ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

一関市たっこたい民泊プロジェクトの皆さん、ようこそ洋野町へ!

おはようございます。
神田ではしご酒したケイティです。
1年に1度のお楽しみなのよね…



さて。
7月下旬に、一関市から「たっこたい民泊プロジェクト」の皆さんが洋野町に来てくれました!


bDSC00207.jpg
はるばる一関市から、バスでおおのキャンパスに到着。
途中で野田村に立ち寄ったりしてきたそうです。



bDSC00210_20140814132803304.jpg
以前、洋野町の体験交流型観光の活性化を進めている「海と高原のまち・ひろの体験交流推進協議会」のメンバーが一関市に視察に行った際に出会った「たっこたい民泊プロジェクト」の皆さん。
一関市の達古袋(たっこたい)という地区で、県内外の修学旅行生などを対象に民泊や農業体験などの受け入れをしている皆さんなのです。

その時のご縁で、達古袋の皆さんが「あまり行った事のない県北地域の洋野町に行ってみたい。」「洋野町の美味しいウニを食べてみたい。」と洋野町に興味を持ってくれていたのですが…。
思いが実現し、本当に洋野町に来てくれることとなったのでした~!



bDSC00213.jpg
まずは、おおのキャンパス内で自由に体験。
裂き織工房では、皆さん思い思いの作品を作っていました。



bDSC00228_201408141328066b6.jpg
木工体験室におじゃまップ。



bDSC00233_20140814132807b2c.jpg
大きなベニヤ板を、何かの形に切っている模様。



bDSC01262a.jpg
実は、木工体験室の中にかけてあった看板を見て、「この牛イイ」と思ったそうで…。
達古袋のご自宅の看板に、この牛をくっつけたい…という事で、大きなベニヤ板に牛の絵を書くところからスタート!


下書き通りにカットして、絵の具を縫って…、



bDSC00239_20140814132835879.jpg
出来上がりました!
すごい、見本そっくりですね。
イメージ通りに仕上がって、ケイティも嬉しいなぁ~。


その他にも、達古袋の皆さんの作品を見せてもらいましたよ~。




bDSC00238_20140814132833641.jpg
木材を丸くカットして作った、サッカーボール型のキーホルダー。
サッカーが好きなお孫さんへのプレゼントだそうです



bDSC00244.jpg
これは一体何でしょう…?

実は、趣味で陶芸をしている方が、粘土を形作る時に使う道具として作ったそうです!
そうか、そういう活用の仕方もあるんですね…



bDSC00245_201408141328386ba.jpg
こちらは、調理用のヘラ!
木のしゃもじはよく見かけますが、木のヘラは珍しいなぁ~。
先が平らになっていて、フライパンなどでひっくり返す時とか使いやすそうですね。
こういう風に、「あったらいいな」と思う物を木で作り出すことができるのも、木工体験室の素晴らしいところです。

今回、達古袋の皆さんが木工体験をしてみて、「大人の木工の楽しみ方」を教わった気がします…。
割と男性陣がクリエイティブに物づくりをしていたような…。
女性にも、気軽に「やってみようかしら」と思ってもらえるようなメニューを提供できたらいいな~と思いました。
木製の手鏡とか写真立てとかどうかしら…


さて、パークゴルフや陶芸など、おおのキャンパスでめいっぱい体験を楽しんでもらい、夕食も食べ…。
この日の夜は、大野地区のご家庭に民泊です!



bDSC00258_20140814132839703.jpg
水沢地区のお宅。
ご自宅にある大野木工の器を出してくれて、大野の魅力について語ってくれました~。



bDSC00265.jpg
帯島地区のこちらのお宅は…。
お手製のお料理やお菓子を出すのが大好きだというお母さんの、心づくしのおもてなし。



bDSC00260_201408141329105fc.jpg
大野中心部のお宅。
こちらのお宅のお母さんと、泊まった達古袋の4名の方々がほぼ同世代…ということで、仕事の話や人生の話でかなり盛
り上がったそうです。

今回、達古袋の皆さんを泊めてくれたお宅は全部、「民泊は初めて」というところだったのです。
そういうこともあり、民泊の先輩である達古袋の皆さんが体験談を話してくれたり、アドバイスしてくれたりと、とても勉強になりました。

洋野町では、宿泊施設の数や規模が限られていることもあり、外からたくさん人が来た時のための宿泊場所の確保は課題の1つでもあるのですが…。
こうした「民泊」を町内で広めて、寝場所と食事を提供するだけなく、ヒロネーゼ(洋野町民)と交流することで、より洋野の土地や人へ愛着を持ってもらいたい…とも思うわけです。
洋野町内にいくつかある廃校になった校舎なんかも、まだまだ使える建物ばかりだったりするので…。
外の子ども達のサマーキャンプみたいな行事で利用してもらえたらいいのになぁ~。


この翌日は、種市側に移動して「たねいちウニまつり」を見に行っちゃいました!
続きはまた明日~

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する