ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

洋野エモーション×北三陸撮影紀行 3月30日 ~後編~

おはようございます。
麦茶だと思って飲んだペットボトルの中身がめんつゆだった時の衝撃ったらないケイティです。


今日のテレビ放送についてちょこっとお知らせです
今日の夕方5時半~6時、フジテレビスーパーニュースという番組の中で、東北エモーションのことが数分間放送されるそうです。
洋野町の線路沿いで旗をふってお出迎えする「洋野エモーション」の様子もチラッと映るかも…?
ぜひ見てみて下さいね


さて。
全米500万人が涙した、
洋洋野エモーションリレー 3月29日(往路)
洋野エモーション×北三陸撮影紀行 3月29日(復路)~前編~
洋野エモーション×北三陸撮影紀行 3月29日(復路)~後編~
洋野エモーション×北三陸撮影紀行 3月29日(復路)~後編~
の続きです。




bDSC04800_20140424105835310.jpg
首都圏から来た撮り鉄の方々と、洋野町の地元民が入り混じって、大漁旗を振る準備を…!
もうこの時点でケイティ目頭が熱く…。



bDSC04802_20140424105837384.jpg
やはり、大漁旗を持つとどうしたってサマになるヒロネーゼ(洋野町民)。




bDSC04807.jpg
雨の降る中、やってきました!東北エモーション!


ここで、写真中央で旗を振っている人に注目…。




bDSC04810_20140424110042060.jpg
なんと!半袖!
もう、全身から情熱がほとばしっているのがわかりました。
ここでもケイティ、目頭が熱く…




bP1050012.jpg
洋野町と全国を感動でつなぐ、東北エモーション。




bP1050015.jpg
どうかどうか、洋野町がサイコーに素敵な所だっていうことが伝わりますように。




bDSC04811_201404241100431e3.jpg
このお出迎えの風景を見たら、絶対元気になれるから。




bDSC04813_201404241101495c2.jpg
ただひたむきな姿が、人の心を感動させるのです。




bDSC04814_20140424110151725.jpg
「車掌SAAAAAAAAAAAAAAAN!!!!!




bDSC04817_20140424110152fe8.jpg
じぇー!
半袖の情熱旗振りメンズ、まさかの瞬間移動?…と思いきや!
なんと、この砂利の浜を200メートルぐらい走ったのです。
大漁旗を持ったまま…、列車を追いかけて…。





bDSC04818_20140424110154d10.jpg
列車が見えなくなるまで力強く大漁旗を振る姿に、もうみんな感動でした。


そして後日…。
半袖で旗を振っていた情熱のメンズが、この撮り鉄ツアーの講師でプロの鉄道カメラマンでもある村上悠太さんだったことが分かりました。
なんとアツいカメラマンなんでしょう…(涙)。




bP1040849.jpg
そして、ケイティが一番印象に残っているのは…。
みんなが暖まったこのたき火。お昼時、周りに誰もいなくなった時に、一人でたき火にあたっていた50代くらいの男性がポツリと、「たき火なんて何年ぶりだろう…。」と言った言葉でした。
色んな思いが含まれているような気がしました。

…と同時に、ここら辺に住んでいる人からすればなんてことはないたき火でも、首都圏の人からすれば「非日常」であり、だからこそ何かを思い出したり、何か「気づき」を得るきっかけになるのでは…?とも感じました。
都会で暮らす人にとって、洋野町が、人生において大事なきっかけを提供できる場所になれる!…と思ったのです。




bP1050070.jpg
3時間の滞在を終え、バスに乗って久慈方面に向かう撮り鉄の皆さま。
短い時間でしたが、とても濃い交流ができたような気がしていたので、お別れは名残惜しかったです…。




bIMG_1404.jpg
毎度テッパンの!
腕を高く挙げて手を振るの図。
写真ではちょっと見えづらいですが、ズラッと15人くらいの地元民が並んでお見送りしました。

この2日間…。
地元の人と都会の人が一緒になって感動体験をしたり、心の交流が出来たりして、本当に貴重な出会いだったなぁ…と思います。
ツアーが終わってから、何人かの撮り鉄の方からメッセージを頂きましたので、紹介しますね

【K・T様】
先週末に参加した北三陸撮影紀行での大漁旗とさまざまなご対応に感動、感謝しています。洋野町の方々の温かさが撮影よりも心に残りました。
是非またお邪魔したいと思います。

【I・A様】
本当に楽しい2日間で、岩手のみなさまの温かいおもてなしに感激しました。特に洋野町のみなさんと直接お話ししたり、温かい飲み物を振る舞ってもらったりしたのはとてもうれしいことでした。東北エモーション乗車時より窓外に見えるみなさまの旗振りに大変感激していましたが、その旗を振ってくださったみなさまと直接ふれあうことができるというのは本当にすばらしいことでした。洋野のみなさまには雨の日のテントやたき火までご用意いただきました。これほどのもてなしはなかなか受けられるものではありません。感謝しています。

【I様】
雨が降ろうが雪が降ろうが、地元の方たちはみんなで手を振って大歓迎している姿に感動しました!\(◎o◎)/

【N・S様】
観光に来てくれるだけで、「ありがだい」とおっしゃていた地元の方、乗車した観光列車に旗を振って出迎えてくれた地元の方、先日の土日の旅は素敵で、すごく印象深い旅になりました。旗も振らせていただいたりして、楽しかったです。


【M様】
八戸線の沿線の皆さんの暖かい歓迎には感激しました。特にこの宿戸地区の皆さんには、私達ツアーへの配慮で普段は行わない返しへの大漁旗歓迎や、二日目の雨天対策のテント張りに暖かい飲み物とたき火対応まで頂き、加えて美味しい昼食(うに弁当!)の手配と、ホントにお世話になりっ放し、思わず胸が熱くなりました。
GWの5/3,4に宿戸うに直売会があるそうで、また行きたくなりました(*'-')b

【Y・S様】
2日間、旗を振らせていただきました。 地元の方の暖かいおもてなしに、感動の2日間でした。 又、必ず伺います。皆様によろしくお伝え下さい。

【K・M様】
有名鉄道写真家と行く東北レストラン鉄道 《TOHOKU EMOTION》 と 北三陸撮影紀行に参加してきました。撮影はもちろん食事も楽しみ、しかも地元の人の話も聞けて感動は何倍にも増幅しました。

【鉄道カメラマン 村上悠太様】
(洋野エモーションに参加した)皆さんの歓迎に心を打たれましたし、実際、ツアー参加者の中には感動のあまり涙する人もいました。
鉄道旅行は、公共施設を使用した旅であり、一期一会の出会いが醍醐味の1つです。旅行は、観光施設などのハード面も大事ですが、ソフト面(洋野エモーションのような交流や歓迎、そして出会いなど)の方がもっと大事であり、旅行者が最も心打たれ、また来たいと思わせてくれるものです。
ここには、東京にはないものがあります。ぜひ、これからも洋野エモーションを続けてほしいです。

【N様】
先日 東北エモーションに乗車いたしまして、洋野町の皆様の大漁旗などの歓迎をいただき、大変感激いたしました。車内から一生懸命手を降りました!
悪天候のなかでの ”洋野エモーション”、この旅の中で一番の思い出となりました。本当にありがとうございました
東北エモーションは今年の9月まで満席です!
どうかこれからも洋野エモーションで 日本中の皆さんと繋がってくださいね!

【N・K様】
その節は、大変お世話になりました。
洋野町のみなさんには、ステキなおもてなしで迎えてもらい、ありがとうございました!
今度は、ぜひ晴れた時に、ウニを食べに?・・・撮影に訪れたいと思います!



更に…。
ブログで洋野エモーションの事を書いてくれた撮り鉄の方も!
さすが撮り鉄なだけあって、写真がとっても綺麗です。
ぜひ皆さん、ブログの方も読んでみて下さいね~


ロイヤルエンジンさん
有名鉄道写真家と行く東北レストラン鉄道 《TOHOKU EMOTION》 と 北三陸撮影紀行レポvol.3(精一杯のおもてなし)


moonjuneさん
デジカメ持ってING 洋野(ひろの)エモーション
※動画もステキなので要チェック!


鉄道カメラマン 村上悠太さん
ムラカミユウタ 撮影備忘録 -村上悠太blog- 東北エモーションツアー開催! 前編
ムラカミユウタ 撮影備忘録 -村上悠太blog- 東北エモーションツアー開催! 後編



東北エモーション運行情報
今週末からは、5月3日(土)~6日(火・祝)の4日間連続で走ります!
通過時刻は、種市駅(12:00頃)・宿戸大浜(12:10頃)・小子内(12:15頃)・有家(12:20頃)です。
※天候等によって多少前後することもあります。

ご都合のつく方、ぜひ線路沿いで列車に手を降ってみて下さいね

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する