ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

伝吉子ども会の鮭とば作り(1)

おはようございます。
有線でかかっていた曲がとても気になったので、スマートフォンの「Track ID」という機能を初めて使ってみたケイティです。
とても気になった曲がかかっている間はTrack IDで検索できなくて、その次の次の曲くらいで検索してみたら、
「前前前世」
と出てきて、何かの間違いか、文字化けなのか、ビックリしたわ~。

そして、気になった曲は、後から調べたらBank Bandの「こだま、ことだま。」という曲でした。


bIMG_0461a.jpg
そんなこんなで、昨年の12月末の出来事を今更ながら紹介したいと思います。



bIMG_0466.jpg
有家川さけ・ます共同ふ化場で、伝吉子ども会の皆さんが鮭とば作りに挑戦することになったのです!

しかーも!
嬉しいことに、去年の秋ごろブログで紹介さいた鮭とばの記事を見て「子ども会行事として、親子でできないかな」という直接のオファーがあっての、この鮭とば作り。
ブログを通して、誰かの気づきや行動につながるのが、本当に嬉しいです。

ケイティも事務局スタッフとしてかだらせてもらっている、「海と高原のまち・ひろの体験交流推進協議会」を窓口として、伝吉子ども会の鮭とば作りをコーディネートすることになりました。



bDSC08326a.jpg
ブログを見て興味を持ってくれたことへ、最大限の感謝の気持ちを表すべく…。
ケイティ、オープニングから頑張りましたよ。
まずは、鮭をさばく前に、「そもそも鮭って川で生まれてからどこをどう泳いで戻ってくるんだべ?」というところを、手描きの地図を用いでわかりやすく説明!
…のはずが、ちょっとわかりにくかったらしいことは秘密です。



bDSC08331.jpg
鮭と、鮭に関わる人達の姿を知ってもらうべく、ケイティ秘蔵の「鮭の定置網漁ムービー」もプチ上映。
もうとことん鮭です。



bIMG_0469.jpg
前座的ケイティのあとに、いよいよ孵化場スタッフの澤尻さんの登場です。
より詳しい鮭の話、孵化場のお仕事の話をしてもらいました。




bIMG_0472a.jpg
鮭への距離感が縮まったところで、鮭とば作りに入ります。
鮭とばインストラクターは、おなじみの「まもちゃん」こと宿戸の吹切守さんです。
インストラクターのサポートで、宿戸の漁師さんが3人も来てくれました。
そして、鮭とば作り自体を見学するために、小子内浜漁協の畑川組合長も…!

このメンバーが有家の孵化場に一同に集まったことがなんだか嬉しい


(2)へ続く…


関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する