ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

砂浜アートに挑戦

おはようございます。
雪のしんしんと降る中を歩いて帰るのもオツなケイティです。


さて。
先週ブログでもお伝えした洋野エモーション×なもみコラボ
この時、雪の積もった砂浜に「じぇじぇじぇー」と書いてある写真を載せたことを覚えてますでしょうか…?

東北エモーションの列車に乗っているお客さんに向けて、砂浜に大きくメッセージを書くのはなかなか良いかもしれない!
…と思い、新たな場所を探してみることにしました。




bDSC02234_20140124165343bda.jpg
そして白羽の矢が立ったのがここ!
原子内(はらしない)地区の水門前の砂浜です。
列車から砂浜が見下ろせるベストポイント。




bDSC02173a.jpg
砂浜に文字を書くための道具も、色々準備しました。




bDSC02175_201401241653352e2.jpg
ここが、原子内の水門です。


ところで、砂浜に文字を書くのはケイティではありません。
師匠をお呼びしました!



bDSC02176.jpg
SU・NA・HA・MA ARTIST参上。

そうです。
砂浜アーティストです。
洋野町が生んだ砂浜アーティスト、尾前孝一(おまえこういち)さんです。

宿戸大浜に尾前さんが書いた「じぇじぇじぇー」の文字が、あまりに均整がとれて上手なため、原子内でも何か砂浜アートしちゃいましょうYO!…ということになりまして。



bDSC02178.jpg
本書きに入る前に、イメージを確認する砂浜アーティスト。

背中からは、その道を極めた人だけが持つオーラのようなものが感じられました。



bDSC02195_20140124165438721.jpg
雪のキャンバスは、光がキラキラ反射して綺麗です



bDSC02180.jpg
真剣勝負!



bDSC02182.jpg
砂浜アーティストが書いたあとを、雪かき用の器具でなぞっていくのが、弟子であるケイティの役目。



bDSC02193_2014012416543607f.jpg
ただひたすらに。


砂浜アーティストが雪と向き合うこと約30分。
原子内の砂浜アートが完成しましたー!







bDSC02197.jpg
じゃーん
やはり洋野町と言えば南部ダイバー。

いやーしかし、普通は、地面に大きく何かを書こうと思っても、バランスがおかしくなっちゃったりしてなかなか上手に書けないものなんです。
砂浜アーティストの空間把握力はさすがです。



bDSC02203a.jpg
「南」の中の、足りなかった棒も無事に書き足し…。
もはや明朝体レベルの、高い完成度。




bDSC02211.jpg
ちょうど通りかかったお散歩中のおじいさんとおしゃべりしていたら、これまたタイミング良く八戸線の列車が通りました!

うん。東北エモーションのお客さんも、この角度ならきっとよく見えるに違いない




bDSC02215a.jpg
砂浜アーティスト、SUNAHAMA KOH

(キャンドルアーティストの“CANDLE JUN”のノリで。)






【おまけ】
bDSC02729.jpg
宿戸大浜に、SUNAHAMA KOHの最新作がお目見え!




bDSC02730.jpg
「宿戸ウニ直売 5月」

みんな、来てねぇ~


※昨夜の雪で、見えなくなってたらすみません

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する