ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

月刊DANASS 2016年9月号

おはようございます。
少し肌寒い朝ですね…。
今日は長袖を着ようと思うケイティです。

さて。
ただ今絶賛発売中の、月刊DANASS9月号を紹介します。


bDSC_7048.jpg
今回のケイティコラムは、とっておきのあの子が登場します。

一体誰かと言うと…、



b201609danass_02.jpg
じゃーん!
種市高校海洋開発科3年生の、水無美悠(みずなしみゆ)ちゃんです!
久慈で生まれ育った、生粋の「久慈っこ」なのですが、毎日八戸線に乗って種市高校に通っています♪

…というかですね。
ケイティ、種市高校について意外な事実を知りました。

洋野町種市地区の象徴とも言える「南部もぐり」。
その南部もぐりの「伝統を継承」とか「次世代のダイバーを育成」という風に説明されることが多い種市高校の海洋開発科なのですが…。
現在、海洋開発科の生徒は1~3年生合わせて約80名。その約半数が、洋野町外から通っているのです!

約半数ですよ。
約40人の町外在住の若者が、毎日毎日種市に通ってくれて、種市に親しんでくれているわけです。
さらにさらに…。
そのうちの約10人が、自宅が遠くて通学できないため「下宿」してるとのこと。
ここで驚いたのですが、その下宿先が、洋野町ではなく階上町内だそうなんです!!
聞くところによると、洋野町内には下宿をやっている人がいないらしい…

海洋開発科の生徒達は、3年間で身に付けた潜水や土木の知識・技術を生かす仕事に就くには、おそらく町外に出て行くことになると思います。
種市高校のアピールポイントは、「南部もぐりを育成している」ということだけではないのかも…。
いろんな地域から集まって来ていること。 そして、将来、町外へ羽ばたいていく可能性が高いこと。
それを考えると、「町のPR」というものを、全くのよその人よりも、まず種市高校生に洋野を大好きになってもらう働きかけをしていくのもいいのかもしれないなぁ~
…と、そんなことを思ったケイティなのでした

ダナスのコラムでは、めんこくてしっかり者の水無美悠ちゃんにフォーカスして文章を書いてみましたので、ぜひ読んでみて下さいね♪



b201609danass_05.jpg
誌面をチラ見せ。

広告募集中だそうです。
広告出してみたい方、ダナス編集部までお問い合わせくださいね



b201609danass_01.jpg
先月号から取り扱いスタートした、サークルK種市店。
オーナーの大石さんが、「めちゃめちゃすっぱいすっぱムーチョ」の宣伝も兼ね、「すっぱい表情」でポージングしてくれました(笑)。



b201609danass_03.jpg
なんと!
大石さんがダナスのPOPを作って貼ってくれてました…!
POPだけど、文章面白いです。
正直、ケイティが書く文章の15倍は面白いんでないかと…。

ぜひこのPOPの文章をアナタの目で確認して頂きたい!
そして、その流れでダナスをレジへどうぞ~

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。