ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

きものエモーション 9月28日

おはようございます。
「重複」って「ちょうふく」って読むと思っていたんですが、見たとおりに「じゅうふく」と読んでもいいという、2通りの読み方があるそうです。
日本語って奥深いなーと思うケイティです。



さて。
9月28日(日)に行なわれた洋野エモーションの様子についてお伝えします。



bDSC04227.jpg
天高く馬肥ゆる秋な有家(うげ)の海岸。




bDSC04225.jpg
この日も、有家のお姉さんやチビっ子達がたくさん集まってくれました。




bDSC04223.jpg
いつものように旗や横断幕をセッティングしつつ…。



bDSC04221.jpg
じゃーん!
ケイティが急きょ用意した、自作の横断幕(紙製)。

人づてに、この日は2つの団体さんが乗る事を知りまして…。
せっかくなら喜んでもらいたいな~と思って、自分で書いてみました。

大きな紙は、行事で使って不要になったもの譲ってもらい…。
ペンキ用の大きめの刷毛と、墨汁のみホームセンターで購入。
すばらしいコストパフォーマンス





bDSC04230.jpg
「気づいてくれるかな…?」と、ドキドキしながら電車をお出迎え。


列車が近づいて来てわかったのですが、先頭車両に着物を着たお姉さん達が集団で乗っている!!
旗振りメンバー全員でびっくりして、大興奮!!
着物のお姉さん達も、「小林豊子きもの学院の皆様」と書いた紙に気づいたようすで、みんな歓喜の表情で立ち上がって手を振っている!!

ケイティ、カメラで撮ることも忘れて、思いっきり手を振って見送りました。



bDSC04231_20141022100605041.jpg
興奮が収まらない。




bDSC04231a.jpg
肘を伸ばして手を降ってくれる車掌さん。




bDSC04232_2014102210060845c.jpg
「いやー、着物の人乗っでらった!」
「綺麗だったなー!」




bDSC04235.jpg
煙を出して応えるエモーション。




bDSC04237_20141022100611b74.jpg
何はともあれ、喜んでもらえてよかった…!
お金かけなくても、こんなに喜んでもらえるんだなぁ…


それにしても、列車の中で着物の人達が手を振ってくれてる光景なんてなかなか見られないわけで、1枚でいいから写真撮っておけばよかったなぁ…とはがゆい思いでいたところ…。








なんと!










bP1050780s-4.jpg
どーん

列車に乗っていた、小林豊子きもの学院の講師の方がケイティに連絡をくれまして!
有家のお姉さん達に向けて、改めて感謝の言葉を伝えてくれただけでもありがたかったのですが…。
さらに、当日の写真データを送ってくれたのでした…(涙)。

この日は、小林豊子きもの学院の中でも、青森県の講師の方々の研修旅行の一環で東北エモーションに乗っていたんだそうです。
着物を着ての集合写真、圧巻だなぁ…




bP1050782s-5.jpg
着物レディと駅員さん。
はいからさんが通るの世界です。




bP1050787s-6.jpg
なんということでしょう!
クラシックとモダンの融合!

大正時代ってこんな感じだったのかなぁ…?と、タイムスリップした気持ちになりますね。



bP1050794s-7.jpg
素敵すぎる…。




bP1050808s-10.jpg
とっても絵になります。




bP1050816s-11.jpg
運転席付近。




bP1050817s-12.jpg
線路は続くよ、どこまでも。




bP1050819s-13.jpg
着物自体は淡い色合いのものが多かったようですが、帯の模様が凝ってるなぁ~。




そして…。
小林豊子きもの学院御一行様は、東北エモーションだけにとどまりませんでした。



久慈で下車した後に向かった先は、なんと…、










bP1050841s-14.jpg
おおのキャンパスのさき織り工房!!
この日は、東北エモーションのランチコースで美味しいお料理を楽しんだ後、久慈駅で下りてバスに乗り換え、琥珀博物館を見学し、その後におおのキャンパスに立ち寄ってくれたのでした。




bP1050849s-16.jpg
上手に仕上がったようです




bP1050852s-15.jpg
いや~、おおのキャンパスに来るって知ってたら、一言ご挨拶をしに行ったのになぁ…。
着物の皆さんに直接お会いしたかったです




bP1050853s-17.jpg
町の人があまり知らないだけで、今の時点でたくさんのよその人が洋野町に来てくれているんですね。
そういう人達は、星の数ほどある旅行先候補の中から、こっちが声をかけたわけでもないのに洋野町を選んでくれた、最高にありがたい人達なわけです。

イベントを企画して人を呼ぼう!…と考えることも大切ですが、おもてなしとはイベントや行事がある時だけのものではないのかもしれない…と感じました。
普通の平日、普通の週末に外から来てくれてた人に、たまたま出会った地元民がいかに感謝の気持ちを持って接することができるか。「洋野町にまた来たいな」と思ってもらえるような交流ができるか。

何か目玉イベントや観光スポットだけに焦点をあてる「観光」ではなく、何でもない普通の日の普段の姿で心を込めて接することに意味がある「交流型観光」の心構えをみんなで持てたらいいなぁ~と思いました

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Comment

清水 さんからのコメント
こんにちは。
とっても素敵なコメント!うれしです。
講師の先生方へも連絡を致しますネ!

エモーション!結婚記念日のパフォーマンス、こちらも嬉しくなりました。


2014.11.07 12:05 | URL | #m3eqSDso [編集]

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する