ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

第6回地域づくりシンポジウムに行って来ました! ~後編~

おはようございます。
洋野町も、「乾杯は日本酒で」という日本酒条例があったらいいなと思うケイティです。



さて。
昨日の第6回地域づくりシンポジウムに行って来ました! ~前編~の続きです。




bDSC02659.jpg
昨日の最後に出てきた、謎の食べものは…。
「蕪粥(かぷけぇあ)」という、城内地区の郷土料理でした!
昔、 お米が貴重だった時代に、かぶなどを入れてお粥状にしたもので城内地区だけでなく
町内で広く食べられていたものなんだそうです。




bDSC02661.jpg
城内地区のブースでは、地区の活動写真で紹介するとともに、お餅も振る舞っていました~。



bDSC02667.jpg
岩手県立大学総合政策学部桑田研究室。
(うん、漢字スゴいな。)
種市駅前商店街の再生に向けた調査・実践を行っています。




bDSC02651.jpg
林郷地区の、林郷地域づくり推進協議会。




bDSC02655.jpg
新商品発見!
大沢地区で育てたエゴマを麺に練り込んだうどんです。



bDSC02654.jpg
わ~!
頂いちゃいました




bDSC02657.jpg
「んまいです!」
奥寺前副町長を発見

そして、後ろに写っているのは…、



bDSC02621.jpg
林郷青年会の「なもみ」です。
このなもみの衣装を展示するために、マネキンを貸してくれるところを苦労して探し出したそう。



bDSC02622.jpg
昔の林郷地区の様子。
こういう写真見ると、胸が熱くなるな…



bDSC02662.jpg
…あ。




bDSC02665.jpg
この日のベストショット!
なんと、なもみとリアル南部ダイバーの夢のコラボ!
洋野町の2大アイドルが一緒に並びました!


今回、このシンポジウムに参加した人の感想を聞いたのですが…。
◆元気に頑張っていることがよく分かる講演だった。まちおこしゲリラの話、行政の手の届かないところ、気が付かないところの活動というのが面白いと思った。
◆パワーに圧倒されました、すばらしい活動だと思います。
◆ともかく女性が活発である。
◆長年のたくさんの活動、立派です。
◆中心を若い力に思い切ってシフト変換していくことが、もしかしたら良い方向に進んでいくのかなと思った。
◆他町村も参考となるが、町内の活動の掘り起しをしてほしい。
◆若い人の参加や事務局のなり手がない。
◆高齢による町おこしはどうすればよいのか。
…などなど。

洋野町ホームページ 地域づくりシンポジウムの開催について


去年もこのシンポジウムに参加して思ったのですが、とても充実していて勉強になります。
参加者の年齢層が割と高く、60代以上が70%以上を占めているのですが、ここに20代30代がもっと加わればいいな~と思います。

この、ありのままの洋野町の姿が、誰かにとっては刺激的だったり、非日常的で特別に見えたり、人生を変える場所になっているんです。
この町が、そういう力を持っている…!という事を、もっと町内外に伝えていけたらいいですね

がんばっぺし、洋野町


関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する