ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

2015年 No Limits ドラマキャンプ in ひろの 3日目(4)

おはようございます。
昨日ぽんぽこ先輩の記事を見た人からの反響が、意外に多かったんです。
その中でも、「1匹でいるのはよく見るけど、2匹って珍しい。」という話がありました。
「2匹って珍しい」って感じること自体が驚きです
軽米町で出会った2匹のぽんぽこ先輩の関係について、検証してみたいケイティです。


さて。
2015年 No Limits ドラマキャンプ in ひろの 3日目(3)」の続きです。


IMG_2227.jpg
3日目の夕方は、「夢ポケットプレゼンテーション」の時間です。

子ども達が、「大人になったらどんなことをしたいか」を夢ポケット(画用紙)に描いたものをみんなの前で見せ、しかも「I will be a...」と英語で発表します。
これね、子ども達にとってはすごくドキドキで緊張するんですよね~。
簡単な単語とは言え英語でしゃべることも、画用紙に描いた絵を見せることも、自信があったりなかったりで、子ども達はありったけの勇気を出してこの緊張を乗り越えます。

そして、この画用紙がポケット型なことに大きな意味があります。
◯◯えもんのポケットって、何でも望むものが出てきますよね?
この夢ポケットも、子どもたち1人1人が望む夢を描いてみんなにシェアしたら、実現する力を後押しして現実になっていくよ~!…というサマンサの思いが込められています。


IMG_2289.jpg
はにかみながら夢ポケットを見せる男の子。
大切なのは、1人の夢をみんなで一緒に「実現するイメージ」をし、お互いを応援しあう仲間になる…ということなんです。




IMG_2241.jpg
子ども達が「大人になったら」…と思い描いている夢に、サマンサの「それ、今からでもできるね♪」「それ、もうやってるよね♪」…というアドバイスが加わると…。
「夢」は「叶う・叶わない」というものではなく、「イメージしたことを実際に行動に移す力、継続する力」であることを子ども達が体感するんです。




IMG_2322.jpg
「できない」「無理」って、自分でそう思ってるだけなんだなぁ…と、子ども達が腑に落ちる時間でもあります。




IMG_2281.jpg
中学校1年生の男の子。
ドラマキャンプに参加するのは3回目で、信頼されるリーダーです。

この男の子がね、「将来○○になったら、サマンサのドラマキャンプをたくさんの人に広める!」…って言ってくれたんです。
3泊4日の宿泊プログラムであるドラマキャンプを、ただの「楽しい体験」ではないことを理解してくれていたんですね…。
このドラマキャンプを通して自分が経験したように、たくさんの子ども達に「No Limits」な心を持ってほしい、そして、主催のサマンサの思いをたくさんの人に知ってほしい…、そう感じてくれたんだと思います。




IMG_2232.jpg
そして、すごくドラマチックな発表がありました。
小学2年生の女の子、Cちゃん。
Cちゃんは前の年、1年生ながら初めてドラマキャンプに参加したのですが、夢ポケットプレゼンテーションでは自分の順番が来た時に、不安と緊張で泣いてしまったんです。
その時にサマンサは無理に発表させず、「いいよ、今日言えなくてもいいんだよ」と声をかけていました。

Cちゃんは、そのことを「できなかった」で終わらせず、ずっと「来年は絶対発表するんだ!」と、自分の目標にしていたのです。
前の年に泣いてしまったCちゃんの姿を見ていたスタッフは、1年での成長ぶりに感激の涙…。

周りの子ができている中で自分だけができなくても、「ダメ」じゃないんですね。
時間はかかっても、その子が自分自身で課題を見つけて向き合って乗り越えられたら、それがその子にとっての最善なのかもしれないなぁ~。




IMG_2233.jpg
発表を終えた直後の、Cちゃんの晴れ晴れとした表情。
「No Limits(限界はない)」というテーマを通して、子ども達の「課題を見つけ、解決しようとする力(=生きる力)」を育むドラマキャンプなのです


続く…

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する