ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

鮭とばの作り方

おはようございます。
ONE DIRECTIONのニューアルバムの中では、いまのところ「PERFECT」という歌が一番お気に入りのケイティです。


さて。
皆さん「鮭とば」って知ってますか?
ケイティは洋野に来てから、「鮭とば」というものを知りました。
新巻鮭の塩なしバージョン、且つ、身を細く切って干したもの。
…という感じでしょうか

この時期洋野沖で獲れている鮭を使って、今日は「鮭とば」の作り方を紹介したいと思います!



bIMG_8975a.jpg
ロケ場所は、まさかの船の上。
ここは宿戸漁港です。



bIMG_8979a.jpg
自他ともに認める鮭とばインストラクター(?)の、「まもちゃん」こと吹切守さん。
ウニやアワビを潜って獲る、宿戸の漁師さんです。

鮭とば作りの、一番はじめの作業は「布でよく拭く」こと。
魚のウロコってツルッツルというかヌルヌルというか、すごく滑るんですよ。

拭きながら、「鮭、ありがとう。美味しく食べるからね。」と、鮭の命に感謝することも大切。




bIMG_8991a.jpg
エラを取ります。

魚のエラは、人間で言うと肺に当たる部分。
毛細血管がたくさん通ってて、残しておくと傷みやすいのだそうです。




bIMG_9029a.jpg
三枚おろしにしていきます。
まずは、背骨に沿って頭から尾びれまで包丁を入れて、裏と表(?右と左?)の身を切り離します。




bIMG_9042a.jpg
そして、中骨を取るためにこんな感じで包丁を入れていきます。
この時、勢い余って包丁の刃がグイッと行ってしまうこともあるので、自分の周りには人がいないことを確認して下さいね。




bIMG_9059a.jpg
三枚おろしにした身を、細く短冊状に切れ目を入れます。
これで、乾きやすく、そして食べやすくなるのですね。




bIMG_9097a.jpg
ぎゃー!
はらわたを狙ってウミネコ先輩がやって来た!

身や白子を食べるのはまだわかるけど、切り取ったエラを丸飲みしたのには驚きました。
トゲトゲとか固い部分もくっついてるのに…。
ちゃんとお腹で消化されるのかな?




bIMG_9142a.jpg
紐を通して、出来上がり!

この状態で外に干し、乾燥したら完成です。(乾燥具合はお好みで
猫やカラスに狙われないよう、ネットを被せたりすると尚可!



冬の北の海ならではの、鮭の命に感謝して作る「鮭とば」。
塩も化学調味料も一切添加物なしです。
家の軒先で干して(潮風があたる場所が理想)、自分の好きな固さになった時に食べたら、お酒もいつも以上に美味しく感じられそう…


「鮭とば作り」は、体験メニューとして常時提供しているものではないのですが…。
もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、お問い合わせください

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する