ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

「森とうつわと楽しい暮らし」春の森体感フォーラム2016 in 滝沢 (4)

おはようございます。
今年初の桃を食べたケイティです。
んまいなぁ~♪


さて。
6月5日に滝沢市で行われた、「森とうつわと楽しい暮らし」春の森体感フォーラム2016 in 滝沢 (3)の続きです。


bIMG_7895.jpg
木の実をざるに入れて並べておくだけで、こんなにめんこい。



bIMG_7870.jpg
そして、森の中で木工ろくろ実演!



bIMG_7867.jpg
このろくろ、脚立と組み合わさっているでしょう…?
持ち運んで実演できるよう、木工職人さん達が工夫して作ったろくろなんです。

実はここが、大野木工の重要なポイントなのかも…?
通常、工房内にある木工ろくろの機械はすごく大きくて重いので、とてもじゃないけど持ち運びできるようなものではないんです。
でも、「外でろくろの実演するなんて無理だよね」とはならなかった。
「ない」から「無理」なのではなく、「大野の外に出て、木工のこと紹介するにはどうしたらいいかな?」と前向きな考えを持ち、「それなら、移動できる木工ろくろを作れないかな?」と工夫して創りだすマインドを持っているのですね。
しかも、脚立など身の周りにある物を活用しているところがすごい!

この「あるものを生かして、ないものを作る」という精神が、大野木工の原点なのかなぁ…とケイティ思ったのでした



bIMG_7902.jpg
中村さんが木の器の説明をしている時…。
台にならんだ木の見本に興味を持った男の子がいました。

「森とうつわと楽しい暮らし」の目的は、大人の説明を静かに聞く…ということではなく、子ども達が森や木に興味を持つことが第一なので、この男の子の行動もむしろウェルカムなのです。



bDSC_4589.jpg
ケイティ、男の子の様子を見守っていたら…。
同じ形のものを重ね始めました。



bDSC_4593.jpg
ををっ!
最後はカオスな状態に!

実際に自分で触ってみて、大きさを合わせて並べてみたり、軽くぶつけて音を出してみたり、この子は今全力で「木の器と向き合っている」んだなぁ…と感じました

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する