ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

城内小学校閉校「139年間ありがとう」 ~前編~

おはようございます。
昨夜のフィギュアスケートのエキシビション。
ベルネル先輩のハジけっぷりを見て、「忘年会ではあのくらいやるべきだ」と自らを奮い立てたケイティです。



さて。
3月22日(土)。
前日の猛吹雪(春のドカ雪?)から一夜明け、青空の下で、洋野町立城内(じょうない)小学校の閉校記念式典が行われました。



bDSC00001_20140325151539cdb.jpg
種市岳の麓に広がる田園地帯に、城内小学校はあります。(写真右奥)
種市地区の沿岸部とも、大野地区とも違う、城内独特の美しい風景です。
もう、田んぼも道路も何もかも真っ白で、THE 東北。



bDSC00005_201403251515416cb.jpg
惜しまれつつも、139年の長い歴史に幕を閉じる城内小学校。
4月から種市小学校と統合します。
この日は、城内小学校の閉校を記念した式典が行われました。




bDSC00006_20140325151746154.jpg
水上町長の式辞。



bIMG_3763.jpg
城内小学校の校歌。



bDSC00008.jpg
小原校長先生から、別れの言葉。

『城内小学校は、平成25年度、明治8年から139年に渡る輝かしい歴史に幕を下ろし、ここに閉校することとなりました。明治42年以降の学籍簿、卒業名簿だけで、2500余名の卒業生を世に送り出しています。
城内における学校教育は、城内橋本家の家屋借受を仮校舎として始まり、以降、幾多の変遷を経ながら、常に地域・保護者・教職員が一丸となり、地域又は村・町の学校という性格と伝統を築き上げて参りました。いま改めてその歴史と学校がもっていた中心的な役割を実感しております。
地域の皆様の学校を思う心は、記録に残り知り得るところに於いても、幾多の校舎建設・同地区における支援、創立100周年、120周年記念式典の挙行、前PTAによる環境整備作業から学校行事への参加・協力等々、学校教育全般にわたって、その整備と拡充に全力を賜りました。
さて、本校に奉職して3年になります。連なる山々、水清く、豊かな自然、人情も細やかな地域に住む城内の子供たちは、「豊かな感性」と「人を思いやる心」を育んでおります。「人は環境によって育てられる」と言われるとおりです。美しい自然とおもに、家庭や地域の皆様が子供たちの健やかな成長を見守り、願って頂いている熱い心が子供たちに伝わり、人としての豊かな心を培ってきたものと考えます。
本校が地域から消えても、地域の方々や卒業生の心の中に「城内小学校」「文化の香 高く掲げん」は永遠に息づき、その良さと歴史は語り継がれていくものと確信しております。
終わりになりましたが、これまでの城内小学校の教育活動に限りないご支援・ご協力を賜りました保護者・地域の皆様、洋野町当局をはじめ関係各位に深堪なる敬意と感謝を申し上げまして、挨拶と致します。』
(閉校記念誌より)




bIMG_0309.jpg
児童会長の堂々たる姿。
「思い出がいっぱいつまった校舎が大好きです。」「私たちは城内小学校を決して忘れません。ありがとう、そして、さようなら。」
たくさんの思い出を胸に、語りかけるように話してくれました。




bDSC00007.jpg
すごいです、児童会長。
300人くらいの人を前にして、これだけしっかりと話せるとは。
本当に洋野町に来て何度も思いますが、洋野町の子供たちのステージ度胸はハンパないです。
運動できない、人前でなんてしゃべれない…というヘタレすぎるケイティの小学生時代を思い出し、ちょっぴり切なくなりつつも…。
城内地区で育った子供たちがとっても誇らしく思えました。




bIMG_0503.jpg
記念碑の除幕式も行われました。




bDSC_1625.jpg
記念碑の向こう、写真の左奥に見えるのは…、




bDSC_1628.jpg
久慈平岳です。
城内小の子供たちを、静かに、そして温かく、ずっと見守って来ました。




bIMG_3796.jpg
こちらの写真は…。
この日の式典を迎えるにあたって、城内学区の中学生や高校生といった「城内小の卒業生」が集まってくれて、会場や記念誌の準備などを手伝ってくれたそうです。
こういう地域の絆、地域の力は、城内学区の素晴らしい財産であります



この後の「城内小学校を語る会」の様子については、明日の後編をお楽しみに~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事
スポンサーサイト

洋野郷土かるた ~大野版~ 6

おはようございます。
春風亭ケイティです。
(うん、落語キャラとかは特に求めてないから。)



さて。
「懐かしくて新しい」。
そんな洋野町郷土かるた~大野版~紹介シリーズの第6弾です。



bDSC04367.jpg

さっさと
めしを
け----------!!


いいですね。
「けーーー」の棒線の分だけ、母の愛が詰まっています。



bDSC04368_201403201503159e8.jpg

しびれぁきれだ時は
たんぺをでんびさ
つければいいじょうよ


足の臭いについてかと思いきや、足が痺れた時の対処法のようです。




bDSC04369.jpg

じぇごたろうって
横店のバァちゃんに
さがばれだった
その頃大野(元村)は
町だったがらな


えっと。
かるたの域を超えて、軽く昔話入ってます。





bDSC04370_20140320150318ab6.jpg

すてでんぎして
いくべぁって
どこまでも
ぼっかげでくる
わらし



ぼ っ か げ で !?




bDSC04371_20140320150319b34.jpg

すけるすきぁって
ネゴの手よりいいがと思ったっけぁ
田んぼでどろ遊びして
けずかる


うん。ネゴシエーション的な話題ではないようです。




【読み札の訳】

・さっさとめしをけ----------!!
 さっさとご飯食べなさーーーーい!

・しびれぁきれだ時は たんぺをでんびさ つければいいじょうよ
 (足が)しびれた時は つばをおでこにつけるといいんだって 

・じぇごたろうって横店のバァちゃんにさがばれだった その頃大野(元村)は町だったがらな
 「田舎者」って横店のバァちゃんに言われてた その頃大野は町だったからな

・すてでんぎしていくべぁって どこまでもぼっかげでくるわらし
 けんけんして行くぞ!…と、どこまでも追っかけてくる子供

・すけるすきぁって ネゴの手よりいいがと思ったっけぁ 田んぼでどろ遊びしてけずかる
 「手伝うから」って、猫の手よりいいかと思ったら、田んぼでどろ遊びしていやがる




その他に、「こんな訳がピッタリでは?」と思うものや、方言にまつわるエピソードなどがあれば、ぜひぜひコメント欄にお書き下さいませ~





コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

【洋野の桜 2014】陸中八木駅前のつぼみ NO.2

おはようございます。
なんだか最近めっきり白髪が増えた気がするケイティです。



さて。
3月上旬に見に行って来た、陸中八木駅(JR八戸線)の桜のつぼみ。
約2週間経った3月下旬、再度見て来ました~。




bDSC04609_20140325103208bdc.jpg
この日の最高気温は10度以上あったようです。
いや~、暖かいってだけで幸せ
数日前に降ったドカ雪もだいぶ溶けていました。




bDSC04612.jpg
空の青が目に染みる。




bDSC04614_20140325103211d9e.jpg
久しぶりの暖かさに、桜の枝も心なしか嬉しそう




bDSC04615_20140325103212c46.jpg
いよいよあと1ヶ月くらいで咲くんですね




bDSC04616.jpg
「待づ遠すぅ~な
(待ち遠しいな)

久しぶりにモグっぺ登場!
暖かくなって、だいぶ活動的になってきたようです。




bDSC04624.jpg
前回見に来た時よりも、わんつかですがつぼみの先が伸びているような…
次のつぼみレポもお楽しみに~♪




bDSC04599.jpg
この日、陸中八木駅周辺をぶらぶら歩いていたら…。
春の訪れを告げるアレを発見!




bDSC04600.jpg
じゃーん

ふ き の と う 。



bDSC04603.jpg
「天ぷらにして食うべ~




bDSC04618.jpg
更に、また別の道で、これまたスゴいものを発見しました。
通常なら、道端に落ちている物としては「ほぼありえない」に分類されると言っても過言ではありません。




それは何かと言うと…。












bDSC04619_2014032510370933f.jpg
アワビの貝殻wwww

いやー、普通ないでしょwww
道端にアワビの貝殻落ちてないでしょwww
空き缶のポイ捨てレベルで落ちてるってどういうことwww

ウニの殻だけにとどまらず…。
アワビの貝殻さえも道端に落ちてるとか、洋野町スゴすぎる…


1人でツッコみながら、テクテク歩いた一日でした
(アンタどんだけ暇なの


去年の桜関連記事はこちら

【洋野の桜】 桜の季節を待ちわびて…
【洋野の桜】 つぼみ日記 NO.2
【洋野の桜】 つぼみ日記 NO.3
【洋野の桜】 つぼみ日記 NO.4
【洋野の桜】 つぼみ日記 NO.5
【洋野の桜】 開花!
2013年 JR八戸線の宿戸駅


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

洋野郷土かるた ~大野版~ 5

おはようございます。
昨日の濃霧で、久しぶりにやませのことを思い出したケイティです。



さて。
抱腹絶倒な洋野町郷土かるた~大野版~紹介シリーズの第5弾です。



bDSC04362_2014032015013763c.jpg

けさの地震
たぁましぽろぎ
したったな


ここで注目したいのは、「たぁましぽろぎ」ではなくむしろ「したったな」の方でして。
「する」の過去形の「したな」を、こちらの地域では「したったな」というんですよ。
…というか動詞の過去形全般が、「見た」→「見たった」、「しゃべった」→「しゃべったった」…という感じで、なぜか過去形に「った」がプラスされるようで、おもしろいなーと思います。



bDSC04363_20140320150139b2a.jpg

こっちゃこう
かぁ かぎぃ けぇ
カ行だけで会話が成り立つ


そうらしいです。
カ行の言葉が多いようです。




bDSC04364_20140320150140b53.jpg

こどうでだ
じぇねー
おどしたよ


「ジェネレーション」の事ではない…ですよね?




bDSC04365_20140320150142d42.jpg

こっちゃこう
かぁ、
けぇ。


青春真っ只中、20歳のアマノ秋さんの作品です。




bDSC04366_20140320150143013.jpg

こっただしばれる夜は、
こだつさぬぐだまるのが
一番だなぁ



んだんだ!
んだんだ!
寒い夜は部屋で温まるのが一番!
…とは言いつつも、いまだにコタツはちょっと慣れないケイティです。
(どうにも背中が寒いのが気になる。)





【読み札の訳】

・けさの地震 たぁましぽろぎ したったな
 今朝の地震 (非常に)びっくりしたな

・こっちゃこう かぁ かぎぃ けぇ カ行だけで会話が成り立つ
 こっち来い ほら 柿 食べな カ行だけで会話がなりたつ 

・こどうでだ じぇねー おどしたよ 
 大変だ 小銭落としたよ

・こっちゃこう かぁ、けぇ。
 こっち来て さぁ 食べな

・こっただしばれる夜は、こだつさぬぐだまるのが一番だなぁ
 こんなに寒いよるは、こたつで暖まるのが一番だなぁ



その他に、「こんな訳がピッタリでは?」と思うものや、方言にまつわるエピソードなどがあれば、ぜひぜひコメント欄にお書き下さいませ~




コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

洋野エモーション 3月15日

おはようございます。
憧れの存在である気象予報士の井田さんが、まさかの同い年だと知り愕然としたケイティです。
(うん、アンタもっと頑張りなよ。)



さて。
3月15日(土)の洋野エモーションの様子です。



bDSC04249_20140318101315c79.jpg
除雪を兼ねたトラクター登場。
そしてこのトラクター、ただのトラクターではありませんでした。




bDSC04250_20140318101316b31.jpg

宿戸ウニ直売会 at 宿戸漁港

5月3、4日

Coming soon!!



宣伝トラックならぬ、宣伝トラクター!
しかもこのシール、自前だそうです。
胸が熱くなるな…。



bDSC04251.jpg
週末はいつも参加してくれる「宿戸オーシャン」の子供たちが、この日も来てくれました。
…が、いつもセンターでダンスをしてくれる、ダンスリーダーのS君がお休み。

そこで、「みんな今日は何のダンスする~?」と聞いたところ…。




bDSC04253.jpg
ゴールデンボンバー風のダンスをすることになりましたwww



bDSC04252.jpg
ずっと跳ね続けるので、ケイティ列車到着前に早くも息切れwww
…というか、子供たちが賑やかすぎて、踊ったり踊らなかったり雪にまみれたり…。
もうカオスwwwww




bDSC04255_2014031810134835b.jpg
ケイティがゼェハァしてるうちに、列車が来ましたー!




bDSC04257_20140318101350abd.jpg
なんと!
さっきまでのカオスな状態から一転!
みんなの息の合ったすばらしいゴールデンボンバー

やっぱり、ヒロネーゼ(洋野町民)の子供たちの潜在能力はハンパないわー。




bDSC04259_20140318101351c8a.jpg
窓が曇るほど、列車の中のボルテージは最高潮。




bDSC04260_2014031810135406d.jpg
列車を追って、子供たちのダッシュ!


…と思いきや。




bDSC04261_2014031810135463c.jpg
列車そっちのけで、ダイちゃんを取り囲むの巻。




bDSC04263_201403181014515f8.jpg
「雪合戦しよーよ!」と詰め寄られるダイちゃん。
さりげなく逃げるマキちゃん。




bDSC04265_20140318101452f9e.jpg
あやうく雪玉攻めになりそうだったダイちゃんマキちゃんを救った、リアル南部ダイバーの2人。
種市高校海洋開発科の、下川先生(左)と横葉先生(右)です。

子供たちにとって、小さい頃からこういう潜水服や南部潜りの伝統に自然に親しむ機会があるのは、すごく良いことですよね。
近年、地元の高校に通う子供が減ってきているそうなので…。
全国的に見ても、種市高校が貴重な体験ができる学校であるということを、子供たちに知ってもらいたいな…と思います。




bDSC04266_20140318101454d91.jpg
宿戸地区の皆さん、どうもありがとうございました!

そうそう。
宿戸地区ではなんと、昨年11月からの有志の皆さんによる地道な活動が少しずつ地域に浸透してきたようで…。
今度から、漁協のお姉さま方を中心に、土日に数人ずつかだってくれることになりました。
とてもありがたいです


東北エモーションの、4月から9月までの運行日数を数えたところ、97日ほどありました。
…となると、1回の運行で最大48名のお客さんが乗るわけなので、単純計算で4000名以上の人が洋野町を通ることになります。
しかもここでポイントなのは、列車に乗っているお客さんはあくまでも「東北エモーションに乗るために来た」のであって、洋野町を見るために来たのではないんですよね。
そういう、今まで洋野町に関心がなかった(or 洋野町を全く知らなかった)という人を、旗振り等でお出迎えすることでもしかしたら洋野町に興味を持つキッカケを作れるかもしれない…というのは、すごく重要な事だと思います。

自然豊かで美味しい食べ物がいっぱいあって、星が綺麗で、町の人達はとても心温かくて素直で、でも笑顔の裏には忍耐強さが隠されていて、「本当の豊かさ」とは何か気づかせてくれる…、そんな素晴らしい場所である洋野町の存在を知ってもらって、全国に、いや、全世界に「洋野ファン」を増やしたいです。



東北エモーション運行情報
今週は、28日(金)~31日(月)の4日間連続で走ります!
通過時刻は、種市駅(12:00頃)・宿戸大浜(12:10頃)・小子内(12:15頃)・有家(12:20頃)です。
※天候等によって多少遅れることもあります。

ご都合のつく方、ぜひ線路沿いで列車に手を降ってみて下さいね


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。