ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

洋野エモーション×北三陸撮影紀行 3月30日 ~前編~

おはようございます。
JAのいわて純情むすめに応募したいケイティです。



さて。
洋洋野エモーションリレー 3月29日(往路)
洋野エモーション×北三陸撮影紀行 3月29日(復路)~前編~
洋野エモーション×北三陸撮影紀行 3月29日(復路)~後編~
の続きです。




bDSC04772.jpg
3/30(日)。
北三陸撮影紀行というツアーが開催され、首都圏の「撮り鉄」約40名の方々が洋野町に来てくれました。
なんとこの日は、午前9時からお昼の12時過ぎまで、3時間も宿戸の大浜に滞在する!…という、すごいスケジュールだったわけです。
皆さん撮り鉄なので、3時間滞在して、その間に通過する3本の列車の写真を撮る!…という。
こういう旅の仕方もあるものなのですね…




bDSC04773.jpg
この日はあいにくの雨で、気温も低く…。
宿戸地区の有志の方々が、テントを準備したり、焚火をして暖がとれるようにおもてなししてくれました。




bDSC04774_20140424105342db7.jpg
撮り鉄の皆さんが、それぞれの撮影スポットに移動する中で…。
ケイティ、スゴいものを見てしまいました。


この写真の右奥に写っている斜面に…、




bDSC04775.jpg
人 が 登 っ て る wwww


えー!
なんで!!
こんなとこ登って写真撮るの!!?


もう…。
どんだけ鉄道写真を愛しているかがわかります。




bDSC04776.jpg
声をかけると、気さくに答えてくれました。
「登って来てみなよ~」とお誘いを受け、ビビりながらも登るケイティ。

こんなとこ、地元の人でも登らないんじゃないかなぁ…と思ったのですが、案外雑草が踏まれてちゃんと道になっているというか。
人が何度も登り降りしてる感じでした。
撮り鉄の人専用の場所なのかな…。




bDSC04785_20140424105454ca1.jpg
そこへ、通常運行の列車がやって来ました!




bDSC04786.jpg
列車が通り過ぎる瞬間。
カメラのシャッター音(連写)があちこちから聞こえました。




bP1040914.jpg
列車の待ち時間には、テントの下で休みつつ…。
地元の有志の方が、自前で用意した温かいコーヒーを振る舞ってくれました
なんて情に厚い町なんだ、洋野町…(涙)。




bDSC04797_20140424105456254.jpg
撮った写真を見せてもらったり、話に花を咲かせたり…。
素敵な交流の時間でした。




bP1040916.jpg
雨が降ったのは残念だったけど、寒いからこそ洋野町民の温かさがより伝わったのかな…とも思いました。



bDSC04763.jpg
そして、撮り鉄の皆さんのために、お昼ご飯を用意しました。

実は、撮り鉄の皆さんはこの日、朝5時に八戸のホテルを出発し、鮫の灯台付近で朝イチの写真撮影をした後に宿戸の大浜にやってきたのですが…。
ホテルで朝ご飯を食べる時間も、途中でコンビニ等に寄る時間もほとんどないという、稀にみるマニアックなスケジュールだったんです。
「それなら、洋野町でお昼ご飯を食べてもらいたい!」と思い立ち、希望者の数を前日に聞いておいてもらった上で、はまなす亭の「おにぎりセット」と「うに弁当」の2種類を販売することになりました。




bDSC04765.jpg
この日の早朝からお弁当を作ってくれた、はまなす亭店主の庭静子さん。




bDSC04767.jpg
駅の売店などで買うお弁当と違って、合成添加物が入っていない、自然の味をいかしたお弁当です。




bDSC04768.jpg
「洋野の美味しいものをたくさんの人に食べてもらいたい!」という庭さんの思いを伝えるべく、オリジナルの包装紙を
巻きました。




bDSC04798_20140424105549d46.jpg
お昼ご飯も食べ終わり、いよいよ東北エモーションの通過時刻が近づいてきました。
雨だけど、大漁旗振る?どうする?…という雰囲気の中…。
一体どんなドラマが繰り広げられたのでしょうか…?

明日の「後編」をお楽しみに~


撮影協力:麦沢忠美さん
どうもありがとうございます!

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する