ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

角浜小ヒーローの旅 2014 ~アイスクリーム作り・パークゴルフ体験~

おはようございます。
まさかのしゃがれ声なケイティです。



さて。
角浜小ヒーローの旅 2014 ~木工体験~の続きです。



bDSC08989_20140724191514a6b.jpg
午前中の木工体験を終え、お昼ご飯を食べて…、



bDSC09005_2014072419151534e.jpg
午後はまず、アイスクリーム作りからスタート!
おおのキャンパス内にある「おおのミルク工房」の牛乳を使って、アイスクリーム作りに挑戦!
岩手県の食の匠にも選ばれている「よつば乳製品加工グループ」の塩倉さん・堤内さんに講師に来てもらい、アイスクリームの材料の分量を量るところから、混ぜて、冷やし固めるところまで、一つ一つ教えてもらいます。



bDSC09011.jpg
何はなくとも卵割り。
初めて卵を割る…という子も何人かいました。



bDSC09015_201407241915180a5.jpg
家でお手伝いしている子は、混ぜる姿もサマになっています
火にかけたり温度を計ったり氷水で冷やしながら混ぜたり…と、全ての工程を終えて!



bDSC09051_2014072419152048e.jpg
アイスクリーマーに入れて、固まるのを待ちます



bDSC09063.jpg
そして、15分程経ち…。
無事にアイスクリームが完成!



bDSC09072.jpg
お待ちかねの試食ターイム!
「美味しい」
「今まで食べた中で一番美味しい」
「味が濃い」
などなど、何回もおかわりする子が続出

自分達が住んでいる地域で、こんなに美味しいアイスクリームになる牛乳を作っているなんてスゴい!…という「地元愛」をですね、子どものうちから地域ぐるみで育てて行きたいわけです。



bDSC09087.jpg
美味しいアイスクリームを食べた後は…、
おおのキャンパス内にある、本州一の広さを誇るパークゴルフ場に移動~。



bDSC09127.jpg
♪つむじ風舞うティーグランドで
♪目指すはグリーンのターゲット~



bDSC09171.jpg
♪大地をつかむ両足と
♪斗志(とうし)をつなぐ両腕に
♪命を懸けたこの一打~
♪白いボールよ~ 火と~燃~えよ~



bDSC09204.jpg
♪飛べ!早く強く~高く~!
♪飛べ!早く強く~高く~!
♪雲を裂き~ 嵐を呼んで 夢~を 夢を 夢を~
♪夢~を勝ち取ろう~

ワイは猿や!
プロゴルファー猿や!!





おっと。
すみません。
この景色を見てたらうっかりアニソンを鼻ずさんでしまいました。
(うん、子ども達のパークゴルフ体験についてのレポをお願いしたいです。)

ところで、今どきの子ども達も「プロゴルファー猿」を知ってるのかな…?
30年以上ぶりくらいでこの歌を歌ってみて、案外イイ歌詞だったんだなぁ~と思ったケイティです。


さぁ、この後子ども達はどんなワクワク体験をするのかな?
次回のレポをお楽しみに~


関連記事はこちら
「角浜小ヒーローの旅 2014」
木工体験
アイスクリーム作り・パークゴルフ体験

「角浜・城内小ヒーローの旅 2013」
記事のまとめページ


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事
スポンサーサイト

洋野エモーション×小子内漁港 6月28日

おはようございます。
車に鳥のフンをお見舞いされることが多いケイティです。



さて。
毎週感動を巻き起こしている洋野エモーション。
6月28日(土)、小子内浜(おこないはま)漁港で行われた「仁義なき戦い」と称されるエモりっぷりについてお伝えしたいと思います。



bDSC08776_2014072419234195e.jpg
お馴染みの防波堤。


この防波堤の先端に鎮座するのは…!



bDSC08777.jpg
小子内の聖火ランナー!
キタ—―――!!!

列車が来る前のスタンバイ状態の時には、聖火部分(雪かきシャベルに旗をくくりつけたもの)をぐるぐる回す…という貴重なパフォーマンスが見られます。




bDSC08779_20140724192344379.jpg
この日は、聖火ランナーの応援隊として、2人の漁師さんが防波堤に駆けつけてくれました!



bDSC08780_20140724192345939.jpg
どーん



bDSC08781.jpg
どーん
仁義なき戦い。

風が強くて、飛ばされないようにしゃがんでいるのです。
誰か大物を狙い撃つためにしゃがんで身をひそめているではありません。
(うん、そのキャラ設定がだいぶ偏ってるね。)



bDSC08784a.jpg
3人の猛者による、仁義なき戦い。



bDSC08785a.jpg
(あ、こっち見た。)



bDSC08787_20140724192419803.jpg
なんと、防波堤には更に1人増えて…、



bDSC08797a.jpg
いよいよ列車が見えて来ました!
満面の笑みを浮かべての仁義なき戦いです!
(うん、どんな状況よ




bDSC08799.jpg
こちらの広いスペースでも、漁師さん達がのぼりを振ってくれました!

列車が通り過ぎ、漁師さん達は「今日はゆっくり通ったな~」とか「カメラがカシャっと光ったべ!」と話に花を咲かせつつ…。
小子内地区でも、少しずつですがエモーションが根付いてきたようでありがたいです



東北エモーション運行情報
今週末は、8月1日(金)~4日(月)の4日間連続で走ります!
通過時刻は、種市駅(12:00頃)・宿戸大浜(12:10頃)・小子内(12:15頃)・有家(12:20頃)です。
※天候等によって多少前後することもあります。

ご都合のつく方、ぜひ線路沿いで列車に手を降ってみて下さいね


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

角浜小ヒーローの旅 2014 ~木工体験~  

おはようございます。
今朝は牧場の散歩からスタートしたケイティです。



さて、今日から。
7月1日~3日に実施された「角浜小学校教育旅行“ヒーローの旅”」のレポートを、一挙大公開したいと思います!



bDSC08864.jpg
7月1日(月)、午前9時。
角浜小学校の玄関前にて。



bDSC08866_20140724191251a5a.jpg
“ヒーローの旅”に参加する5年生児童9人が集合し、出発式が行われました。

ここで、は、“ヒーローの旅”について軽くご説明を…。
角浜小学校の教育旅行“ヒーローの旅”は、「実践型の体験活動を通じて子供たちの“生きる力”を育てよう!」という目的のもと、「自ら課題を見つけ、学び、考え、判断し、行動し、より良く問題を解決する能力を育む教育」の一環として2010年にスタートし、今年で5回目。
毎年6月~7月頃に5年生児童を対象に2泊3日の日程で行っています。
実は去年までは、城内小学校との合同教育旅行だったのですが…。
城内小学校が閉校となったため、今年は角浜小学校単独での実施となりました。

この“ヒーローの旅”のプログラムの中には「民泊」という、農家や漁家のお宅に泊まる体験が含まれています。
この「他人の家に泊まる」ということが、将来的なコミュニケーション能力を高めるのに非常に効果があると言われていて、全国のグリーンツーリズム先進地で小・中学生の民泊受け入れ件数が増えていることが、教育効果の高さを裏付けています。
また、洋野町の歴史や文化、町の主な産業である農業・漁業、特産品ついて学び、町民同士の交流の促進を図る…というサブテーマもあります


bDSC08867.jpg
バスで移動し、“ヒーローの旅”の主な舞台となる大野地区に到着~。



bDSC08868_20140724191255773.jpg
おおのキャンパス内にある「グリーンヒルおおの」で…。



bDSC08873.jpg
入村式が行われました。
自己紹介や、グループごとに決めた目標や決まりを発表します。
今回みんなで決めた目標は「自分から進んでやる」。決まりは「会った人に挨拶をする、自分勝手に行動しない」でした。
3日間の日程なども確認し、いよいよヒーローの旅のはじまり~!



bDSC08882_2014072419134666a.jpg
おおのキャンパス内の工房に歩いて移動し、洋野町の特産品である「大野木工」の木の器が作られる様子を見学しました。



bDSC08891.jpg
実際に木工ろくろを回して木を削る作業も見せてもらいました~。
はじめはザラザラしていた木の表面が、職人さんが削ることによってツルッツルになり、子ども達も手触りを確かめて「おぉ~!」と驚いていました。



bDSC08905.jpg
続いて、お隣の木工体験室にて「壁かけ作り」に挑戦!
おおのキャンパス周辺に生えている木や葉っぱを使った様々なパーツを組み合わせ、子ども達がそれぞれ好きな文字などをかたどり、世界に1つだけの壁掛けを作ります。



bDSC08913_20140724191350d0a.jpg
土台となる木の板を切るところから始める子もいたり…。



bDSC08919.jpg
これは、ホットボンドという道具。
初めての道具も、使い方を聞いてしっかり使いこなしていました



bDSC08930_2014072419142106e.jpg
だいたいいつも、自分の名前を書くパターンが多いのですが…。
今回、顔を書いた子がいました。
周りに流されず、自分が「イイ!」と思ったものを貫くのも素敵ですね



bDSC08942_20140724191423196.jpg
こちらは、子ども達と一緒に壁かけ作りに参加した角浜小学校の先生の作品。
「木の板を土台にする」という概念を覆し、なんとも素晴らしい写真立てを作っていました!
何も見本などを見ずに作ったそうです。もはや芸術の粋。
角浜小学校の子ども達も、こういう独創性というか、豊かな想像力を持った人になってほしいな~。



bDSC08961_201407241914258e2.jpg
出来上がった壁掛けを持って、記念写真

さて、この後はどんなプログラムが待っているのでしょうか…?
次回のレポをお楽しみに~


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

2014年7月 小子内浜のウニ漁

おはようございます。

7月から8月中旬頃まで、洋野町ではウニ漁の最盛期です。
消費者の皆さんに、ウニを獲って殻剥きをする人達のことを少しでも伝えたい!…と思いまして。
先日、小子内浜のウニ漁の様子を激写して来ました~。



bDSC09883_201407231606174d6.jpg
7月13日(日)
朝7時過ぎ頃の小子内浜漁港。



bDSC09906.jpg
この日はウニ漁の初日でした。
8時から漁開始ということで、7時過ぎにはもう漁師さん達が港に来て準備を始めていました。



bDSC09891_20140723160619424.jpg
通り過ぎる八戸線の列車。




bDSC09895_20140723160621edc.jpg
ん?
なぜに昆布!?



bDSC09896_20140723160624b7f.jpg
えー!!



bDSC09898_20140723160700ebd.jpg
まさかの、水中メガネの曇り止めwww
どうやら昆布のヌルヌルがいいらしいwwww


さらに、別の漁師さんは…、





bDSC09892.jpg
よもぎwww
マジかーwwww

皆さん、自然界にある色々なものを曇り止めとして使っているようです。
素晴らしいなぁ…



bDSC09908_201407231607044be.jpg
そんなこんなで、7時半を過ぎると漁師さん達は船を出し始め…。



bDSC09931_20140723160704e3d.jpg
8時の音楽(南部ダイバー)が鳴ると同時にオレンジの旗が振られ、ウニ漁開始です!



bDSC09936.jpg
ドボーン。


この日のウニ漁は30分間行われました。



bDSC09954.jpg
30分後、網いっぱいのウニ。



bDSC09951.jpg
海の男衆。



bDSC09983.jpg
漁師さん達が潜って採ったウニは、漁港へ運ばれ…。



bDSC09984.jpg
リヤカー!
ケイティ、リヤカーが実際に使われているところを見るのは初めてで感激!



bDSC09999.jpg
そして、作業場に運ばれたウニは、殻を割って身を取りだします。
これがもう、家族総出…というか集落総出の一大作業なわけです。



bDSC09988.jpg
ここまで綺麗に身を取るのに、本当に手間ひまかかってます。
ずっと下を向いて作業するので、かなり腰に来るレベル。
でも、洋野町の美味しいウニをたくさんの人に食べてもらうため、1つ1つ手作業で丁寧に愛情込めてやっています。
この地元の人達の思いが、消費者の皆さんにも伝わるといいなぁ~

ウニ漁はお盆辺りまでですので、ぜひそれまでの間に一度洋野町にウニを食べに来て下さい。
醤油をかけなくても美味しい生ウニ丼はおススメですよ~


洋野町で生ウニ丼が食べられるお店
(価格などは直接お問い合わせください

フレンドリー(洋野町種市5-24-1/TEL:0194-65-3973)

ドライブインまつはし(洋野町種市12-27/TEL:0194-65-2907)

磯料理 喜利屋(洋野町種市17-47-1/TEL:0194-65-2971)

はまなす亭本店(洋野町種市22-131-3/TEL:0194-65-2981)

はまなす亭産直店(洋野町種市32-95-1/TEL:0194-65-5188)

なかの食堂(洋野町種市23-25-109/TEL:0194-65-2003)

旬魚旬菜かめふく(洋野町種市32-47/TEL:0194-65-5559)

食の舘(たねいち産直ふれあい広場内)(洋野町種市32-95-1/TEL:0194-65-5200)

アグリパークおおさわ(洋野町種市69-16-1/TEL:0194-66-2662)

マリンサイドスパたねいち(洋野町種市23-27-19/TEL:0194-65-5735)

磯料理 喜利屋ウニーク店(洋野町種市22-133-11/TEL:0194-65-5161)




コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事

種市高校でスキューバダイビング体験講座!

おはようございます。
今日は気合いを入れて洗濯したいケイティです。



さて。
今日は、暑い夏を涼しく過ごすのにピッタリな情報をご紹介したいと思います!




ダイビング体験講座
じゃーん
種市高校で、スキューバダイビング体験講座が行われます!

種市高校は、100年以上の伝統を持つ「南部もぐり」が継承されていて、その優れた技術は国内だけでなく海外でも高い評価を受けています。
このスキューバダイビング体験を通して、海に生き、海と共に歩んで来た種市高校海洋開発科の海洋教育を町内外の人達に発信し、地域の喜びと誇りを共有しよう!…というものなのであります。

何はなくとも、スキューバダイビングに興味はあるのに今までチャンスがなかったなぁ~というアナタにうってつけ!
種市高校の先生や生徒達(ガチ・南部ダイバー)が丁寧に教えてくれます
ぜひ、プールの中で魚になったつもりで泳いでみましょう~

ケイティも、都合がつけばぜひ参加してみたいなぁ~と思ってます

【日 時】
第1回 平成26年8月2日(土)
第2回 平成26年8月3日(日)
第3回 平成26年8月9日(土)
第4回 平成26年8月10日(日)
※各回 9:00~16:00

【場 所】
岩手県立種市高等学校 海洋開発科 潜水実習プール

【対 象】
中学生以上

【人 数】
各回10人程度 先着順

【参加料】
無料

【内 容】
機材説明(取り扱い方など)
スキンダイビング基本トレーニング(水深3メートルまで)
スキューバダイビング基本トレーニング(水深5メートルまで)

【講 師】
海洋開発科職員、生徒

【申込先】
岩手県立種市高等学校 海洋開発科
〒028-7912 岩手県九戸郡洋野町種市38-94-110
(電話)0194-65-2147   (FAX)0194-65-5657
種市高校ホームページ

【その他】
1.各回とも同じ内容で行ないます。(複数回の参加も可)
2.当日は、水着・バスタオル・昼食を持参して下さい。
3.実習用の装備を使用しますが、個人で所有している装備を持参しても構いません。
4.怪我などについて応急処置はしますが、その後は自己責任でお願いします。
5.この講座でCカードなどのライセンスを取得することはできません。
6.高校生の実習用の器材を使用しますので、体格によっては機材が合わないこともあります。その場合、体験内容が若干制限されることもあります。


町外から来る方は、種市高校でダイビング体験した後にぜひ、洋野町の美味しい「生ウニ丼」を食べて行ってもらえたら嬉しいです


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。