ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

豆腐工房「豆風鈴」で豆腐作り ~前編~

おはようございます!
八幡馬の「シャンシャンシャン~」というメロディーが頭から離れないケイティです。



さて。
先月、洋野町産の大豆を使って豆腐を作っている、向田地区にある豆腐工房「豆風鈴」にお邪魔して来ました!



bDSC01714.jpg
向田の景観に馴染みつつ、モダンな雰囲気を感じさせる豆風鈴



bDSC01715.jpg
朝8時。
工房の中を覗くと…。
既にもうお豆腐が出来上がってパックされつつありました。
この工房で働いているのは、向田地区周辺に住む地元のお姉さん方です。

皆さん、いつも朝5時くらいから作業しているんですって~




bDSC01717.jpg
こちらのお姉さまが、豆風鈴のリーダー坂川スミさん。
大豆を一袋残しておいてくれて…、豆腐作りの工程を全て見せて頂けることになりました!




bDSC01717a.jpg
それにしてもスミさん、帽子の下の、見えないオシャレも手抜きなし。
MISSONI風のスカーフの柄がカッコよすぎです。




bDSC01722.jpg
まずは、この電動の石臼のようなもので大豆を挽きます。




bDSC01723_20140114113755d7f.jpg
洋野町内の畑でとれた大豆。
一日ふやかしてから、豆腐作りに使うんですって。

大豆は春に種を撒いて、秋に収穫するものだそうなんですが…。
今年はぜひケイティも大豆栽培にチャレンジしてみたいです

…というのもですね。
お豆腐とか納豆とか味噌とか、日本を代表する食べ物なのに、日本国内の大豆の自給率って8%しかないんですって
自給率が低いのは、ただ「作らない」だけじゃなくて、安い外国産に押されて国産が売れないとか色々理由はあるんでしょうけど…。
国内産の大豆の良さを見直すためにも、大豆作りはマストなわけです。




bDSC01726.jpg
挽いた大豆を、こちらの圧力釜のような機械で蒸します。




bDSC01731.jpg
そして、濾す!




bDSC01733.jpg
出たー!
豆乳の一番搾り!
アツアツで、大豆の香りとほのかな甘みがあって、とっても美味しい!




bDSC01735.jpg
「美味しい!美味しいです!スミさん!
出来立ての豆乳飲むのは初めてで興奮するケイティと、にっこり笑顔のスミさん。
(うん、湯気で曇って何一つ見えていません。)




bDSC01759.jpg
なんと!生湯葉!
これも少し味見させてもらっちゃいました。
ぅんめぇ~


そして、ここに「にがり」を入れるのですが…。
この時、スミさんが話す中で、
「かんます」
「かんませねで」
という方言が出てきました。
何と言う意味だと思いますか~?

…なんと、
「かきまわす」
「かきまわさないで」
という意味だったんです!




bDSC01766.jpg
にがりを入れて15分もすると…、少し固まりはじめてきました。
お豆腐の上の部分をすくうようにパックに入れると、これが寄せ豆腐となります。




bDSC01767.jpg
うわ~!
出来立てのお豆腐です!
本当に美味しい!




bDSC01769.jpg
そしていよいよ…、お豆腐を四角い型に入れて固めていきます!



明日に続く…

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Comment

mimi さんからのコメント
食べてみたい♥
こんばんわ~(^-^)ものすごく美味しそう。写真が綺麗に撮れていて出来上がりを想像してワクワクです♬
2014.02.02 21:32 | URL | #- [編集]

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する