつけているそうです。

実は今、注文の量に対して制作が追いつかない状況なんだとか。
もっと職人さんを増やしたい…という三本木代表の言葉を聞いて、なんとかならないものかなぁ…と切実に願うケイティなのでした。



bDSC07187_20131009172452adf.jpg
山葡萄のつるだけでなく、こちらはくるみの木の皮と組み合わせて作られた作品。
もちろん、くるみの木も洋野町産のもの



bDSC07174.jpg
こちらは紙製の紐(?)で編んだバッグ。
面白い編み方だなぁ…。
こういうカゴバッグ、おしゃれに敏感な若い女性層にもウケそうですよね


ここでは、木の器や山葡萄つるバッグだけでなく様々な木工製品も作っています。
その一部をご紹介!



bDSC07178.jpg
こちらは、介護用品として作られた、トイレでの補助器具だそうです。
少子高齢化の世の中で、こういう温かみのある素材の介護用品というのは、すごく需要があるような…。



bDSC07176.jpg
なんと!
以前三本木代表が名古屋のデパートに催事で行った際に、きんさんぎんさんに会ってプレゼントをした事があるんですって。
品物は、中に炭が入った枕だったそうです。



bDSC07188_201310091730424ec.jpg
山葡萄のつる(?木?)で作った椅子。
玄関に置く用のもので、「ホールチェアー」と言うんだそうです。



bDSC07185_20131009173033839.jpg
余った木材で作ったという、マガジンラック。
オシャレすぎー!



bDSC07206.jpg
おとなしくて人懐こいワンちゃんもいました


地域を思い、人を思い、自然を思う作品たち。
ぜひ皆さま…、大切な方への贈り物はぜひ!こちらでどうぞ!

山葡萄つるバッグ ご注文ページ


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

大野民芸家具組合の「山葡萄つるバッグ」 ~前編~

おはようございます。
早く雪っこが飲みたいケイティです。



洋野町の特産品である木の器「大野木工」。
その木工製品を作っている「大野民芸家具組合」で、山葡萄のつるでバッグを作っている!…という話を聞きまして。
先日、お邪魔して来ました~。



bDSC07210.jpg
雨もまた、天の恵み。

田んぼが広がる向田(むかいだ)地区に、大野民芸家具組合の事務所と作業場があります。





bDSC07211.jpg
敷地の入口には…。



bDSC07212.jpg
お椀型の木のオブジェ



bDSC07202.jpg
まずはご挨拶をしようと、事務所に入ると…。



bDSC07179.jpg
どどーん!と、たくさんの作品が飾られていました。



bDSC07177.jpg
大野民芸家具組合は、黄綬褒章も受賞した名工・三本木烈(さんぼんぎ いさお)さんが代表を務める工房なのです。



bDSC07172_201310091722248f0.jpg
さっそく、山葡萄つるバッグを見せて下さる三本木代表。
まるで高級ブランドバッグの包装のように、白い袋に包まれた山葡萄つるバッグを慎重に取り出します。



bDSC07170.jpg
じゃーん!



bDSC07173.jpg
なんと、この山葡萄つるバッグのためのオリジナルショッパー(紙袋)もありました!
デパート等の催事で販売する際には、このように白い袋に入れた後赤いショッパーに入れてお客様にお渡しするんですって。
高級感が感じられてイイですよね。

「shin」というのは、奥様の信子さんの「信」という字から取ったそうです


ここで更にビックリしたのは…。
全国を飛び回る三本木代表のスケジュールです
ほぼ毎週、全国各地のデパート等に出展しているそうで、搬入や販売も三本木代表が直接行っているとのこと。
予定表を見せてもらったところ…、洋野町にいる日の方が少ないと言っても過言ではないかも…。

参考までに、来月末までの出展予定です。

10/22~10/27 八戸さくらの(青森県)
10/23~10/29 玉川髙島屋(東京都)
10/29~11/4  弘前さくらの(青森県)
11/6~11/11 名古屋松坂屋(愛知県)
11/15~11/17 二戸なにゃーと(岩手県)
11/20~11/26 鹿児島山形屋(鹿児島県)


すごいですよね。
年間を通して、このようなスケジュールなんだそうです。
「本気で売る」というのは、こういうことなんだ!…と思いました。



bDSC07180.jpg
山葡萄つるバッグには…。



bDSC07181.jpg
めんこいマークの入った飾りが
このマークは、「木」が「三本」で「三本木」を意味しているんですよ~。



bDSC07189.jpg
網み目の細かいバッグもあったり。
バリエーションに富んだラインナップでした。

バッグの内側には、巾着状になった裏地が縫い付けてあって、中の物が見えなくて安心。



bDSC07190.jpg
内ポケットも2つあって実用的!



bDSC07175.jpg
バッグの他にも、かごや花器など、様々な山葡萄つる作品がありました。



ここでまた、興味深いお話を聞きまして。

この山葡萄つるバッグは、奥様の信子さんが中心になって2年前から作り始めたそうなんですが…。
元々、(旧大野村時代に)大野木工が地域の産業として取り組み始めたきっかけというのが、村で仕事がなく、父親が出稼ぎに出てお正月やお盆しか帰らない状況が長く続いていて、子供が父親の顔が分からずに育つなど、「なんとか出稼ぎしなくても暮らしていけるようにしたい!」という村民の思いがあったからだそうです。

その流れを組んで、山葡萄つるバッグも、奥様以外の5人の職人さんのうち4人は皆「まだまだ体も動くし働けるんだけど、60を過ぎて定年になってしまって、なかなか働く所がなくて…。」という向田地区のお母様方なんだそうです。

地域の産業と特産品と雇用が結びついた証が、この素敵な「山葡萄つるバッグ」なんだなぁ…と、ケイティ感激しました。


後編に続く


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

走れ!リゾートうみねこ・上り線(久慈→八戸)

おはようございます。
今年の冬の防寒具はしっかり揃えたいケイティです。



さて。
おとといお送りした、走れ!リゾートうみねこ・下り線(八戸→久慈)の続きです。


9月の晴れた土曜日、リゾートうみねこの写真を撮るために線路沿いの撮影スポットを探していたケイティ。
下り線は宿戸の大浜付近で撮ったのですが、上り線はこちらでスタンバイすることに!



bDSC05780_20130915133653344.jpg
The HIRANAI Station.

駅です。
駅なんです。

この角度から見ると、ホームや駅舎など「駅」と思えるものが一切写っていませんが、堂々たるJR八戸線平内駅であります。
平内駅は種市高校の最寄駅でもあるので、利用客数で言うと、洋野町内で1・2を争う駅なのではないかしら…



そうこうしているうちに、列車が走り始めました!



bDSC05781_20130915133656bc3.jpg
恋~が走り~出~したら~、君~が止~ま~ら~な~い~♪

さて、これは誰の歌でしょう?




bDSC05787.jpg
答えは、福山雅治でしたー
ちなみにこの歌は福山雅治の10枚目のシングル「HELLO」という曲で、1995年2月6日発売。
この歌を聞いて「懐かしい~」と思ったアナタ、アラサーもしくはアラフォー世代確定

(うん、直ちにリゾートうみねこの解説をしてもらえますか?)



bDSC05790_201309151337016bd.jpg
金色の田んぼを走るリゾートうみねこ。
青い列車の側面には、うみねこの絵が描いてあったりしてめんこいんです

(「その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし」って言うんじゃないかとヒヤヒヤしました。)



bDSC05791_20130915133703f61.jpg
ケイティ動体視力は全然よくないですが、お客さんは結構乗っているように見えました。
リゾートうみねこは、外の景色が楽しめるような座席の配置になっているんですよ。
今度晴れた日に、八戸-久慈間を往復して乗ってみたいなーと思っています



リゾートうみねこの運行日程や時刻表などはこちらでチェック
JR東日本HP リゾートうみねこ


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

走れ!リゾートうみねこ・下り線(八戸→久慈)

おはようございます。
ケイティ洋野町に来てからちょうど1年が経ちました。
今までの人生の中で、一番短く感じた1年でした!
(うん、年を重ねるとみんなそうなるから。)



さて。
以前、こちらのブログでも一度だけ書いたことがある「リゾートうみねこ」。
JR八戸線の八戸-久慈の間を走る列車です。
…が、走るのは土日祝だけ。しかも、1日1往復のみ。
もし見かけたら「ラッキー♪」と思っちゃうくらいの列車なんです。

過去の記事はこちら
リゾートうみねこ



bDSC05706_20130915133215d84.jpg
そんなレアなリゾートうみねこの姿を写真に収めるべく、ケイティ宿戸の大浜付近で出待ちすることにしました。



bDSC05694_20130915133204c02.jpg
気合が入りまくっていたためか、スタンバイするのが早すぎました。
待ち時間は沖の船を見て過ごします。


そんなこんなで、遠くから列車が走る音が聞こえてきて…、



bDSC05700.jpg
リゾートうみねこのお出ましだー!!

八戸駅から久慈駅に向かう下り線です!!



bDSC05701.jpg
岡谷神社の大鳥居とリゾートうみねこ。

ここでケイティ、列車が自分の方に近づいてくると共に、「リゾートうみねこの写真撮る人なんて、ケイティくらいしかいないだろうなぁ…。」と、グイグイ前のめりで撮ろうとしている自分に対し、少し恥ずかしい気持ちになってきたりもして。
様々な想いが交錯する乙女な年頃。
(もう35歳目前\(^o^)/)



…と思ったら!




bDSC05701a.jpg
いたー!
ケイティの他にも写真撮ってる人いたー!!!wwwwww
がぜん勇気がわいてきましたwwwwwww



bDSC05702.jpg
come on..., come on!! UMINEKO!!!!



bDSC05703_20130915133357d8b.jpg
そして一瞬で過ぎ去って行くリゾートうみねこ。



bDSC05704_201309151334003c0.jpg
束の間のさよなら…。

ケイティはこのあと、リゾートうみねこの上り線(久慈駅→八戸駅)を激写するために移動するのでした…。
上り線の様子はまた次回


JR東日本HP リゾートうみねこ


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【洋野Surfin Life】9月の有家浜

おはようございます。
LINEの新キャラ…、エドワードという名の芋虫を受け入れるには、まだちょっと時間がかかりそうなケイティです。



さて。
8月よりも9月に入ってからの方が、日中暑いな~と思う日が多かったような。
そんな洋野町の残暑を吹き飛ばすべく!
サーフスポットの有家浜(うげはま)に、またまたサーフィンを見に行ってきました~。



bDSC05721a.jpg
9月14日(土)、3連休の初日。
30人くらいのサーファーが海に入っていました。

オンショアで、波は腿~肩くらいだったかな。
(うん、サーファー気取りで言うのはやめてもらえるかな。)



bDSC05724_20130915134022b05.jpg
かっけぇ~

結構女子サーファー多いみたいです。
カッコいいな♪



bDSC05764_20130915134029e7b.jpg
魅惑のSurf rider!!



bDSC05738_20130915134024e82.jpg
重力なんて関係ない!



bDSC05750_201309151340263b9.jpg
オフザリップ!!



bDSC05770_201309151341306c6.jpg
ラウンドハウスカットバック!!


(違う違う!あやめちゃん、出てくる記事間違えてるYO




bDSC05767_201309151341275a7.jpg
ロングボードの人もいました。
いいなぁ、ロングボード。
できればケイティ、ロングボードでゆったり波に乗るのが夢なのであります。


以上、9月の有家浜よりお送り致しました。
次回のサーフィンレポをお楽しみに~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

鮭の遡上が始まっています

おはようございます。
昨日、生まれて初めて「ゆうがお」なる野菜を食べたケイティです。
食感が不思議すぎる!



さて。
今年の4月下旬に、鯉のぼりを見に行ったら偶然見学できた「有家川さけ・ますふ化場」。
その時にふ化場の説明をして下さった種市南漁協の黒坂さんとは、それ以降お会いしていなかったのですが…。


関連記事はこちら
有家川さけ・ます共同ふ化場



bDSC05720.jpg
先日、人づてに「黒坂さんが“鮭がもう来てるから見に来て”って言ってたよ~」と聞きまして。

まだ9月中旬なんだけど、もう鮭の遡上が始まっているの
そうだ!「鮭が来る頃にまた来ます」ってケイティ言ってたっけ。
てか黒坂さん、覚えててくれたんだ!!嬉すぃー!!

…そんなわけで、有家川さけ・ますふ化場に駆けつけました。



bDSC05718_20130915133857c4a.jpg
「側面よーし。」

じゃーん
2回目のブログ登場。
種市南漁協の黒坂さんです!



bDSC05707.jpg
ふ化場の後ろを流れる有家川、の河口付近。
どこ?どこに鮭がいるknow?



bDSC05709.jpg
「ほら、鮭いるいる」と言われ、よーく見てみると…。



bDSC05709a.jpg
い…、いた━━━(゚∀゚)━━━!!!

鮭いた!いました!!



bDSC05711.jpg
うわー、めっちゃ泳いでる。



bDSC05712.jpg
すごいなぁ…。
ここのふ化場で生まれた鮭が、3~4年経ってまたこの有家川に戻ってきたなんて!



bDSC05713_20130915133851a25.jpg
目印も何もないのに、本当にどうやって生まれた川に戻って来られるんだろう…?

この有家川の河口では、採卵のために鮭をふ化場内の水槽に集めるんですが…。
頑丈な柵で、鮭が上流に行かないようにしてあるわけです。(上から3番目の写真参照)

でもね、鮭は上流に産卵する性質があるので、柵があっても川上に向かおうとして勢いつけて柵の向こうに行こうとしてるのがすごく分かったんですよ…。
助走をつけるように泳いだり、バシャっとはねたり。
鮭の生き様に、ケイティかなりグッときました。



bDSC05716.jpg
河口付近は水が揺れて写真がうまく撮れなかったのですが、なんとか鮭のズーム撮影に成功
50センチくらいはあったかなぁ~。



bDSC05719_20130915133900d8a.jpg
有家川に鮭が戻ってきている様子を見て、「これが楽しくてやってる」と話して下さった黒坂さん。
まるで自分の子供が大きくなって戻って来るのを迎えるような気持ちなんだそう。

11月ごろになれば、川が真っ黒(?)になるくらい鮭でいっぱいになるんですって。
密漁を防ぐため、夜もしっかり監視しているそうです

津波で流されながらも復旧し、有家川で頑張るさけ・ますふ化場とそこで働く人達。
採卵や、卵から孵った鮭、作業の様子や、鮭にかける人達の思いなど、また時期を追ってブログでお伝えできればいいな~と思っています


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

【花と緑の洋野町】城内地区の花壇

おはようございます。
お気に入りのスカートを、どこかに引っかけて穴を開けてしまい、全くトホホなケイティです(;´д`)




さて。
先日、「城内(じょうない)地区の花壇がスゴい!」という話を小耳に挟みまして。
さっそく見に行って来ましたよ~!



bDSC05519.jpg
どーん!

スゴいです!
幅約40メートル、奥行き約60メートルの広さに、8000株のマリーゴールドの花が咲いています!



bDSC05515.jpg
この地区(城内・滝沢・大沢)のシンボルでもあった城内小学校は、惜しまれつつも今年度で閉校してしまうのですが、閉校後も3つの地区が協力しあって行けるよう願いを込めて植えられました



bDSC05518_20130910165633c5c.jpg
花壇の脇にはなんと、見学用(or 写真撮影用)のやぐらまで設置されています!
こういった心遣いにグッときちゃいますね~



bDSC05513.jpg
高い所から見ると、城内小学校の校章がデザインされているのが分かります。


jonaijh1.jpg
こちらが、城内小学校(…と同じデザインだった城内中学校)の校章です。
城内小学校の校章は、この真ん中の「中」の文字が「小」になったものなんです。

ケイティ、この校章を何度か目にするたびに、どうも北海道の形に見えるなーなんて思っていまして。
この形にどういう意味があるのか、ずっと気になっていたんですが、やっとわかりました!


…なんと!


jonaijh_2013091412405794c.jpg
「城」を表す地図記号が3つ組み合わさったものでしたー

実は城内地区は、戦国時代に種市城があった場所なんですよ~
当時の種市村の中心集落だったそうです。
wikipedia-種市城



bDSC05516.jpg
城内小学校区である、城内・滝沢・大沢の皆さんの想いが詰まった花壇。



bDSC05514.jpg
1本だけ、花壇からハミ出た所に咲いていたマリーゴールドを発見。
ハミ出たって気にしないで咲き誇っていました。

いいんだよ。
みんなの輪に入れない時もたまにはあるさ。
そこから何か気づけることがあれば、それでいいのさ。



今が最盛期の城内地区の花壇、ぜひ皆さんも見に行ってみて下さいね~。
場所は、種市地区から行くと、城内林業センターの先に400メートルほど行ったところで左側に見えます。
道路沿いなので、分かりやすいはず


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります