ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

おおのキャンパスでめいっぱい学び、楽しむプログラム「Fairy World Trip」(1)

おはようございます。
雑穀ごはんがうまく炊き上がると嬉しいケイティです。

さて。
4月3日(日)におおのキャンパスで行なわれた「Fairy World Trip」というプログラムについて紹介します。
もうね、子どもも大人もすっごく学べて楽しめる企画だったんですよ~♪

企画者はこちら!


bIMG_5013a.jpg
じゃーん

ひろのだよりでも去年とおととし、ずっと紹介し続けている「No Limits ドラマキャンプ」の主催者、ノーリミッツコーチング協会代表の「サマンサ」こと才神敦子さん(写真右)と、サマンサの娘の「ロナ」こと才神玲奈ちゃん(写真左)!

今回の「Fairy World Trip」は、高校2年生のロナちゃんのひらめきと、構想&組み立てを中心に企画されたプログラムなのです。
去年の夏のドラマキャンプで、ロナちゃん考案の「Fairy Cord」という謎解きウォークラリーをやったのですが、これが子ども達に大好評で「Fairy Cordだけでイベントやってほしい!」という声が上がるほどだったんです。

高校2年生と言えば、16~17歳。
正直、「子ども」とひとくくりにされてしまう年齢かもしれません。
しかしこのロナちゃん、母親であるサマンサの「No Limits子育て」の元、「夢中になれること」や「ひらめき」をどんどん行動に移して形にして行ったら、なんとまぁこんなに立派な半日のプログラムになっちゃった…ということなのです。



bFairy-World-Trip.jpg
Fairy Wolrd Tripの開催案内は、ドラマキャンプに参加者や、サマンサの英会話教室に通っている子ども達やその親などなど、サマンサのFacebookやブログを通してしかお知らせしていなかったのですが…。
1~2週間で、定員20名がいっぱいになってしまいました。
口コミの力ってスゴい。



bIMG_4832.jpg
プログラムその①
ロナちゃんが大好きな「妖精」について、ロナちゃんが学んだ妖精についての知識を、子ども達に伝える「Farly Talk」。
妖精を信じている子どもだけが参加できる妖精講座…ということで、ケイティ参加できず。
この、「子どもだけ特別」っていう枠を設けたところがステキだわ~



bDSC_3519.jpg
高校生のロナちゃん、子ども達に妖精の絵などの資料を分かりやすく見せたい…ということで、人生で初めてパワーポイントでデータを作ったそうです!
スゴい!!
好きなもののためなら、色々チャレンジできちゃうんだよね。

ちなみに、Fairy Wolrd Tripは、おおのキャンパスの協力なしには開催できなかった…というくらい、ものすごく協力して頂いたんです。
このFairy Talkの会場も、テーブルや椅子、スクリーンやプロジェクターなど、スタッフの皆さんが当日の朝早くに準備して下さったのでした。
その準備っぷりといったら、カンペキすぎて感動するほどでした…(涙)。



bDSC_3554.jpg
子ども達に配られたテキスト。
表紙のステキなイラストは、なんとロナちゃんが描いたものなのです!



【おまけ】
招待状
3月中に参加申し込みをした子供たちへ、Fairy World Trip当日までのワクワク感を高めてもらうために送られた招待状。
ロナちゃんとサマンサで、醤油を薄めたものを塗ったり、縁を焦がしたりと、手作業の「アンティーク加工」を施したのがすごい!
まるでハリーポッターとかロードオブザリングの雰囲気

アイデアと工夫次第で、子ども達がワクワクする世界を作れるんですね…

(2)へ続く…


過去の記事はこちらから読んでね
No Limits ドラマキャンプ 関連記事一覧

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する