ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

一戸町「御所野縄文博物館」で、正月飾りを作りました♪

おはようございます。
昨日は昼間15度とかでびっくりしたケイティです。

さて。
今日のブログは、いつもより写真を3倍くらい多く載せてますよ~。
読破するのに所要時間は5分くらいかな?
時間に余裕がある時に読んでくださいね。


最近のぬぐさのおかげで、先週降った雪もすっかり解けまして。
なので、昨日は安心して行ってこれました、一戸町。

なぜ一戸町かというと…、


bDSC_2316.jpg
どーん!
実は、今年の1月、二戸駅を通った時に、通路に貼ってあったこのチラシを見かけ、ケイティとても心動かされたんです。
こんなにオシャレな正月飾りが世の中に存在するのか…!!!
これのためなら、まだ場所を知らない一戸町も御所野縄文博物館も、きっと辿り着いて見せる…!!!
…と。

…で、「ぜひとも参加したい!」…と思ったのですが、すでに開催した後だったのです…。
チーン


そしてケイティ、1年待ちました。
1year ago.


御所野縄文博物館体験スケジュール2016冬
やったー!
今年も開催!!
12月23日!!

もう、10月くらいから御所野縄文博物館のHPをちょくちょくチェックしてましたね。
正月飾り作りの申し込み受け付け開始日の11月18日には、ソッコーで電話しましたよ(笑)。



bDSC_0002_2016122318410071d.jpg
そんなわけで、昨日。
待望の?悲願の?正月飾り作りに参加してきました~♪

御所野縄文博物館の場所も、前日に念入りにグーグルマップのストリートビューでチェックしたので、迷わず行けました。
(どんだけ行きたかったんだよ。)



bDSC_0004_20161223184101d7a.jpg
長いトンネルのような通路を通って建物まで行く…、という不思議さ。



bDSC_0009_20161223184103b6d.jpg
博物館の建物はこんな感じ。
自然の風景に馴染んでいて素敵です。



bDSC_0016_201612231842197c3.jpg
2階の体験工房。
ガラス窓が大きくて、自然光がいっぱいに入って明るい室内。
コンクリートの壁と、シンプルな照明がオシャレ~。

参加者は20名。
男性も女性も家族連れも、いろんな世代がかだってました。



bDSC_0031_20161223184222388.jpg
まんず、博物館のスタッフさんが正月飾りの作り方を丁寧に教えてくれました。わかりやす~い。
難しくなさそうで、ちょっと安心。



bDSC_0028a.jpg
完成品の見本。
チラシに載ってた作品とはまた違うもの。
いろいろ見ることで、創作意欲がわいてきます♪



bDSC_0038a.jpg
ここで、しめ縄組とリース組に分かれます。
みんな、事前の申し込みの時に既に選んでいるので、ここはスムーズでした。



b161223_08.jpg
ケイティしめ縄に挑戦!
今回初めて知ったんだけど、ねじって絡ませるのが、2本じゃなくて3本だったの!(藁を3つに分けて、ねじる)
意外でした~

この作業は2人組でやったんだけど…。
ケイティは、お隣に座っていた軽米女子と力を合わせてしめ縄作りました。



bDSC_0052.jpg
土台できたー!
ボロッとした感じがたまりませんね(笑)
でも、飛び出た藁ははさみで切るから大丈夫なのです。



b161223_03.jpg
準備されていた松や南天(?)などの、植物パーツをくっつけていくケイティ。
それぞれ、好きなものを、好きなところに、好きなだけ。
これが楽しいのよね…

この藁は、一戸町内の米農家から譲ってもらったものだそうです。
(しっかり者の軽米女子が、藁の入手方法をスタッフさんに聞いていたのをケイティも横で聞いた)
その他の植物も、ALL ICHINOHE産。



bDSC_0086a_20161223184324dd4.jpg
じゃーん
洋野女子(ケイティ・左)と、軽米女子(右)の作品。
出来上がったのを並べて見るのも楽しいわぁ~。



bDSC_0072.jpg
ケイティのをズームアップ。
この、まつぼっくりが3つギュッと集まった感じがポイント。
3人寄れば文殊の知恵…的な(笑)。



bDSC_0055a_20161223184321066.jpg
こちらは、テーブルの向かいに座っていたお姉さんの作品。
どうやらリピーターさんだったようで、とても慣れた感じでした。
こういうパーツ配置の仕方も綺麗だなぁ~。



bDSC_0087a.jpg
これはスゴイ!
豪華な生け花のようなボリューム感!!
吊るす紐をつけるのに、スタッフさん2人がかりでやってくれました。



bDSC_0092_2016122318441849a.jpg
リース組の様子もチラっと見させてもらいましたよ~。
大きめなリースを選んでいた、二戸男子。



bDSC_0066_20161223184417dfe.jpg
もう、イマドキ感でキラキラしていた二戸女子。



bDSC_0094a.jpg
わーぉ!

左は、がっつりアシンメトリー感がオシャレ。立体感もあってスゴい。
右は、4つの世界観を表している感じがして、四季が巡るような、時間の流れさえ感じさせる。


もう、最高に面白かったです。正月飾り作り。
今回ケイティ自分用に作ったけど、もっとたくさん作ってプレゼントしたりしたいなぁ~なんて思いつつ、御所野博物館を後にしたのでした。



bDSC_0179_20161223184421699.jpg
そして次にやって来たのが八戸の着物屋さん「むらかね」。
ちょっと用事があってね…。
クリスマス柄の帯が素敵な、常務の村井路子お姉さんは、スマートフォンでひろのだよりやFacebookを見てくれているありがたい御方なのです。

さっそく「オシャレな正月飾り」の話をしたら、すごく共感してくれまして。
来年の12月に、洋野で正月飾り作りを企画してみたいな~、むらかねのお客様たちに来てもらいたいなぁ~なんて話をしたりしたのでした。
もれなく、スペシャルなアワビ&いくら丼を食べてもらうオプションもセットのツアーにしたいなぁ。


さらにケイティ、出来上がった正月飾りを「最終形態」にするために、とある所へ向かいました。



bDSC_0207_201612231844227ef.jpg
なんとぉー!
まさかの、洋野町宿戸地区にある岡谷稲荷神社の宮司さんとこに駆け込みました。
神社だけど、駆け込み寺。

去年、町民大学講座で「嗚呼すばらしき洋野町 もっと地元を知ろう!ツアー宿戸編」でとてもお世話になった宮司さんに、年末のご挨拶がてら…、



bDSC_0203.jpg
白い紙つけてもらったー!!
ちなみにこの白い紙、今ググったら「紙垂(しで)」という名前らしい。

宮司さん、「この正月飾りの形、古代風でいいね。」と
正月を迎える飾りを自分で作ることはいいことだ、とほめてくれました。

「来年もし洋野で正月飾り作りをやることになったら、紙垂つけるのお願いします」…と仮予約入れておきました(笑)。



bDSC_0201_2016122318444690f.jpg
ケイティの正月飾り2017、最終形態。

宮司さんが切って、ゆっきっぱってくれた紙垂のおかげで、息が吹き込まれた感じ。
普段忘れがちな、八百万の神様への感謝の気持ちが改めてわいてきました。


御所野博物館のスタッフさん、参加者の皆さん、宮司さん、今日はどうもありがとうございました!
来年の体験メニュー「竹かご作り」も楽しそうなので、ケイティかなり行く気満々です


一戸町・御所野縄文博物館のイベント情報はHPを見てね♪
http://goshono-iseki.com/event/


関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Comment

いそじゅん さんからのコメント
しめ縄飾り、縄バージョン素敵ですねー
岡谷の宮司さんからつけてもらったしでの白さに良い年が訪れそうな予感☆
リースバージョンに挑戦してみようかな(^:^)V
2016.12.25 07:44 | URL | #- [編集]

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。