ひろのだより

岩手県洋野町の地域密着型・情報発信ブログです。 時々、岩手の事や東北の事についても書いていきます^^

水沢ディープ探検隊 「君はタデピラを上ったことがあるか!?」

おはようございます。
早くも来年の手帳を購入したケイティです。
もう、今から新しい気持ちで頑張っちゃうぞ~♪



さて。
今日は、久しぶりに水沢地区について紹介したいと思います。
水沢と言えば、茅葺屋根民家が多く残る、昔ながらの「THE 日本の原風景」的な雰囲気がある素敵な地区なのです。


水沢地区の関連記事はこちら
水沢ディープ探検隊 ~水沢地区の展望スポット~
水沢ディープ探検隊 ~夏井川上流周辺~
水沢ディープ探検隊 ~茅葺屋根の家 その2~
水沢アドベンチャーワールド!



bDSC05224_20141022100841b18.jpg
10月中旬のある日。
水沢地区を車で走っていた時に、ふと、「今日こそタデピラ上っちゃう?」…というノリになりまして。

「タデピラ」とは、水沢地区の蒼前(そうぜん)神社にある急な坂のことなのですが…。
坂と言うよりも「壁」と言った方がいいのでは?…と思うくらい、傾斜がキツいのです。


「タデピラ」と「蒼前神社」については、こちらの記事をどうぞ!(前編に出て来ます。)
清流とたたらの郷 みっちゃあウォーク ~前編~
清流とたたらの郷 みっちゃあウォーク ~中編~
清流とたたらの郷 みっちゃあウォーク ~後編~



bDSC05209_201410221008355b7.jpg
タデピラを見上げて。
やっぱり急だなぁ~。

先頭切って上ってくれたのは、洋野町のグリーン・ツーリズムインストラクターB沢さんです。




bDSC05210_20141022100836dc0.jpg
どうですか?
いかに斜面が急であるか、伝わりますでしょうか…?

ケイティ、写真と動画を撮りつつ、スッ転んでカメラを落とさないようにしつつ、よじ登るようにして斜面を上がりました。



bDSC05212.jpg
20分くらいの死闘の末、ようやく頂上に辿り着きました…!
なんだろう、達成感がハンパない(笑)。

上る前、「こんなの無理かも」とか思ってたので、それが達成できた時の喜びったらないです。
日常生活の中で、無意識に自分で自分の限界を決めてしまう事ってよくあると思うんですけど、あえて「できなさそうだけど、できるかも?」と考える習慣を身につけたいな~と思うケイティです。



bDSC05213.jpg
この建物が、蒼前神社のお社なんですね。
ちょっぴり掘っ立て小屋テイスト
昔はこのお社の前で、集落の人が集まって相撲をしたり運動会をしていた…という話もあり。

ちなみに、「蒼前神社」って、地名が「蒼前」というわけではないようです。
昔、馬の神様の事を「蒼前様」と言うそうなんですよ~。
旧南部藩地域には、馬を祀った「蒼前神社」が点在しているようです。
馬を祀った神社があるということは、それだけ昔の人の暮らしに馬が欠かせなかったという事なんでしょうね。
自動車やトラクターがなかった時代、輸送や農耕など様々な労働力として人々を助けてきたのが馬なのです。

岩手県(旧南部藩地域)は馬の放牧に適した広大な土地があったこともあり、馬の改良を進め、「南部馬」という馬格・性質がよく、粗食にも耐え力の強い馬を誕生させたと言われているそうです。
「南部曲り家」としても有名な茅葺屋根の家は、馬を人が住む家に同居させ、家族同様大切にしてきた事の証でもあります。
種市では、鎌倉時代にはすでに馬の牧場があったようですよ~

ちなみに、「蒼前」という地名が残っている地域も多々あるようです。
たしかお隣の階上町にも「蒼前」って書いてある信号があったな~。




bDSC05217_20141022100918fce.jpg
お社の向こうは、集落が望める崖になっているようです。
ただ、雑草がかなり生い茂っていて、今はちょっと見づらくなっています。
もしかしてここの雑草を綺麗に刈ったら、「自分の限界を超える!タデピラ登り体験」からの、「水沢集落が見渡せる展望スペースでほっと一息」みたいな魅力的なハイキングコースが出来るんじゃないかな…?




bDSC05220_20141022100922916.jpg
行きはよいよい、帰りはこわい。

上る時はね、まだ良かったんですよ。
下を見ないで済むから。
でも、上から降りる時、そりゃー怖いったらないですよ。
ケイティどっちかっつーと高所恐怖症なんですよ。

でも、「“できない”を“できる”に変える」がモットーなので、ビビりながらも自力で下りることに…。




bDSC05218_20141022100921f31.jpg
途中で謎のキノコ発見。




bDSC05221_20141022100923817.jpg
折れた木の根元のところから、苔が生えていました。
もののけ姫っぽくてイイな~。




bDSC05223.jpg
ミクロの世界。





bDSC05225.jpg
無事に下界に戻って来まして、平坦な道の有難さを噛みしめながら歩いていると…。




bDSC05226_20141022101004c2f.jpg
からたちの実を発見!
ほんのり柑橘系のいい香りがします。

首都圏ではほぼ見かけたことがない植物ですが…。
枝にトゲがあるので、昔は民家の生垣として植えられていることが多かったそうです。
確かにトゲがすごい。




bDSC05228.jpg
庚申塔発見。

彫ってある文字も、もう全然見えなくなっているけど…。
でも多分、すごい古いんだろうなって事が、石から伝わって来ます。
何百年くらい前に建てられたのかな…?
ロマンを感じます。




bDSC05236.jpg
ちょっと足をのばして、今もおばあちゃんが1人で住んでいる茅葺屋根のお家を激写。
稲の収穫が無事に終わったみたいですね…




bDSC05232.jpg
こちらは、また別の茅葺屋根のお宅。
ここも実際にご家族が住んでいます。




bDSC05232b.jpg
1960年代風の加工。





bDSC05232c.jpg
セピア加工。
スゴい。ビニールハウスの骨組みが写ってなかったら、現代の写真とは思えないくらいです。
着物を来て馬を引いた人とかが出てきそう…

こういう風景を見て、なぜだかよく分からないけど感動したり、「日本の原風景だな~」と思うのは、やはり遺伝子レベルで日本人として感じる何かが刻み込まれてるのかな…と思ったり。

近代的な建物に囲まれた生活ではきっと得られない「気づき」がある、水沢地区。
ぜひ一度来てみてもらいたい場所です

関連記事


コメント大歓迎!  

ランキング上位をめざしています!クリック応援お願いします♪   クリックすると「ひろのだより」にポイントが入ります

Comment

son さんからのコメント
地面に 座り込んで…
ぼ ー っ と したい 風景です。

空気も最高なんでしょうね‼️
2014.10.31 06:58 | URL | #- [編集]
すずらん さんからのコメント
はじめまして
はじめまして
水沢地区出身(東京在住)s子と申します。
住んでいたのにタテピラ知りませんでした。
Googleアースで見て納得(^-^)ゝ゛
まだ知らない洋野町を教えてくださいね。
2014.11.04 21:45 | URL | #a3JjX58E [編集]

Post comment(コメントを書く)

管理者にだけ表示を許可する