ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

普代村の「ふだいエモーション」 2015年9月13日

こんぬづわ。
本日2度目の更新です。

東北エモーションに大漁旗などを振ってお出迎えする有志活動「洋野エモーション」が、徐々に他の地域にも広がっている…という嬉しいニュースをお伝えします。


bIMG_1040.jpg
洋野町から南へ、車で約60キロのところにある普代村(ふだいむら)。
被災地から元気を発信したい!…と、震災以降、年2回開催している「ふだいまるごと元気市」という行事があります。

ちなみに写真は鵜鳥神楽の舞。
今年3月に国指定重要無形民族文化財に指定されたそうです。
村の誇りが若者にも受け継がれています。




bIMG_1082.jpg
場所は、普代駅前のふれあい広場。
いろんな出店や、ステージアトラクションなど、盛りだくさんです。




bIMG_1122_2015101818485649b.jpg
9月13日に、「ふだいまるごと元気市 2015秋の感謝祭」が行われたのですが、この時の目玉はこの「すき(好き)昆布ゲートだモン(門)」だったそうです。
普代村の特産品「すき昆布」を、空き箱まで有効活用するという素晴らしいアイデア…




bIMG_1005.jpg
そしてこの元気市では、なんと「ふだいエモーション」をやってくれたのです!!

聞くところによると、元気市の恒例イベントとなってもう3回目だそうで…。
ありがたいなぁ…。
1本目の列車には、300個のカラフルな風船を飛ばすという試み!
タイミングもバッチリで大成功だったようです。




bIMG_1052.jpg
2本目の列車には、青い袋を振ってお出迎え。
村のキャッチコピー「青い国ふだい」にちなんで、ブルーで統一したそうです。
これもまた素敵ね~。


普代村は三陸鉄道エリアなので、東北エモーションが運行していないのですが…。
それでも、野田村の「のだエモーション」に続き、「ふだいエモーション」と名前をつけてくれてなんだかすごく嬉しいですね

列車だったり、お客さんだったり、何かをお出迎え&お見送りして賑やかに盛り上がることが「エモーション」「エモる」という言葉で通じるようになる日が来たりするのかも…(笑)。

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する