ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

洋野郷土かるた ~種市版~ 9

おはようございます。
昨日羽生君が八戸に来てたなんて…。
よりによって帰省中なことが悔やんでも悔やみきれないケイティです。


さて。
洋野郷土かるた種市版の紹介シリーズ、第9弾です。


bDSC04319.jpg

つみつぐり
つっちゃこいわらすばり
残されで


まずは、「残されで」の「で」が最高にイイですね!
そして「つみつぐり」なんですけども…。
漢字で書けば「罪作り」なのですが、悪いことをしたという意味ではなく、「あわれ」「かわいそう」という意味で使われるそうです。




bDSC04320.jpg

天然のホヤを
食みいし客人は
これはうましと
酒量のすすむ

ノォーゥ!
まさにケイティのことではないか!
洋野の美味しい天然ホヤを食べると、なぜか日本酒が飲みたくなるという…。




bDSC04321_2014081815561590c.jpg

てどぱったぎ
刃物ぉ持でば
血ぅ流す

「パダギ」シリーズの第2弾ですね!
以前、大野版かるたの紹介で登場し全米を震撼させた「ごじゃぱだぎ」に続き、今度は「てどぱったぎ」です。
不器用なことをこう言うんですね~。



bDSC04322.jpg

どこだりさ
何だり貼るな
くるぉれっちょ

「どこだり」を調べたところ…、【とんでもないこと、あるいは処。不適切な事、あるいは場所】といういうことでした。
さらに、「何だり」は【とんでもないもの、こと。そぐわないもの、こと。なじまないもの、こと】、「くるぉれっちょ」は【怒られるよ、注意されるよ】…ということだったので…。
まとめて訳すと「そんな所にそんな物貼らないの。怒られるよ~。」という感じでしょうか?



bDSC04323.jpg

灯台は
西陽を受けて輝きぬ
沖行く船の
安全守る


この風景は、夕暮れの八木の灯台でしょうか…。
美しいふるさとの風景を伝える、南八木の玉澤さん(88歳)からのお便りです。
(うん、お便りではありません。)


次回もお楽しみに~

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する