ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

復興エコツーリズム推進モデル事業 洋野町モニターツアー(10) 地元民と一緒に夕食交流会

おはようございます。
クエン酸を溶いた水をヤカンに入れておいただけで、焦げ付き(?)がきれいに取れたことに感激しているケイティです。
不思議なことにね、外側まできれいになってたんですよ。
クエン酸ってすごいなー


さて。
復興エコツーリズム推進モデル事業 洋野町モニターツアー(9) 地元のお母さんと一緒に昆布巻き作り」の続きです。
昆布巻き作りも体験し、夕食の準備が整ったところで、お楽しみの夕食交流会が始まりました~♪




bIMG_0121.jpg
お客さんと、鮭とばと夕食作りにかだってくれた宿戸の皆さんと、スタッフと…。
総勢40名での大交流会となったのでした。




bDSC06835a.jpg
「人見知りだから、どうなるかな…」と心配していたお客さんもいたのですが、「皆フレンドリーで、めいっぱいおしゃべりしてしまいました!」…とのこと。




bDSC06836.jpg
SAKEは人と人を繋ぐ。




bDSC06838.jpg
宿戸女性部を代表して、部長の高屋敷恵美子さんから挨拶。
「私たちのお料理の一番の調味料は、“愛”です




bDSC06839.jpg
8名もの宿戸女性部のお母さん達がこの美味しいお料理を準備してくれたのでした。

お母さんのうちの1人が、お客さんに対して「せっかく遠くまで来たのに、公民館みたいな所でご飯を食べさせられて、がっかりしませんか?」と問いかけたところ…、そのお客さんは、「こういうのが楽しいのよ。会話がご馳走なの。」と答えてくれました

その他、「一生懸命作ってくれたことに感謝します。」「とにかくあたたかくて、美味しくて、楽しかった。」と、この夕食は大好評でした。




bDSC06840_20150403100728b41.jpg
鮭とば作りにかだってくれた、宿戸漁業研究会と宿戸南漁協のメンバーからもご挨拶。



bIMG_0130.jpg
そして、ノリにノッた「まもちゃん」こと鮭とばインストラクターの吹切守さんが、自身の十八番でもある「アカペラ南部ダイバー」をフルコーラスで披露したのでした…

この時にね、洋野町オフィシャルグッズの「南部ダイバーウェア3種」が大活躍したんですよ。
南部ダイバーの歌は1番から3番まであるのですが、
Tシャツ…1番の歌詞
ポロシャツ…2番の歌詞
パーカー…3番の歌詞
が、背中の部分にプリントされています。

関連記事はこちら
洋野町オフィシャルグッズ第2弾

3つのいずれのウェアーも着ているスタッフがいたので、急きょ前に立ち、歌詞を見せながらみんなで一緒に(?)歌うことができました。

この、歌詞のプリントについてとあるお客さんから、
「3種類それぞれ違う歌詞がプリントされてたなんて知らなかったよー。知ってたら水産会館で3種類とも買ったのに~。これ絶対、売り場に“Tシャツ、ポロシャツ、パーカーの3種類買うと歌詞がコンプリートします”みたいな宣伝した方がいいよ~”!」
という、ありがたい販売促進アドバイスを頂きました。
(水産会館関係者の方々、ぜひご検討よろしくお願いします




bDSC06842.jpg
夕食交流会を終えて、バスに乗り込み…。
地元民の皆さんが会場の外に出て、エモーション風にお見送りしました。
参加者の皆さんのこの笑顔に、スタッフもとても嬉しくなりました。


続く…

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する