ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

種市小学校4年生の総合授業「種市ふるさとの宝物」(16) お客さんからメールが届きました!

こんぬづわ。
本日2度目の更新です。

北海道新聞にでっかく載った、種市小学校4年生の吹雪のエモーション。
この時の列車に乗っていたお客さんの中で、なんと4人の方が種市小学校にメールを送ってくれたのです!!


bimage1_320.jpg
車内で撮った写真を撮って送ってくれた方。



bimage4_320.jpg
いくつもの歓迎メッセージと、




bimage3_320.jpg
列車と並走して走る子ども達を、しっかりと写真に収めてくれていました。




bimage2_320.jpg
デッドヒート!


メールを送ってくれた方の中で、「ブログで紹介してもいいですよ~」と快くOKしてくれた方がいました。
感動のメール全文を、皆さまにもぜひ読んでもらいたいです。


種市小学校 4年生のみなさま
はじめまして。
私は、1月25日の東北エモーションに乗っていたTと申します。
大寒波が日本中を覆っている中での乗車でした。
雪景色の中を走る東北エモーション…
その時、車掌の放送で…
「左手をご覧ください、種市小学校の児童が手を振っております。」

まさかこの雪の中を…と思いましたが、元気いっぱいに手を振っている姿、さらには「東京からようこそ」の横断幕も…
妻と一緒に、一生懸命手を振りかえしていました、と同時に暖かい気持ちにもなりました。

手作りの「洋野町の紹介カード」は自分の宝物として大切にします!
東北エモーションが通過する洋野町、子供たちが作ってくれたメッセージカードがなければ、知らないうちに通過するだけだったと思います。
次回は通過せずに「食べて・体感して・感動体験」を、「洋野で」体験できればと思います。

洋野エモーションの活動を、今回初めて拝見しました。
勉強も大事ですが、「地元を知ること、伝えること」を小学校から体験できるのは本当に財産になると思います。
今後もぜひ、洋野エモーションを続けてください。

・夢を持つこと
・友達を大切にすること
・生まれた町を好きであること

勉強は大人になっても出来る。
ただ、生まれた町での体験は今のうちです。

最後に種市小学校の4年生へ。
私の自慢話です。
小さいころの夢は「電車の車掌」でした。
今、私は35歳。
鉄道会社にに入社して、夢だった車掌を経験しました。
今は車掌から離れて運行管理の仕事をしています。
夢だった仕事ってすごく楽しいですよ!!

最後に…
とても素敵な旅になりました。
「ありがとう!」




なんということでしょう…!
種市小学校4年生の子ども達が作ったメッセージカードがお客さん達に渡り、さらに洋野エモーションで出迎える…という日に、北海道新聞の取材があり、さらには鉄道会社の社員さんが乗っていたのです!
ここまで偶然が重なることがあるなんて…。
子ども達が起こした奇跡なんだなぁ…と思いました。

Tさんが、子ども達に向けてこんなに心に響くメールを送ってくれたことも、本当にありがたかったです。
担任の永井先生が子ども達にこのメールを読んであげた時、永井先生自身も涙がこみ上げて来たそうです。
子ども達に、達成感と、ふるさと・洋野町を誇らしい!…と感じてもらうこの取り組みを、お客様からのメールが後押ししてくれました。

メールを下さった皆さん、Tさん、本当にありがとうございました…!
このつながりが、これからも続くといいな…と思います


今週末の東北エモーション運行情報
次回は、11日(金)~14日(月)の4日間連続で走ります!
通過時刻は、種市駅(12:00頃)・宿戸大浜(12:10頃)・小子内(12:15頃)・有家(12:20頃)です。
※天候等によって多少前後することもあります。

今までエモりに来たことのない方も、2016年はぜひ!一緒に感動を味わいましょう~!
気軽にかだって下さいね

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する