ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

2013年ふるさと交流まつり ~後編~

おはようございます。
「自転車」のことは「ずでんしゃ」と言いたいケイティです。


さて。
2013年ふるさと交流まつり ~前編~の続きです。



bDSC_6771.jpg
なんと!
会場から「ぜひ歌ってほしい!」と熱望され、種市高校の先生による「南部ダイバー」熱唱もあり



bDSC09342.jpg
リアル南部ダイバーが歌う、南部ダイバーの歌。
これはかなり盛り上がりましたよ~!



bDSC04037_20131121194138d92.jpg
洋野町の正派若柳流隆扇会のお姉さま方の踊りでは、ステージに上がって一緒に踊る人続出。
こういうノリのいいお姉さま方、本当に素敵



bDSC04045.jpg
和服美人四姉妹。
ケイティも来年は着物来て交流まつりに参加するか…



bDSC09387.jpg
日當(ひなた)副町長の美声が会場に響き渡り…。



bDSC09405_20131121194336627.jpg
市松模様の着物と、赤い足袋が粋(いき)です。



bDSC09426.jpg
のど自慢大会では…。
水上町長からのご指名で歌った、中野地区出身の大粒来勇(おおつぶらい・いさむ)さん。
本物の演歌歌手かと思うくらい上手でした!


約3時間に渡って盛り上がったふるさと交流まつりも、いよいよフィナーレを迎えます。


bDSC09427.jpg
最後を飾るのは、やっぱりナニャドヤラ!



bDSC04093.jpg
会場をぐるっと回るように、みんなで輪になって踊りました~。



bDSC09437_20131121194346354.jpg
去年に引き続き今年も司会を務めた、チャキチャキの江戸っ子みたいに元気いっぱいの上森恵美子(うわもり・えみこ)さん。



bDSC09451_20131121194431de0.jpg
お姉さま方、みんな自然に踊れててすご~い!



bDSC09447.jpg
豆風鈴のお姉さまも、とっても踊りが上手でした!



岩手の言葉が飛び交い、上野を熱くした「ふるさと交流まつり」。
やっぱり「洋野町ってイイな」と改めて思ったのでした…。


2012年 ふるさと交流まつりの記事はこちら
その1
その2
その3
その4
番外編


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事
スポンサーサイト

2013年ふるさと交流まつり ~前編~

おはようございます。
鳴かぬなら、鳴かせてみせようケイティです。


さて。
11月17日(日)、東京・上野にある東天紅(とうてんこう)という会場にて。
毎年恒例の、洋野町出身者・関係者が集まるふるさと交流まつりが開催されました~!



bDSC09303.jpg
約300人が集まった中、水上町長から挨拶。



bDSC09310.jpg
KA GA MI BI RA KI.



bDSC03889.jpg
カンパ~イ!!



bDSC09337_20131121193902401.jpg
洋野町の特産品販売コーナーもあります。
この日のために、洋野町から夜行バスで10時間近くかけて上野にやって来たんです



bDSC03832_20131121193853adc.jpg
大野ふるさと公社。
さき織バッグ、大野木工の器、赤鶏ラーメン、ワインなどなど、ふるさとを感じさせる商品が所狭しと並んでいました。



bDSC09338_2013112119401143a.jpg
はまなす亭。
「うにめし」と「ほやめし」は東京ではなかなか食べられないですからね…。
とっても人気でしたよ~



bDSC09341_20131121194014521.jpg
もちろん、種市高校の南部ダイバーグッズ販売コーナーもあり
種市高校の先生が、洋野町観光協会スタッフに直接豆絞りを頭に巻いてくれている貴重なシーンを激写


これに続けといわんばかりに…。
会場内では、豆絞りを頭に巻く人が続出。





bDSC09389.jpg
ベスト・豆シボリスト発見!
早くも殿堂入りの可能性が出てきている、洋野町議会議員の大下さんです。

どうも似合いすぎると思ったら、日常的に頭にタオル等を巻いているそうです。



bDSC09356.jpg
ステージでは、阿子木神楽(あこぎかぐら)が始まりました!

濃い紫に白い波の模様の法被(はっぴ)が渋カッコよすぎる!!



bDSC09348.jpg
阿子木神楽とは…。

終戦後の昭和25年頃、阿子木地区の神社の神主さん達10数名が五穀豊穣を願い、春先に2週間くらいかけて宿取り(門うち)をしながら神楽の舞でご祈祷したのが始まりなんだそうです。

そして、昭和60年頃からは、伝承活動として地区の子供たち(小・中学生)に指導を始め、旧大野村(現洋野町大野地区)のイベント等に参加したりしています。
また、帯島(たいしま)小学校スポーツ少年団の子供たちにも伝承活動を行っているそうです。



bDSC09345.jpg
お囃子の生演奏~。
阿子木神楽保存会の皆さまです


交流まつりはまだまだ続く…!
後編をお楽しみに


2012年 ふるさと交流まつりの記事はこちら
その1
その2
その3
その4
番外編


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

2013年 ひろの物産展に南部ダイバー登場!

おはようございます。
洗濯機を回すとついつい寝てしまうダメなケイティだす。



さて。
11月15日(金)~16日(土)。
東京・銀座にある銀河プラザにて、ひろの物産展が開催されました~!



bDSC03691.jpg
開店間際の銀河プラザ。



bDSC03696_20131121190906ac6.jpg
11時に開店!
大野ふるさと公社の自慢の野菜やリンゴ、美味しそうですね~。



bDSC09292.jpg
はまなす亭の海産物も、はるばる洋野から運んで来たんです。



bDSC09296.jpg
週末の銀座は、たくさんの人で賑わっていました~。
売り場の後ろにかけた大漁旗の存在感がスゴいですね



bDSC03791.jpg
種市高校オリジナルグッズ、南部ダイバーTシャツも!



bDSC03819_20131121191021292.jpg
銀河プラザの入り口では…。
種市高校の先生による「リアル南部ダイバー」登場!
道行く人々に、洋野町のPRをして来ました~。



bDSC03809_201311211910176de.jpg
快く記念撮影にも応じていた種市の南部ダイバー。
東京の人達に、少しでも洋野町の事を知ってもらうキッカケになれば…と思います



bDSC09293a.jpg
ちびっ子には、このようにして上からヘルメットをかぶせてあげて、ちょっぴり南部ダイバー気分を味わってもらいました♪

年に1回の、東京で行われるひろの物産展
来年はもっとたくさんの人に洋野町を知ってもらえますように~





【おまけ】
bDCIM0040.jpg
超レア
南部ダイバーと歌舞伎座


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

【稲作奮闘記】ついに脱穀! ~秋の収穫祭・後編~

おはようございます。
「浜千鳥」という、岩手の美味しい地酒を堪能したケイティです。



さて。
【稲作奮闘記】ついに脱穀! ~秋の収穫祭・後編~の続きです。



bDSC09246.jpg
文明の利器ともいえる脱穀機を使い、マイ田んぼでとれたお米を脱穀して行きます。



bDSC09252.jpg
お米と稲わらに分かれて出て来て…。
稲わらはまとめてしばります。



bDSC09253.jpg
あっという間に(小一時間くらい?)で脱穀終了~!




bDSC09258.jpg
あとは、はせがけ用に組んでいた木をはずしたり、お片付け



ここで、まさかのハプニングが…



bDSC09259a.jpg
軽トラの車輪が、あぜ道から落ちた!



bDSC09262a.jpg
こんな事があるものなのですね…。



bDSC09261a.jpg
押してだめなら引いてみろ。



bDSC09263a.jpg
人力では動かせず、軽トラで引っ張る作戦に出るも…。
軽トラでは馬力が足らず、やっぱり動かず。
(うん、アナタも押すの手伝おうか。)



そこへ…。



bDSC09266.jpg
出たー!
エヴァンゲリオン登場!!
(うん、トラクターです。)



bDSC09265a.jpg
トラクターで引っ張った所…。
軽トラは前には進んだのですが、更に車輪が落ちてしまい



bDSC09267.jpg
今度は後ろから引っ張ると、見事あぜ道に上げることができました!!
やったー!!!
8888888888888888888


いやー、脱穀も初めてだったけど、「田んぼのあぜ道で軽トラを押す」という首都圏ではまず巡りあえなさそうな貴重な体験をすることが出来ました!
今年のニュースのベスト3に入るかもしれません。



bDSC09254.jpg
そして…。
脱穀したお米、約120キロ。
現在、ケイティ宅の玄関に保管されています。
1袋20キロ以上ありまして、ぎっくり腰になっては大変なので自力では動かせず…。
米袋をまたいで出入りする日々です


脱穀も無事終わり、あとはお米を食べるのみ!
精米して食べる時はまたレポしますので、どうぞお楽しみに~!



2013年 稲作奮闘記
マイ田んぼができました!
マイ田んぼのその後 ~6月中旬~
マイ田んぼのその後 ~7月上旬~
マイ田んぼの雑草取り
青空の下で稲刈り ~前編~
青空の下で稲刈り ~後編~
ついに脱穀! ~秋の収穫祭・前編


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

【稲作奮闘記】ついに脱穀! ~秋の収穫祭・前編~

おはようございます。
冬の間に少しでも美白したいケイティです。



bDSC09230.jpg
先月、マイ田んぼの稲刈りをして、お米をはせがけにして干すこと1か月…。
先々週の14日(木)、ついについに!
脱穀をしました~!



bDSC09225.jpg
だいぶイイ感じになってなってきてますね~!



bDSC09228.jpg
豊穣!!

なんだか弥生人の気持ちになりました。



bDSC09234.jpg
THE 脱穀機が登場。



bDSC09238.jpg
そしてこちらは…。
お米の水分を測る機械です。



bDSC09236.jpg
ここにお米を入れて…、蓋をして回すと、もみ殻が取れます。



bDSC09237.jpg
もみ殻が取れたお米を、このように何粒か置いき、機械で測定!



bDSC09240.jpg
14.7%!

お米の水分は15%以下になると、食べるのにちょうどいいんだそうです。



bDSC09241.jpg
水分チェックをしたところで、今度は脱穀機の使い方を教わります。
まずは、脱穀した後のお米を入れる袋を取り付けて…。



bDSC09242.jpg
エンジン起動!
メモリが「イネ」を越えたら…。



bDSC09249.jpg
いよいよ、稲の束を脱穀機に入れていきます!



bDSC09244_20131115190832ae8.jpg
わぁ~!
出てきた出てきた~!

すごいです。
機械に入れただけで、稲の束から米つぶだけ取れて袋に入るなんて、一体誰がこんな便利な機械を発明したんでしょうか
…てか、脱穀機が導入される前の時代は人の手で脱穀していたなんて、どれほどに大変だったのでしょうか…!!

弥生時代から続く、日本の米文化。
こんなに手間ひまかけて育てるお米を主食に食べる文化が、3000年近く続いてきたことがスゴいです。
3食お米を食べることを大切にしたいと改めて思ったケイティです。


続きはまた明日~

2013年 稲作奮闘記
マイ田んぼができました!
マイ田んぼのその後 ~6月中旬~
マイ田んぼのその後 ~7月上旬~
マイ田んぼの雑草取り
青空の下で稲刈り ~前編~
青空の下で稲刈り ~後編~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。