ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

清流とたたらの郷 みっちゃあウォーク ~後編~

おはようございます。
スタバの夏限定とやらのストロベリーなんちゃらフラペチーノをオーダーしたいケイティです。


さて。
清流とたたらの郷 みっちゃあウォーク ~前編~~中編~の続きです。



bRIMG0232.jpg
道路脇を流れる川のせせらぎがBGM。



bDSC01904_20140714140130e8f.jpg
今も実際に人が住んでいる茅葺屋根の家を通り過ぎ…。



bRIMG0248.jpg
とある小川を観察。

今回のツアー名「みっちゃあウォーク」ですが、なぜ「みっちゃあ」かと言うと…。
「水沢(みずさわ)」という地名は、元は「三つ沢(みつさわ)」で「みっちゃあ」と呼ばれていたそうです。
確かに、3つの小川が1つに集まる地域でもあるんですよ~。



bDSC09766_20140714100113dcd.jpg
この小川では「とあるもの」が見られるんです。


それがこれ!



bDSC09768.jpg
じゃーん



bDSC08487.jpg
梅花藻(ばいかも)!!

いやー、ケイティも生まれて初めて見ましたよ。
水が綺麗で、ある程度流れがある川にしか生息しない植物なんだそうです。
花は直径7ミリくらいととても小さいのですが、とっても可憐で可愛いです。



bDSC09769.jpg
そこから少し歩いて行くと、今度は…、



bDSC09771_20140714100331235.jpg
とっても大きなカツラの木!
樹齢500年と言われているとか…。
新緑の時期には、葉っぱから甘い香りがするんだそうです。



bRIMG0297.jpg
そしていよいよクライマックス。
南部曲り家の茅葺民家です!



bDSC08495_201407141004164f7.jpg
今は誰も住んでいませんが、かつてはこの写真のように馬と人が一緒に暮らしていました。
(昭和30年頃の写真ではないか…とのことです。)



bDSC08357.jpg
中を見せてもらうと…。
立派な梁にビックリ。

昔の日本家屋ってほんとスゴいなぁ…。
雨風に晒されて見た目はボロボロになったとしても、梁の強さと美しさは健在でした。



bDSC09776.jpg
電動の機械どころか「かんな」もなかった時代だそうで、四角の柱を作るのに「ちょうな」という道具を用いて作ったそうです。
「ちょうな」というのがね、これまた、木を平に削るのは到底難しそうな道具でして。
すばらしい職人がこの柱を作ったのかなぁ~なんて思ってみたり。



bRIMG0320.jpg
高級な民芸品のような美しさのカゴ。
…ですが、これも実際に住んでいた人が手作りして、生活の中で使っていたもの。



bDSC08358_2014071410041568c.jpg
これ、鉄じゃないんですよ。木で出来てるんですよ!
ワラをかき集めたりする時に使う道具だそうなんですが…。
木の元々の枝ぶりを利用して作られたようです。
昔の道具の1つ1つに感動…。



bDSC09781_20140714100334a4d.jpg
参加者の中には、幼少時代を茅葺屋根の家で過ごしたという人も何人かいたりして、それはそれは熱く茅葺屋根の家への想いを語ってくれました。

新しい家を建てるより、昔の家を後世に残す方がずっと大変かもしれない…。
でも、洋野町に残る貴重な茅葺屋根の家を、大切に保存して行きたいなぁ~と改めて思いました

そして、約3時間の楽しい「みっちゃあウォーク」はここで終了!



bDSC01924_20140714140131f77.jpg
帰りのバスの中から、「大野ダム」が見えました。
農業用水用のダムとして、平成16年に出来たそうです。
現在、遊歩道などの整備を進めているらしく…。
近いうちに、ここがレジャースポットになりそうですね


水沢は、自然がいっぱいで、まるでトトロが出てきそうな雰囲気の地域です
この地域で生きてきた人の思いがあちこちで感じられる水沢に、ぜひ散策しに来てみて下さいね~。

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する