ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

なもみ ~その1~

おはようございます。
1月13日(日)、「なもみ」を見て来ました~!

「なもみ」とは、秋田のなまはげに似た伝統行事なのですが…。

冬に囲炉裏(いろり)にあたっていると手足に「ナモミ」 「アマ」と呼ばれる低温火傷ができることがある。“それを剥いで”怠け者を懲らしめ、災いをはらい祝福を与えるという意味での「ナモミ剥ぎ」から「なまはげ」 「アマハゲ」 「アマメハギ」 「ナモミハギ」などと呼ばれるようになった。一般的に、赤面がジジナマハゲ、青面がババナマハゲとされている(違う地域もある)。
鬼の面、ケラミノ、ハバキを身に付け、大きな出刃包丁(あるいは鉈)を持ったなまはげが家々を訪れ、「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」という荒々しい声を発しながら怠け者、子供や初嫁を探して暴れる。主人はなまはげをなだめながら丁重にもてなす。
(-なまはげ- wikipediaより)

…こういった概要のようです。




bDSC05080.jpg
なもみ会場の種市駅(JR八戸線)前です。
開始時刻が近づき、太鼓を叩きながら、町の青年らが歩いてきました。



bDSC05081.jpg
林郷(りんごう)青年会の皆さんです。



bDSC05083.jpg
駅前には、家族連れが続々と集まってきています。



bDSC05084.jpg
駅前のロータリーの真ん中には、桶と包丁(模擬)が置かれました。
いよいよかしら…??



bDSC05086.jpg
林郷青年会の方々の法被(はっぴ)。



bDSC05087.jpg
ぉおっと!
ついに 「なもみ」 が出てきましたー!!
赤、青、白のお面をつけた3人のなもみが登場です!!!



bDSC05091.jpg
桶を囲むようにして、なもみ3人衆がスタンバイ!
いよいよです!

なもみ ~その2~につづく。


関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する