ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

いわての浜料理選手権 ~後編~

おはようございます。

「いわての浜料理選手権 ~前編~」の続きです。
4つのチームのお料理が、それぞれ出来上がりました!

お腹空いてる方は要注意…



bDSC07788_201504201653594d7.jpg
種市南漁協宿戸女性部  「たねいち海浜定食」

・わかめとしらすのご飯
・まつもと帆立のお吸い物
・ウニあんかけかぶら蒸し
・昆布の佃煮
・ミニトマト&ブロッコリーのマリネ

「種市ならではの浜の味を知って頂けるよう、地元食材を使い、素材自体がもつ味わいにこだわりました。うに、わかめ、まつも、昆布は宿戸の天然物を使い、“材料費500円(概ね)”という決まりの中でも、彩り鮮やかに高級感のあるお料理になるよう仕上げました。」



bDSC07785_201504201653562dc.jpg
釜石湾漁協 平田女性部 「ほたてとわかめの彩り御前」

・帆立の炊き込みご飯
・帆立入りメンチカツ わかめの彩り
・帆立つみれ汁
・帆立の南蛮漬け
・わかめのからし酢味噌あえ
・三色かんてん

「毎朝出荷している帆立とわかめをメインに考えてみました。帆立の貝柱、ヒモで作ったつみれの出汁を炊き込みご飯や南蛮漬けなどにしようしています。デザートは釜石特産の“甲子柿”をかんてんにしました。



bDSC07784_20150420165355286.jpg
大船渡市漁協 大船渡地区女性部 「大船渡まるごと味わい御前」

・さんまの野菜ロール(りんご入り)
・鮭の油揚げ包み
・鮭のあら汁
・茎わかめの酢の物
・ミニトマトのシロップ漬け

「大船渡の食材をふんだんにつかった家庭料理です。特にりんごがアクセントになっていますので、ぜひご家庭でも季節の定番食材としてお試しください。」



bDSC07796_20150420165359cfc.jpg
船越湾漁協女性部 「母のこころづくし」

・鱈のきのこあんかけ
・花いかの盛り合わせ
・鮭の二色すりみ汁
・赤米のごはん
・なばなの煮びたし
・三色ゼリー

「久しぶりに帰省した子どもに、季節感たっぷりの食材をバランス良く食べさせたい母ごころです。」



うーん、どれも素晴らしいですよね。
何より…、各地区のステキな浜のお母さん達が一生懸命作ったお料理です、順番なんてつけられない!
そんな中、最優秀賞は船越湾漁協女性部「母のこころづくし」に決まりました。おめでとうございます~!
その他の3つのチームは優秀賞を受賞。
みんな本当に、お料理よりもむしろ、明るく元気なお母さん1人1人が最優秀賞をあげたいくらいでした。



bDSC07864a.jpg
宿戸女性部の、ステキなお母さんどーを激写



この「いわての浜料理選手権」は、水産業及び漁村地域の復興に向けて、漁協女性部の活性化を図る…というのが目的だそうなんですが…。
多分、どこの地域も浜のお母さん達って元気で賑やかで、周りを明るくしてくれる存在だと思います。
3世代家族も多い地域なので、家ではきっとお嫁さんとお姑さんの間に立つ、家事の中心的な役割を担っているかもしれません。
そして、浜作業があれば参加したり、地区会や婦人会、そのほかにも地域の色々な団体に所属しているお母さんも多いと思うんですよね。
お母さん1人1人をクローズアップして全国に紹介するだけでも、よその人を感動させたり、そいういう反響が地元民の意識を変えるのに役立ったりすると思うので、ある意味活性化にもつながるんじゃないかな~と思うのですが…。

これだけ素敵なお母さん達に集まってもらったのに、交流する時間もあまりなくただ「競わせる」というのは、ちょっともったいないんじゃないかなぁ~と思ったりもしました。
普通のお母さん達が潜在的に求めてることって、果たして、お母さん同士で競って優勝することなのかしら…?

…と、いろいろ考えるきっかけをもらった気がするケイティなのでした


ここで、耳よりな情報です!
この「いわて浜料理選手権」で、地区別大会を含めて各漁協のお母さん達が考えたメニューが、飲食店とコラボしました!
洋野町では、はまなす亭とフレンドリーで食べられますよ~

詳しくはこちら
さんりく 駅—1グルメ 「浜の母さん」料理特集

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する