ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

苔の達人現る ~後編~

おはようございます。
「苔(こけ)」を「海苔(のり)」と読んだ人が複数名いたことがわかり、結構驚いているケイティです。
「苔」の前に「海」とついているように錯覚したということは、普段よっぽど「海苔」という字に見慣れているということだよね…?
「漁村あるある」な感じなのかなぁ~。


さて。
苔の達人現る ~前編~」の続きです。


IMG_4210.jpg
「苔栽景」を見せてくれた松橋栄さんが、さらにまたスゴい作品たちを見せてくれました。




IMG_4213.jpg
八戸の高校生のロナちゃん、ちょうど「苔を使ったクラフト」に興味があったそうで…。
栄さんのアートの数々を、無心になって見ていました。

ロナちゃんが「苔ってどこにあるんですか?」…と聞いたところ、「どこにでもあるよ。外出たところにもあるよ。見てみる?」…ということで、さっそく苔を見に行くことに…。



kokesaikei04.jpg
あった!
苔あった!
コンクリートの平らな地面の上に、まさかの苔が!!
急きょ、ロナちゃんも苔アートに挑戦することになり、苔の取り方を教えてもらいました。

ケイティもこの日初めて知ったんだけどさ…。
苔って、「根がない」んだって!!
びっくりだよー!!
知らなかったよー!!!




kokesaikei05.jpg
栄さんが譲ってくれた木に、苔を乗せていきます。
この木もね、栄さんが山や林の中で、朽ち果てて地面に埋まっているような木端を拾ってきて、洗ったり土を綺麗に取ったりしたものなんです。




kokesaikei06.jpg
木を置いた時にグラグラするから石でも置くか…ってことで、栄さんが持って来たものがなんと!
「ジャンジョー」だったんです!

「ジャンジョー」とは…。
砂鉄から鉄を作る過程で、鉄以外の鉱物等が固まったものなのですが、それが種市や大野の山林にはゴロゴロあるんです。
それは、この地域が、江戸時代前期から昭和初期にかけて「たたら製鉄」の一大産地だったからなんですね。

昔の人が、ここで鉄を作って暮らしていた証となる「ジャンジョー」を、何十年何百年後の今、栄さんがなにげなく拾って、それをロナちゃんが「アート」として使っている…。
なんだか、不思議な巡り合わせを感じました。




kokesaikei07.jpg
完成!
栄さんのアドバイスもあり、ロナちゃんの「初・苔アート」が形になりました。





家に持ち帰ったロナちゃん、自分で作った妖精(紙粘土製)を置いてみました。
すごい!
苔アートに更に息が吹き込まれた感じ。
世界が広がった!




苔って、他の植物と違って「枯れる」ことがあまりないらしい…。
しばらく水分が不足して見た目がカラカラになってても、「活動休止」になっているだけで、また水をかけたりすれば元通りになるらしいです。
そして、土からの養分は必要とせず、光と水だけで生きているらしいんです。
なんだか、苔の生き方ってスゴいです。

ケイティこの時は時間がなくて出来なかったんだけど、苔アートやりたい…!!
…というわけで、近々また栄さんとこにおじゃまして苔アートしてきますので、レポをお楽しみに…♪

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Comment

たたらっち さんからのコメント
苔に覆われたジオラマもすごかったですが、枯れ木と苔のアートも味わい深いですね。
我が家の植木は自由奔放に育っているので、何とかアートっぽく出来ないか考えてみます。
それにしても洋野には味わい深い人がたくさんいらっしゃいますね。
2016.03.18 09:15 | URL | #- [編集]

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する