ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

2014年 洋野町の春を探して

おはようございます。
テレビのある暮らしを取り戻したケイティです。



さて。
3月に入って、洋野町も少しずつ暖かくなってきましたね!
雪解けの様子とともに、「春の訪れ」を激写すべく町内を歩いてみました~。



bDSC03850_2014030317082937a.jpg
今年は洋野町の沿岸部でも積雪量が多く、たくさんの人が大変な思いをして雪かきをしました…。


そんな雪の下には、




bDSC03851.jpg
「あや~、おがってらった

緑色の葉っぱが芽吹いていました!
…いや、もしかすると、冬の間ずっと雪の下で耐えてたのかな?

いずれにしても、こうやって緑の葉が見えるとなんだかすごく嬉しいですね
モグっぺと一緒に、更に町を歩いてみると…、




bDSC03853_20140303170832637.jpg
何気ない道路っぱたにも。




bDSC03854.jpg
「まんず、めんけぇ~ごど

なんと水仙です。
もうこんなに地面から出てる~。



bDSC03910_201403031708348d5.jpg
「早ぐ春さ来い

たんぽぽ的な植物も発見

ケイティ去年の今頃も思ったんですけど、気温がだんだん温かくなるだけで「ありがたいな」って思えます。
春が来るだけで感謝する気持ちになれる、それこそが北国の魅力でもあります。


さて、洋野町公認キャラクターの、2000年に1度だけ現れる奇跡の南部もぐりの妖精「モグっぺ」ですが…。
ここでちょっと、生まれたいきさつを紹介しますね。

実は、洋野町出身のイラストレーターのporimai(ポリマイ)さんが「洋野町を離れて何年も経つけど、ふるさとに何か恩返しできれば…」という思いで作ってくれたのが、この「モグっぺ」なのです。
ケイティ去年、porimaiさんの「見る人がほんわかしちゃう」ようなほのぼのタッチのイラストに偶然出会い、惚れ込みまして…。
「洋野の風景写真に写りこめるキャラクター人形を作ってもらえないかしら?」…と頼み込んだ次第です。


制作過程の様子を、porimaiさんのブログで紹介してくれてます
marugao-house


少しずつ春が近づいている洋野町の様子を、これからも定期的にお届けして行きたいと思います

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する