ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

鮭の季節がやってきた!定置網漁の水揚げ ~その4~

おはようございます。
今夜の月食を見るのを楽しみにしているケイティです。
晴れるといいなー



さて。
昨日に続き、小子内の定置網漁の水揚げに関する一連の作業を紹介します。



bDSC04407.jpg
一通り魚の分別作業が終わり、あとは片付け。

ちなみに、船の後ろに見えているのが…、




bDSC04408.jpg
製氷工場です。
魚の出荷に欠かせない氷は、ここで作られているのです。

2階部分(?)に、人が出入りできるサイズの扉があるのが気になりますね…。




bDSC04409_201410051707076d3.jpg
デッキをきれいに洗って。




bDSC04413.jpg
翌日の漁のための氷も、今日のうちにタンクに入れておくそうです。




bDSC04410.jpg
船頭の「菊ちゃん」こと南菊蔵さんが、発泡スチロールの箱を持ってきてくれました。




bDSC04411.jpg
なんとぉーーー!!
ゆ、夢にまで見た「朝獲れ魚」!!
オス鮭1匹と、しょっこ5匹もいただいちゃました。
感激(涙)。





bDSC04412_201410051708377b5.jpg
とても生き生きしていて若々しい菊ちゃん。
まさかの77歳と知り、ケイティ今年一番の驚きです。
どう頑張っても60代にしか見えない…。

ちなみに、菊ちゃんは子供の頃から海が大好きで、学校行かずに海で過ごすことが多かったそうな。
2ヶ月も学校に行かない日が続いた時は、中野中学校の担任の先生が1時間かけて小子内まで歩いて来て、「南君、頼むから学校に来てくれないか」と、菊ちゃんを呼びに来てくれたこともあったとか…。

中学を卒業してすぐ漁師になり、この道60年以上の菊ちゃんなのであります。


ところで、 3.11の津波の時には…。
小子内の定置網船は、第一波が来る前に沖に出て津波の被害を免れはしたのですが、丸2日間沖に避難している間の苦労は相当なものだったようです。
こういった、実際に体験した人の話を聞けるのはすごく貴重だな…。




bDSC04418.jpg
片付けを終え、八木南港に戻る小子内の定置網船。
船の後ろ姿がとてもかっこよく見えました。



そして、頂いた魚はというと…。




bDSC04440.jpg
さばいてもらっちゃいました!!




bDSC04442_20141005170842340.jpg
しょっこのお刺身!!
身がプリっとしてて美味し~い!!




bDSC04447_201410051710164d7.jpg
そしてこちらは…。




bDSC04448.jpg
しょっこをオリーブオイルで煮て、容器に入れて保存。
ツナみたいな感じで、さまざまな料理に使えます。
これはイイわ~。




bDSC04449_2014100517101953a.jpg
そして、鮭の半分は鮭汁に。




bDSC04450.jpg
体が温まります…



bDSC04451.jpg
さらに、残り半分の鮭はトバに。




bDSC04453_201410051710474aa.jpg
こういう切り方だと、食べる時に割きやすいらしい
出来上がりが楽しみですね~♪


秋鮭を獲る、洋野町の定置網漁。
次はまた別の角度から取材してみたいと思います。
お楽しみに~!

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する